平成25年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

1904 大成温調

 2013年02月12日16時00分


平成25年3月期  第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成25年2月12日
上場会社名 大成温調株式会社 上場取引所  大
コード番号 1904 URL  http://www.taisei-oncho.co.jp/
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名)山口 隆義
問合せ先責任者 (役職名) 上席執行役員管理本部長 (氏名)奥山 徹 TEL  03-5742-7301
四半期報告書提出予定日 平成25年2月13日 配当支払開始予定日 -
四半期決算補足説明資料作成の有無: 無  
四半期決算説明会開催の有無      : 無

(百万円未満切捨て)
1.平成25年3月期第3四半期の連結業績(平成24年4月1日~平成24年12月31日)
(1)連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
  百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
25年3月期第3四半期 31,395 2.7 △1,045 - △941 - △669 -
24年3月期第3四半期 30,577 18.5 △99 - 72 △82.3 △449 -
(注)包括利益 25年3月期第3四半期 △660百万円 (-%)   24年3月期第3四半期 △653百万円 (-%)


潜在株式調整後
1株当たり
  1株当たり
四半期純利益
四半期純利益
  円 銭 円 銭
25年3月期第3四半期 △50.42 -
24年3月期第3四半期 △33.82 -

(2)連結財政状態
  総資産 純資産 自己資本比率 1株当たり純資産
  百万円 百万円 % 円 銭
25年3月期第3四半期 35,765 17,065 47.7 1,284.64
24年3月期 38,596 17,965 46.5 1,352.18
(参考)自己資本 25年3月期第3四半期 17,065百万円   24年3月期 17,965百万円

2.配当の状況
年間配当金
 
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
  円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭
24年3月期 - 0.00 - 18.00 18.00
25年3月期 - 0.00 -
25年3月期(予想) 13.00 13.00
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無: 無

3.平成25年3月期の連結業績予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)
1株当たり
  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
当期純利益
  百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭
通期 48,000 △0.4 310 △40.5 310 △57.8 50 △62.3 3.76
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無: 無
※  注記事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動): 無
新規  -社  (社名)-、除外  -社  (社名)-

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用: 有
(注)詳細は、添付資料3ページ「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 (2)四半期連結財務諸表の作成
に特有の会計処理の適用」をご覧ください。

(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
①  会計基準等の改正に伴う会計方針の変更        : 有
②  ①以外の会計方針の変更                      : 無
③  会計上の見積りの変更                        : 有
④  修正再表示                                  : 無
(注)詳細は、添付資料3ページ「2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 (3)会計方針の変更・会計上の
見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。

(4)発行済株式数(普通株式)
①  期末発行済株式数(自己株式を含む) 25年3月期3Q 14,364,975株 24年3月期 14,364,975株
②  期末自己株式数 25年3月期3Q 1,080,327株 24年3月期 1,078,320株

③  期中平均株式数(四半期累計) 25年3月期3Q 13,285,817株 24年3月期3Q 13,287,061株




※  四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示
時点において、四半期連結財務諸表に対する四半期レビュー手続は終了しております。

※  業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判
断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等
は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての
注意事項等については、添付資料3ページ「1.当四半期決算に関する定性的情報 (3)連結業績予想に関する定
性的情報」をご覧ください。
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  




○添付資料の目次

1.当四半期決算に関する定性的情報 ………… 2
(1)連結経営成績に関する定性的情報 ………… 2
(2)連結財政状態に関する定性的情報 ………… 2
(3)連結業績予想に関する定性的情報 ………… 3
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ………… 3
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ………… 3
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ………… 3
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 ………… 3
3.四半期連結財務諸表 ………… 4
(1)四半期連結貸借対照表 ………… 4
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ………… 6
四半期連結損益計算書  
第3四半期連結累計期間 ………… 6
四半期連結包括利益計算書  
第3四半期連結累計期間 ………… 7
(3)継続企業の前提に関する注記 ………… 8
(4)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 ………… 8
(5)セグメント情報等 ………… 9
4.補足情報 ………… 10
個別受注工事高、完成工事高、繰越工事高の状況 ………… 10
 




‑ 1 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  




1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第3四半期連結累計期間のわが国経済は、東日本大震災の復興需要や12月の政権交代後の財政・金融強化への
期待感により円安や株価の上昇がみられたものの、米国の財政問題、欧州の金融不安、更には近隣諸国との外交問
題等の影響により、依然として先行き不透明な状況で推移いたしました。
当社グループ関連の建設業界におきましても、公共投資の増加がみられたものの、民間設備投資は依然として低
調に推移し、厳しい経営環境が続いております。
このような状況のもと、当社グループは、中期経営計画に基づき、国内外一体化となった事業展開、環境ビジネ
スへの積極的な取り組み、併せてコストダウンに全社一丸となって取り組んでおります。
当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、受注高は前年同四半期比9.1%減の331億44百万円となりまし
た。売上高は313億95百万円(前年同四半期比2.7%増)となりましたが、現在施工中の一部の大型工事において期
初の計画利益に届かず、多額の工事損失引当金を計上したこと等により営業損失は10億45百万円(前年同四半期は
営業損失99百万円)、経常損失は9億41百万円(前年同四半期は経常利益72百万円)、四半期純損失は6億69百万
円(前年同四半期は四半期純損失4億49百万円)となりました。
当社グループの売上高は、通常の営業形態として、連結会計年度末に完成する工事の割合が大きくなる傾向があ
り、一方、販売費及び一般管理費などの固定費は各四半期にほぼ均等に発生するため、利益が連結会計年度末に偏
るという季節的変動があります。
セグメントの業績は次のとおりであります。
なお、「インド」及び「フィリピン」に関しましては、前連結会計年度末に報告セグメントとして追加したた
め、前年同四半期比は記載しておりません。
① 日本
売上高につきましては250億40百万円(前年同四半期比2.5%減)となり、セグメント損失は10億37百万円
(前年同四半期はセグメント損失41百万円)となりました。
② 米国
売上高につきましては31億3百万円(前年同四半期比18.5%増)となり、セグメント損失は59百万円(前年
同四半期はセグメント損失90百万円)となりました。
③ 中国
売上高につきましては31億3百万円(前年同四半期比36.9%増)となり、セグメント利益は1億66百万円
(前年同四半期比429.2%増)となりました。
④ インド
売上高につきましては73百万円となり、セグメント損失は45百万円となりました。
⑤ フィリピン
売上高につきましては75百万円となり、セグメント損失は68百万円となりました。


(2)連結財政状態に関する定性的情報
(資産)
当第3四半期連結会計期間末における総資産の残高は357億65百万円となり、前連結会計年度末に比べ28億30百
万円の減少となりました。その主な要因といたしましては、受取手形・完成工事未収入金等が61億77百万円減少
し、現金預金が17億87百万円、未成工事支出金が11億92百万円それぞれ増加したこと等によるものです。
(負債)
当第3四半期連結会計期間末における負債の残高は187億円となり、前連結会計年度末に比べ19億30百万円の減
少となりました。その主な要因といたしましては、支払手形・工事未払金等が27億3百万円減少し、短期借入金が
6億33百万円増加したこと等によるものです。
(純資産)
当第3四半期連結会計期間末における純資産の残高は170億65百万円となり、前連結会計年度末に比べ8億99百
万円の減少となりました。その主な要因といたしましては、利益剰余金が9億9百万円減少したこと等によるもの
です。




‑ 2 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  



(3)連結業績予想に関する定性的情報
平成25年3月期の連結業績予想及び個別業績予想につきましては、現在精査中でありますが、現時点におきまし
ては、中国の連結子会社が好調に推移し、また個別におきましては特に第4四半期会計期間において進行基準適用
の大型工事の進捗率が大幅に上がり、売上高増が見込まれることや、海外子会社からの配当金が見込まれること等
から、通期業績予想につきましては、平成24年11月9日に公表いたしました「平成25年3月期 第2四半期決算短
信〔日本基準〕(連結)」及び「平成25年3月期第2四半期累計期間(連結・個別)業績予想と実績との差異及び
通期(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ」から変更はありません。
なお、実際の業績は、今後の様々な要因によって変動する場合があります。  
 
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。 
 
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
(税金費用の計算)
税金費用につきましては、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用して
おります。ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法
定実効税率を使用する方法によっております。  
 
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、第1四半期連結会計期間より、平成24年4月1日以後に取
得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却方法に変更しております。
なお、この変更に伴う当第3四半期連結累計期間の営業損失、経常損失及び税金等調整前四半期純損失に与える
影響は軽微であります。
 




‑ 3 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  



3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度 当第3四半期連結会計期間
(平成24年3月31日) (平成24年12月31日)
資産の部
流動資産
現金預金 9,953,755 11,741,452
受取手形・完成工事未収入金等 18,719,030 12,541,731
有価証券 94,122 41,602
未成工事支出金 1,649,048 2,841,961
商品 22,050 4,241
原材料 78,831 92,914
繰延税金資産 337,465 342,130
その他 1,292,994 1,711,663
貸倒引当金 △169,628 △61,537
流動資産合計 31,977,669 29,256,158
固定資産
有形固定資産
建物・構築物 3,500,629 3,525,174
機械、運搬具及び工具器具備品 785,103 857,641
土地 1,876,868 1,876,746
建設仮勘定 81,375 225,748
その他 74,718 73,157
減価償却累計額 △2,745,106 △2,813,617
有形固定資産合計 3,573,587 3,744,851
無形固定資産 44,132 44,887
投資その他の資産
投資有価証券 1,655,878 1,475,436
長期貸付金 225,311 396,153
繰延税金資産 344,583 347,224
その他 1,691,817 1,582,371
貸倒引当金 △916,551 △1,081,082
投資その他の資産合計 3,001,040 2,720,101
固定資産合計 6,618,760 6,509,840
資産合計 38,596,429 35,765,999




‑ 4 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  




(単位:千円)
前連結会計年度 当第3四半期連結会計期間
(平成24年3月31日) (平成24年12月31日)
負債の部
流動負債
支払手形・工事未払金等 15,371,316 12,668,221
短期借入金 414,711 1,047,869
未払法人税等 491,875 40,270
未成工事受入金 2,316,344 2,819,661
賞与引当金 281,853 142,100
完成工事補償引当金 17,230 21,903
工事損失引当金 389,703 489,389
その他の引当金 5,531 10,817
その他 755,290 837,622
流動負債合計 20,043,856 18,077,856
固定負債
長期借入金 1,836 1,837
退職給付引当金 424,249 472,389
その他の引当金 33,958 36,822
負ののれん 54,244 40,688
その他 72,317 70,412
固定負債合計 586,606 622,149
負債合計 20,630,463 18,700,005
純資産の部
株主資本
資本金 5,195,057 5,195,057
資本剰余金 5,087,248 5,087,248
利益剰余金 8,640,866 7,731,799
自己株式 △306,354 △306,940
株主資本合計 18,616,817 17,707,163
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金 128,938 143,963
為替換算調整勘定 △779,789 △785,133
その他の包括利益累計額合計 △650,850 △641,170
純資産合計 17,965,966 17,065,993
負債純資産合計 38,596,429 35,765,999




‑ 5 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  



(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第3四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間 当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日 (自 平成24年4月1日
至 平成23年12月31日) 至 平成24年12月31日)
売上高
完成工事高 30,031,533 30,909,352
その他の事業売上高 546,259 486,014
売上高合計 30,577,793 31,395,366
売上原価
完成工事原価 27,473,833 29,158,388
その他の事業売上原価 396,370 354,607
売上原価合計 27,870,203 29,512,995
売上総利益
完成工事総利益 2,557,700 1,750,963
その他の事業総利益 149,889 131,407
売上総利益合計 2,707,589 1,882,370
販売費及び一般管理費 2,807,251 2,927,836
営業損失(△) △99,661 △1,045,465
営業外収益
受取利息及び配当金 56,356 45,123
受取保険金 116,363 56,408
投資有価証券売却益 2 -
為替差益 - 30,621
貸倒引当金戻入額 12,435 -
その他 48,726 50,183
営業外収益合計 233,883 182,336
営業外費用
支払利息 4,419 13,777
為替差損 55,062 -
貸倒引当金繰入額 - 54,635
その他 2,608 9,489
営業外費用合計 62,091 77,901
経常利益又は経常損失(△) 72,130 △941,030
特別利益
固定資産売却益 - 792
特別利益合計 - 792
特別損失
固定資産売却損 934 -
投資有価証券評価損 15,210 -
貸倒引当金繰入額 362,754 -
特別損失合計 378,899 -
税金等調整前四半期純損失(△) △306,769 △940,238
法人税等 142,593 △270,330
少数株主損益調整前四半期純損失(△) △449,362 △669,907
少数株主利益 - -
四半期純損失(△) △449,362 △669,907




‑ 6 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  



(四半期連結包括利益計算書)
(第3四半期連結累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間 当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日 (自 平成24年4月1日
至 平成23年12月31日) 至 平成24年12月31日)
少数株主損益調整前四半期純損失(△) △449,362 △669,907
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 △84,669 15,024
為替換算調整勘定 △119,589 △5,344
その他の包括利益合計 △204,259 9,680
四半期包括利益 △653,622 △660,227
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益 △653,622 △660,227




‑ 7 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  



(3)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。   
 
(4)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。   
 




‑ 8 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  



(5)セグメント情報等
(セグメント情報)
Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成23年4月1日 至平成23年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント その他
合計
日本 米国 中国 計 (注)

売上高
外部顧客への売上高 25,690,971 2,619,631 2,267,190 30,577,793 - 30,577,793
セグメント間の内部売上高
- - - - - -
又は振替高
計 25,690,971 2,619,631 2,267,190 30,577,793 - 30,577,793
セグメント利益又は損失(△) △41,062 △90,553 31,546 △100,068 △672 △100,741
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、豪州の現地法人の事業活動を
含んでおります。

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内
容(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
損失(△) 金額

報告セグメント計 △100,068
「その他」の区分の損失(△) △672
セグメント間取引消去 1,079

四半期連結損益計算書の営業損失(△) △99,661


Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成24年4月1日 至平成24年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント その他
合計
日本 米国 中国 インド フィリピン 計 (注)

売上高

外部顧客への売上高 25,040,264 3,103,572 3,103,044 73,331 75,154 31,395,366 - 31,395,366

セグメント間の内部売上高
- - - - - - - -
又は振替高

計 25,040,264 3,103,572 3,103,044 73,331 75,154 31,395,366 - 31,395,366

セグメント利益又は損失(△) △1,037,220 △59,900 166,950 △45,697 △68,296 △1,044,163 △768 △1,044,931

(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、豪州の現地法人の事業活動を
含んでおります。

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内
容(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
損失(△) 金額

報告セグメント計 △1,044,163
「その他」の区分の損失(△) △768
セグメント間取引消去 △534

四半期連結損益計算書の営業損失(△) △1,045,465




‑ 9 ‑
大成温調㈱ (1904)  平成25年3月期 第3四半期決算短信  




4.補足情報
個別受注工事高、完成工事高、繰越工事高の状況
期首繰越工事高 期中受注工事高 期中完成工事高 期末繰越工事高
期別 区分 計(千円)
(千円) (千円) (千円) (千円)

一般施設工事 23,732,415 11,789,892 35,522,308 12,585,062 22,937,245
前第3四半期累計期間 産業施設工事 3,662,004 6,159,043 9,821,047 4,367,482 5,453,564
(自平成23年4月1日
至平成23年12月31日) 営繕・保守工事 4,028,027 10,369,240 14,397,268 8,200,540 6,196,728

計 31,422,447 28,318,176 59,740,624 25,153,085 34,587,538

一般施設工事 18,936,162 12,069,739 31,005,901 12,089,278 18,916,623
当第3四半期累計期間 産業施設工事 5,735,595 5,747,417 11,483,012 4,993,948 6,489,064
(自平成24年4月1日
至平成24年12月31日) 営繕・保守工事 4,046,015 8,835,793 12,881,808 7,499,090 5,382,718

計 28,717,773 26,652,950 55,370,723 24,582,316 30,788,406

一般施設工事 23,732,415 15,006,107 38,738,522 19,802,360 18,936,162
前事業年度 産業施設工事 3,662,004 8,949,171 12,611,175 6,875,580 5,735,595
(自平成23年4月1日
至平成24年3月31日) 営繕・保守工事 4,028,027 12,269,707 16,297,735 12,251,720 4,046,015

計 31,422,447 36,224,986 67,647,434 38,929,661 28,717,773

(注)1.前事業年度以前に受注した工事で、契約の変更により請負金額の増減がある場合、期中受注工事高にその増
減額が含まれております。したがって、期中完成工事高にも係る増減額が含まれております。
2.期末繰越工事高は(期首繰越工事高+期中受注工事高-期中完成工事高)に一致しております。




‑ 10 ‑

Origin: 平成25年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

大成温調の株価 »