平成26年3月期(連結・個別)業績予想の修正及び営業外損失並びに特別損失の計上に関するお知らせ

1904 大成温調

 2014年05月02日15時00分


平成 26 年5月2日
各 位
会 社 名大 成 温 調 株 式 会 社
代表者名 代表取締役社長 山 口 隆 義
(JASDAQ・コード番号:1904)
問 合 せ 先
執行役員管理本部長 河 村 和 平
TEL (03)5742-7301



平成26年3月期(連結・個別)業績予想の修正及び
営業外損失並びに特別損失の計上に関するお知らせ

平成25年5月16日に公表しました平成26年3月期(連結・個別)業績予想について修正するとともに、営
業損失並びに特別損失を計上することとなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。





1.平成 26 年3月期連結業績予想数値の修正(平成 25 年4月1日~平成 26 年3月 31 日)
(単位:百万円、%)
1株当たり当期
売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益
純利益(円 銭)
前回発表予想(A) 53,000 550 550 350 26.34
今 回 修 正 (B) 55,600 850 1,050 70 5.27
増 減 額 ( B - A ) 2,600 300 500 △280 -
増 減 率 (%) 4.9 54.5 90.9 △80.0 -
(ご 参 考 )前 期 実 績
51,391 163 426 224 16.92
(平 成 25年 3 月 期 )


2.平成 26 年3月期個別業績予想数値の修正(平成 25 年4月1日~平成 26 年3月 31 日)
(単位:百万円、%)
1株当たり当期
売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益
純利益(円 銭)
前回発表予想(A) 40,000 100 220 100 7.53
今 回 修 正 (B) 40,100 500 640 △360 △27.10
増 減 額 ( B - A ) 100 400 420 △460 -
増 減 率 (%) 0.3 400.0 190.9 - -
(ご 参 考 )前 期 実 績
40,240 14 323 △90 △6.84
(平 成 25年 3 月 期 )
3.修正の理由
連結業績につきましては、売上高は中国での期内完成受注額の増加により、前回予想を若干ですが上回
る見込みとなりました。利益面につきましては、営業利益は米国、インド等の子会社において工事利益率
の低下等により減益を余儀なくされましたが、中国の子会社での売上高の増加に伴う利益増や個別におけ
る利益増等により前回予想を上回り、経常利益につきましても、個別で計上の為替差益等により大幅に上
回る見込みとなりました。しかしながら、当期純利益につきましては、個別で火災関連損失の計上をした
こと等により前回予想を大幅に下回る見込みとなりました。
個別業績につきましては、売上高は概ね、前回予想通りとなる見込みとなりました。利益面につきまし
ては、営業利益は原価低減等の効果及び、工事損失引当金の戻入益が発生したこと等により、収益性が改
善し前回の予想を大幅に上回り、経常利益につきましても、営業外費用に連結子会社に対する債権に対し
て貸倒引当金繰入額を計上しましたが、営業利益の増加や円安の影響を受け為替差益が発生したこと等に
より、前回予想を上回る見込みとなりました。しかしながら、当期純利益につきましては、特別損失に関
係会社株式評価損や火災関連損失を計上したこと等により、前回予想を大幅に下回る見込みとなりました。

4.営業外損失の計上について
(1) 個別決算において、当社連結子会社であるTAISEI ONCHO INDIA PRIVATE LIMITEDの財政状態及び業績等
を勘案した結果、TAISEI ONCHO INDIA PRIVATE LIMITEDに対する未収入金に貸倒引当金繰入額 109 百万円
を計上することといたしました。
なお、連結子会社の債権に対する貸倒引当金繰入額の計上のため、連結業績に与える影響はございま
せん。
(2) 個別決算において、当社連結子会社であるO N C H O P H I L I P P I N E S , I N C .の財政状態及び業績等を勘
案した結果、O N C H O P H I L I P P I N E S , I N C .に対する貸付金及び未収入金に貸倒引当金繰入額 93 百万円
を計上することといたしました。
なお、連結子会社の債権に対する貸倒引当金繰入額の計上のため、連結業績に与える影響はございま
せん。

5.特別損失の計上について
(1) 市場価格のない株式 1 銘柄について実質価額が著しく下落したため、 減損処理を行い投資有価証券評
価損9百万円を計上することといたしました。
(2) 個別決算において、当社連結子会社であるTAISEI ONCHO INDIA PRIVATE LIMITEDの財政状態及び業績等
を勘案した結果、減損処理による関係会社株式評価損 134 百万円を計上することといたしました。
なお、連結子会社に対する株式評価損の計上のため、連結業績に与える影響はございません。
(3) ① 平成 24 年1月中旬に当社施工中の工事現場(埼玉県 さいたま市)において発生しました火災
事故に関連する費用等を火災関連損失として 124 百万円計上いたしました。 (平成 26 年2月 12 日
に「特別損失の発生に関するお知らせ」を公表)
② 平成 26 年3月中旬に当社施行中の工事現場 (千葉県 旭市) において発生しました火災事故 (平
成 26 年3月 26 日に「業務遂行の過程で生じた損害に関するお知らせ」を公表)に関連して、現時
点において合理的に見積もることが出来る費用等 692 百万円を火災関連損失として計上すること
といたしました。
なお、当該工事は、建設工事保険を付保しており、今後保険金の受領が見込まれる一方、上記の
損失以外の損失の発生も予想されます。



(注)上記業績予想は本資料発表現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は
様々な要因により予想数値と異なる場合があります。


以上

Origin: 平成26年3月期(連結・個別)業績予想の修正及び営業外損失並びに特別損失の計上に関するお知らせ

大成温調の株価 »