平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(3)

1976 明星工業

 2012年10月31日15時30分



明星工業㈱(1976)平成25年3月期 第2四半期決算短信
(3)連結業績予想に関する定性的情報
今後の見通しにつきましては、世界的な景気減速懸念、円高の長期化等により景気の先行きに不透明感が増す中
で、当社の事業を取り巻く環境は、需要分野における設備の維持更新、クリーンエネルギー資源として需要が高まる
LNG関連分野の建設・拡張投資の活発化等が期待されますが、企業のグローバル化が進む中、国内設備投資の減少
や熾烈な価格競争等により、依然として厳しい状況が続くものと予想されます。
当社はこのような状況の下、国内外において積極的な営業展開に注力するとともに、経営基盤の強化を図り、収益
向上を目指してまいります。
平成25年3月期の業績予想につきましては、当第2四半期連結累計期間の業績及び上記今後の見通しを勘案した結
果、平成24年5月11日付「平成24年3月期 決算短信」において発表いたしました数値を以下のとおり修正しており
ます。
1株当たり
売上高
営業利益
経常利益
当期純利益
当期純利益
百万円

百万円

百万円

百万円





前回発表予想(A)

38,000

1,900

1,850

1,250

22

07

今回修正予想(B)

39,000

2,100

2,050

1,380

24

41

1,000

200

200

130



2.6

10.5

10.8

10.4



37,178

1,726

1,861

2,116

37

増減額(B-A)
増減率(%)
前期実績

36

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
 
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、第1四半期連結会計期間より、平成24年4月1日以後に取
得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却方法に変更しております。
なお、これによる当第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影響
は軽微であります。

-3-

Origin: 平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

明星工業の株価 »