平成23年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

1984 三信建設工業

 2011年02月10日14時45分


平成23年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
平成23年2月10日
上場会社名 三信建設工業株式会社
コード番号 1984
URL http://www.sanshin-corp.co.jp/
代表者
(役職名) 代表取締役社長
問合せ先責任者 (役職名) 執行役員管理本部長
四半期報告書提出予定日
平成23年2月10日
配当支払開始予定日

四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無
: 無

上場取引所
(氏名) 大沢 一実
(氏名) 飯塚 喜久雄

大 

TEL 03-5825-3700

(百万円未満切捨て)

1.  平成23年3月期第3四半期の業績(平成22年4月1日~平成22年12月31日)
(1) 経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

百万円



百万円



百万円

5,415
6,267

23年3月期第3四半期
22年3月期第3四半期



△13.6
△12.0

△204
5


△97.6

△198
18


△89.9

△204
344

98.7

潜在株式調整後1株当たり四半期
純利益

1株当たり四半期純利益
円銭

23年3月期第3四半期
22年3月期第3四半期





円銭

△20.52
34.65




(2) 財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

23年3月期第3四半期
22年3月期
(参考) 自己資本  

1株当たり純資産

百万円

7,253
7,738
23年3月期第3四半期  4,365百万円



4,365
4,631
22年3月期  4,631百万円

円銭

60.2
59.9

438.89
465.49

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

22年3月期
23年3月期
23年3月期
(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計




円銭




円銭

5.00

5.00

0.00




円銭

0.00

(注)当四半期における配当予想の修正有無  無
3.  平成23年3月期の業績予想(平成22年4月1日~平成23年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


経常利益

百万円

通期
8,000
△5.5
△400
(注)当四半期における業績予想の修正有無  無





百万円

△400

1株当たり当期
純利益

当期純利益




百万円

△430





円銭

△43.22

4.  その他 (詳細は、【添付資料】P.3「2.その他の情報」をご覧ください。)
(1) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用  有
(注)簡便な会計処理及び四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用の有無となります。

(2) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更
① 会計基準等の改正に伴う変更

② ①以外の変更

(注)「四半期財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更」に記載される四半期財務諸表作成に係る会計処理の原則・手続、表示方法等
の変更の有無となります。

(3) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

23年3月期3Q  10,000,000株
23年3月期3Q 
52,339株
23年3月期3Q  9,948,317株

22年3月期  10,000,000株
22年3月期 
50,364株
22年3月期3Q  9,949,636株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、四半期財務諸表に
対する四半期レビュー手続を実施中であります。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、
実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等について
は、四半期決算短信【添付資料】P.3「(3)業績予想に関する定性的情報」をご覧下さい。

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

○添付資料の目次
1.当四半期の業績等に関する定性的情報 …………

2

(1)経営成績に関する定性的情報 …………

2

(2)財政状態に関する定性的情報 …………

2

(3)業績予想に関する定性的情報 …………

3

2.その他の情報 …………

3

(1)簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要 …………

3

(2)会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要 …………

3

3.四半期財務諸表 …………

4

(1)四半期貸借対照表 …………

4

(2)四半期損益計算書 …………

6

(第3四半期累計期間) …………

6

(3)四半期キャッシュ・フロー計算書 …………

7

(4)継続企業の前提に関する注記 …………

9

(5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………

9

4.補足情報 …………

9

(1)受注工事高及び施工高の状況 …………

9

- 1 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

1.当四半期の業績等に関する定性的情報
(1)経営成績に関する定性的情報
当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、一昨年の秋以降急速に悪化した景気に対し、政府の経済対策
や中国を中心とした新興国の外需により、経済指標等に回復の兆しが見られるものの、雇用環境の悪化や所得
低迷の長期化で自立回復の動きは弱く、依然として厳しい状況にあります。また、円高への警戒感、個人消費
の足踏みから景気の先行きは依然として不透明な状況が続いております。
このような状況の中で建設業界におきましても、公共工事の発注は政権交代以降引き続き低水準で推移して
おり、受注環境は相変わらず厳しい状況に置かれております。民間工事におきましても、円高への警戒感、消
費の低迷等による景気の先行きが不透明なことから設備投資等についても慎重な姿勢を崩しておらず厳しい状
況が続いております。
当社の場合は、主として地盤注入工、アンカー・斜面安定工、地盤改良工等の地盤関連技術の専門工事に特
化し時代のニーズに合った新技術の開発、改良を行い相応した事業規模で選択と集中を基本戦略とし堅実に経
営を続けてまいりました。
受注高につきましては、更なる公共工事の削減及び予算執行の遅れ、工事量の減少による価格競争の激化、
民間企業の設備投資意欲の減退等、また一部工事の発注時期のずれ込み等もあり43億87百万円(前年同期比
5.0%減)となりました。
完成工事高につきましては、前事業年度からの繰越工事高及び当事業年度受注工事高の減少、また一部工事
の着工遅れ等により54億15百万円(前年同期比13.6%減)となりました。
利益につきましては、受注競争の激化により工事採算が悪化する中、施工プロセスの見直し等による工事原
価低減策を実施してまいりましたが、前事業年度からの繰越工事高及び当事業年度受注工事高の減少、手持工
事の着工遅れ等により、営業損益は2億4百万円の営業損失(前年同期は5百万円の営業利益)となり、経常
損益は1億98百万円の経常損失(前年同期は18百万円の経常利益)となりました。また、四半期純損益は2億
4百万円の四半期純損失(前年同期は3億44百万円の四半期純利益)となりました。  
 
(2)財政状態に関する定性的情報
(資産、負債及び純資産の状況)
当第3四半期会計期間末の総資産につきましては、72億53百万円であり、前事業年度末に比べ4億84百万円
減少となりました。主な要因は、現金預金、未成工事支出金の減少及び売上債権(受取手形・完成工事未収入
金等)、投資有価証券の増加によるものであります。
総負債につきましては、28億87百万円であり、前事業年度末に比べ2億18百万円減少となりました。主な要
因は、仕入債務(支払手形・工事未払金等)、未成工事受入金の減少によるものであります。
純資産につきましては、43億65百万円であり、前事業年度末に比べ2億65百万円減少となりました。自己資
本比率は60.2%(前事業年度末は59.9%)となっております。
(キャッシュ・フローの状況)
当第3四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ4
億44百万円減少し、16億67百万円となりました。
当第3四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とその要因は以下のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果使用した資金は2億74百万円(前年同期は53百万円の獲得)となりました。
これは主に、売上債権(受取手形・完成工事未収入金等)の増加及び未成工事支出金の減少によるもので
あります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果使用した資金は98百万円(前年同期比713.4%増) となりました。
これは主に、定期預金の預入及び払戻並びに投資有価証券の取得によるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は56百万円(前年同期比55.0%増)となりました。
これは主に、配当金の支払いによるものであります。
 

- 2 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

(3)業績予想に関する定性的情報
今後の見通しにつきましては、景気の先行きは依然として不透明な状況が続くものと思われるため、現段階
において平成22年11月10日に公表いたしました「平成23年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連
結)」でお知らせした平成23年3月期の通期の業績予想について変更はございません。
今後の対策としましては、通期の残された期間での収益回復及び来期以降の黒字化へ向け、高付加価値工事
への重点営業、需要が見込まれる既存施設の補強、補修等のリニューアル事業及び社会資本整備が活発な東南
アジアを中心とする海外事業への経営資本投入による受注量の確保を目指します。また安全施工を最優先とし
施工品質を確保しつつ創意工夫による効率的な現場管理を徹底し、コストダウンを図り工事利益の確保に取り
組んでまいります。更に経営体制の見直し(迅速化、合理化等)を図り、更なる経費削減を推進して行く所存
であります。

2.その他の情報
(1)簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要
(税金費用の計算)
税金費用につきましては、税務上の加減算項目及び税額控除項目を重要なものに限定する簡便な方法によ
り計算しております。  
 
(2)会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要
(資産除去債務に関する会計基準の適用)
第1四半期会計期間より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号 平成20年3月31
日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号 平成20年3月31
日)を適用しております。これによる営業損失、経常損失及び税引前四半期純損失に与える影響はありませ
ん。
  

- 3 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

3.四半期財務諸表
(1)四半期貸借対照表
(単位:千円)
当第3四半期会計期間末
(平成22年12月31日)
資産の部
流動資産
現金預金
受取手形・完成工事未収入金等
未成工事支出金
その他
貸倒引当金

前事業年度末に係る
要約貸借対照表
(平成22年3月31日)

1,985,312
2,630,763
16,863
109,206
△42,131
4,700,014

268,109
523,825
270,938
42,300
1,105,173

固定負債合計
負債合計

- 4 -

19,817
25,637
117,909
35,027
198,391

2,887,955

流動負債合計
固定負債
繰延税金負債
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他

2,096,823
500,000
116,290
17,024
66,291
800
20,500
43,800
46,848
2,908,377

12,010
18,233
134,859
27,719
192,822

資産合計
負債の部
流動負債
支払手形・工事未払金等
短期借入金
未払金
未払法人税等
未成工事受入金
完成工事補償引当金
工事損失引当金
賞与引当金
その他

7,738,203

1,996,723
500,000
98,226
10,051
24,225
800

9,196
55,910
2,695,133

固定資産合計

2,421,558

7,253,886

投資その他の資産計

629,866
595,483
△25,301
1,200,048

2,553,872

無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
その他
貸倒引当金

28,583

879,383
563,437
△19,709
1,423,112

有形固定資産計

281,589
604,175
270,938
36,223
1,192,926

25,587

流動資産合計
固定資産
有形固定資産
建物・構築物(純額)
機械・運搬具(純額)
土地
その他(純額)

2,607,605
2,466,793
156,685
129,301
△43,741
5,316,645

3,106,768

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

(単位:千円)
当第3四半期会計期間末
(平成22年12月31日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

前事業年度末に係る
要約貸借対照表
(平成22年3月31日)

500,000
904,737
2,950,384
△6,761
4,348,359
17,571
17,571

負債純資産合計

- 5 -

4,631,434

7,253,886

評価・換算差額等合計
純資産合計

28,993
28,993

4,365,931

株主資本合計
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金

500,000
904,737
3,204,227
△6,522
4,602,441

7,738,203

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

(2)四半期損益計算書
(第3四半期累計期間)
(単位:千円)
前第3四半期累計期間
(自 平成21年4月1日
至 平成21年12月31日)
売上高
完成工事高

当第3四半期累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)

6,267,454
6,267,454

5,415,515
5,415,515

5,587,664
5,587,664

4,973,178
4,973,178

679,790
679,790

442,337
442,337

674,226
5,563

647,222
△204,884

7,193
11,401
7,094
25,690

7,838
20,182
9,175
37,195

5,081
1,393
3,516
2,873

12,865

4,966

6,812
16,403
2,149
30,331

18,388

△198,020

1,267

326,843
687
328,798

2,406
3,344


5,751

550

952
1,502


2,989
40
3,029

税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)

345,684

△195,298

法人税、住民税及び事業税
法人税等還付税額
法人税等合計

10,023
△9,140
882

8,796

8,796

四半期純利益又は四半期純損失(△)

344,801

△204,094

売上高合計
売上原価
完成工事原価
売上原価合計
売上総利益
完成工事総利益
売上総利益合計
販売費及び一般管理費
営業利益又は営業損失(△)
営業外収益
受取利息
受取配当金
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
貸倒引当金繰入額
有価証券売却損
為替差損
その他
営業外費用合計
経常利益又は経常損失(△)
特別利益
前期損益修正益
固定資産売却益
移転補償金
その他
特別利益合計
特別損失
前期損益修正損
ゴルフ会員権売却損
その他
特別損失合計

- 6 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

(3)四半期キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第3四半期累計期間
(自 平成21年4月1日
至 平成21年12月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失
(△)
減価償却費
貸倒引当金の増減額(△は減少)
完成工事補償引当金の増減額(△は減少)
工事損失引当金の増減額(△は減少)
賞与引当金の増減額(△は減少)
退職給付引当金の増減額(△は減少)
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
固定資産除売却損益(△は益)
ゴルフ会員権売却損益(△は益)
移転補償金
売上債権の増減額(△は増加)
未成工事支出金の増減額(△は増加)
破産更生債権等の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
未成工事受入金の増減額(△は減少)
その他

当第3四半期累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)

345,684
158,529
7,289
△1,800
51,000
△57,674
△3,021
17,606
△18,595
5,081


△326,843
△436,742
△44,685
4,738
27,652
20,052
△30,637
△282,364

営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出
定期預金の払戻による収入
投資事業有限責任組合出資の払戻による収入
有形及び無形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
投資有価証券の取得による支出
子会社株式の取得による支出
ゴルフ会員権の売却による収入
貸付けによる支出
貸付金の回収による収入
その他の支出
その他の収入
投資活動によるキャッシュ・フロー

- 7 -

25,723
△4,966

△12,671

△274,580

△309,320
600,000
6,833
△95,925

△249,407


△6,000
14,354
△2,370
29,775
△12,059

利息及び配当金の受取額
利息の支払額
移転補償金の受取額
法人税等の支払額
法人税等の還付額

134,856
△7,201

△20,500
△34,604
△7,403
16,950
△28,020
4,966
△3,344
2,989

△163,969
139,822
8,050
△100,099
△42,065
12,207
△282,665

18,595
△5,081
326,843
△13,547
9,140
53,586

小計

△195,298

△100,000
271,000
2,708
△14,012
6,300
△256,074
△22,400
3,073
△5,000
13,289
△932
3,957
△98,090

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

(単位:千円)
前第3四半期累計期間
(自 平成21年4月1日
至 平成21年12月31日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
自己株式の取得による支出
配当金の支払額
リース債務の返済による支出

当第3四半期累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年12月31日)


△29,848
△6,760
△36,609
292
5,210

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
現金及び現金同等物の期首残高
現金及び現金同等物の四半期末残高

- 8 -

△14,674
△444,093

1,535,521
1,540,731

財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物に係る換算差額

△239
△49,748
△6,760
△56,747

2,111,965
1,667,872

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

(4)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。
 
 
(5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。
 
 

4.補足情報
(1)受注工事高及び施工高の状況
①受注工事高、完成工事高、繰越工事高及び施工高




工種別

 

 

3月31日) 
 

    

    



    

    

3,299

2,265

5,565

3,536

2,029

11.0

223

3,579

1,040

1,196

2,237

1,213

1,023

7.3

75

1,221

1,103

694

1,798

989

808

0.1

0

989

363

460

824

528

295

19.6

58

586

5,807

4,617

10,424

6,267

4,157

8.6

357

6,377

    

    

    

    

    



    

    

地盤注入工

3,299

3,503

6,803

4,704

2,099

3.3

68

4,592

アンカー・斜面安
定工

1,040

1,660

2,700

1,665

1,035

6.5

66

1,665

地盤改良工

1,103

1,431

2,535

1,340

1,194





1,340

363

682

1,045

753

291





753

5,807

7,278

13,085

8,463

4,622

2.9

135

8,352

その他




期中
施工高
(百万円)

うち施工高
(百万円)

    



4月1日
至平成22年

手持工事高
(百万円)

    

 
前事業年度
(自平成21年

期末繰越工事高

    

前第3四半期累計期間 地盤注入工
(自平成21年
アンカー・斜面安
4月1日
定工
至平成21年
地盤改良工
12月31日)
その他

 

期中完成
期首繰越 期中受注

工事高
工事高
工事高
(百万円)
(百万円) (百万円)
(百万円)



セグメント別

 

期首繰越 期中受注
期中完成

工事高
工事高
工事高
(百万円)
(百万円) (百万円)
(百万円)

期末繰越工事高
手持工事高
(百万円)

期中
施工高
(百万円)

うち施工高
(百万円)

    

    

    

    

    



    

    

東京第一事業部

318

1,725

2,044

1,540

504





1,540

 
東京第二事業部
当第3四半期累計期間
東京第三事業部
(自平成22年

839

707

1,547

761

786





761

4月1日
至平成22年
12月31日)
 

305

457

762

519

242





519

名古屋支店

968

823

1,791

680

1,111

0.2

1

682

関西支店

830

△266

564

329

234





329

台北支店

714

269

983

776

207

6.4

13

721

644

670

1,315

807

507

0.0

0

741

4,622

4,387

9,009

5,415

3,594

0.4

15

5,294

その他


(注)1.前事業年度以前に受注した工事で、契約の更改により請負金額に変更のあるものについては期中受注工事
高にその増減額を含めております。従って、期中完成工事高にもその増減額が含まれております。
2.期末繰越工事高の施工高は、支出金により手持工事高の施工高を推定したものであります。
3.期中施工高は、(期中完成工事高+期末繰越施工高-前期末繰越施工高)に一致します。
4.前事業年度は、工種別に区分した情報を記載しておりましたが、当事業年度より、「セグメント情報等の
開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関す
る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)が平成22年4月1日より開始
する事業年度より適用になったため、新しい区分(セグメント別)で情報を記載しております。

- 9 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

②受注工事高




工種別

官公庁
(百万円)

至平成21年12月31日)

637

2,265

アンカー・斜面安定工

400

796

1,196

地盤改良工

544

149

694

189






セグメント別

270

460

2,762

その他

  


(百万円)

1,627

地盤注入工
前第3四半期累計期間
(自平成21年4月1日

民間
(百万円)

1,854

4,617

官公庁
(百万円)

民間
(百万円)


(百万円)

東京第一事業部

857

1,725

東京第二事業部
当第3四半期累計期間
(自平成22年4月1日

867
532

175

707

東京第三事業部

163

293

457

255

567

823

△344

78

△266

台北支店

269



269

その他

389

280

670

2,134

2,253

4,387

名古屋支店

至平成22年12月31日) 関西支店

  



(注)1.官公庁には、当社が建設業者から下請として受注したものを含みます。
2.前第3四半期累計期間は、工種別に区分した情報を記載しておりましたが、当第3四半期累計期間は、
「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)及び「セグメン
ト情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)が平成
22年4月1日より開始する事業年度より適用になったため、新しい区分(セグメント別)で情報を記載して
おります。
3.受注工事高のうち海外工事の割合が100分の10未満のため海外工事を含めて記載しております。

- 10 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

③完成工事高
全社




工種別

官公庁
(百万円)

地盤注入工
前第3四半期累計期間
(自平成21年4月1日
至平成21年12月31日)


民間
(百万円)



2,709

826





3,536

アンカー・斜面安定工

504

 709





1,213

地盤改良工

871

117





989

その他

192

336





528

4,277

1,989





6,267



国内



(百万円)





セグメント別

官公庁
(百万円)

海外
民間
(百万円)

(A)
(百万円)


(B)
(百万円)

(A)/(B)
(%)

東京第一事業部

776

49

3.2

1,540

595

165





761

東京第三事業部

163

336

20

4.0

519

名古屋支店

292

387





680

関西支店

111

218





329

台北支店

当第3四半期累計期間
(自平成22年4月1日
至平成22年12月31日)

713

東京第二事業部





776

100.0

776

471

335





807

2,347

2,220

847

15.6

5,415

その他


(注)1.官公庁には、当社が建設業者から下請として受注したものを含みます。
2.前第3四半期累計期間は、工種別に区分した情報を記載しておりましたが、当第3四半期累計期間は、
「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)及び「セグメン
ト情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)が平成
22年4月1日より開始する事業年度より適用になったため、新しい区分(セグメント別)で情報を記載して
おります。
3.前第3四半期累計期間については、海外工事の割合が100分の10未満のため記載を省略しております。
なお、当第3四半期累計期間については、海外工事の割合が100分の10以上を占めるため、国内と海外に
分けて記載しております。
4.完成工事高に対する割合が100分の10以上の相手先別の完成工事高及びその割合は、次のとおりでありま
す。

相手先

前第3四半期累計期間
(自平成21年4月1日
至平成21年12月31日)
金額(百万円)

当第3四半期累計期間
(自平成22年4月1日
  至平成22年12月31日)

 

割合(%)

金額(百万円)

 

割合(%)

㈱大林組





832

15.8

前田建設工業㈱





728

13.4

三井住友建設㈱

803

12.8





5.当第3四半期累計期間の海外工事の地域別割合は、次のとおりであります。
なお、前第3四半期累計期間については、海外工事の割合が100分の10未満のため記載を省略しておりま
す。
地域

当第3四半期累計期間(%)

中華民国(台湾)

89.8

トルコ共和国

5.7

ブータン王国

2.4

その他

2.1


100.0

- 11 -

三信建設工業㈱ (1984) 平成23年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

④手持工事高(平成22年12月31日現在)
セグメント別

官公庁
(百万円)

民間
(百万円)


(百万円)

東京第一事業部

363

141

504

東京第二事業部

281

505

786

東京第三事業部

74

168

242

名古屋支店

221

889

1,111

関西支店

162

72

234

台北支店

207



207

その他

230

276

507

1,540

2,053

3,594



(注)1.官公庁には、当社が建設業者から下請として受注したものを含みます。 
  2.第1四半期会計期間より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21
年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号
平成20年3月21日)が平成22年4月1日より開始する事業年度より適用になったため、新しい区分(セグメ
ント別)で情報を記載しております。
  3.当第3四半期会計期間末における手持工事高のうち海外工事の割合が100分の10未満のため海外工事を含
めて記載しております。
 

- 12 -


Origin: 平成23年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

三信建設工業の株価 »