内部統制システム構築の基本方針の一部改定に関するお知らせ(4)

2114 フジ日本精糖

 2012年05月18日14時00分



3.
常勤監査役は、
取締役会の他、
重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、
常勤役員会等の重要な会議に出席するとともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要
な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または使用人にその説明を求めることとする。
また、監査役は当社の会計監査人から会計監査内容について説明を受けるとともに、情報の
交換を行うなど連携を図っていく。
Ⅸ.財務報告の信頼性を確保するための体制
当社は、財務報告の信頼性確保および金融商品取引法に規定される内部統制報告書の有効かつ適
切な提出のため、代表取締役社長を委員長とする「内部統制委員会」を設け、財務報告に係る内
部統制の継続的な整備および運用を行う。
Ⅹ.反社会的勢力を排除するための体制
1.当社は、反社会的勢力を排除していくことが企業としての責務であり、業務の適正を確保す
るために必要な事項であることを深く認識し、その被害防止に努める。
2.
「コンプライアンスプログラム」内に定める「フジ日本精糖行動憲章」および「コンプライ
アンス行動基準」に反社会的勢力の排除を明記し、周知徹底を図る。
3.社内に統括部署を定めるとともに、外部専門機関と連携し、反社会的勢力に関する情報の収
集を行う。


-4-

Origin: 内部統制システム構築の基本方針の一部改定に関するお知らせ

フジ日本精糖の株価 »