平成26年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2114 フジ日本精糖

 2013年10月31日14時00分


フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


○添付資料の目次




1.当四半期決算に関する定性的情報 ………… 2

(1)経営成績に関する説明 ………… 2
(2)財政状態に関する説明 ………… 2
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 ………… 3
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ………… 4
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ………… 4
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ………… 4
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 ………… 4
3.四半期連結財務諸表 ………… 5
(1)四半期連結貸借対照表 ………… 5

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ………… 7
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ………… 9
(4)四半期連結財務諸表に関する注記事項 …………10

(継続企業の前提に関する注記) …………10
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) …………10
(セグメント情報等) …………10




-1-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新政権による経済・金融政策への期待感から、円
高修正や株価上昇など景況感に改善が見られたものの、欧州の金融不安や中国経済の減速が懸念される
など先行き不透明な状況で推移いたしました。
この様な環境下、当社グループは、製品の安定供給を最重要課題として取り組みました。また、タイ
のイヌリン製造子会社において、本稼働に向けた工場建設に注力してまいりました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高10,175百万円(前年同期比1.8%増)、営
業利益561百万円(同6.4%減)、経常利益622百万円(同2.0%減)となり、特別利益として投資有価証
券売却益11百万円を計上した結果、四半期純利益は378百万円(同6.6%減)となりました。
セグメントの業績は、次のとおりであります。
① 精糖事業
精糖事業の業績は、売上高6,687百万円(前年同期比1.5%増)、営業利益607百万円(同6.0%減)と
なりました。売上高は、販売価格が下落したものの、菓子類、パン類及び飲料向けでグラニュ糖や液糖
を中心に大手ユーザー向けの販売が順調に推移し、販売数量が増加したことにより増収となりました。
損益面では、販売価格の下落や物流費等の販売費の増加、エネルギーコストの上昇等により減益となり
ました。
② 機能性素材事業
機能性素材事業の業績は、売上高3,188百万円(前年同期比2.8%増)、営業利益43百万円(同3.9%
減)となりました。売上高は、機能性食品素材「イヌリン」は低調な荷動きにより販売数量が減少した
ものの、連結子会社ユニテックフーズ㈱において、主力商品のゼラチンが前期に引き続き好調に推移し
たのに加え、新規取引先の増加や拡販効果により、前年同期比で増収となりました。損益面では、各部
門で 製造コ スト の削減 に努 めたも のの、現在、工 場建 設中の 連結子 会社Fuji Nihon Thai Inulin
Co.,Ltd.における先行費用等により減益となりました。
③ 不動産事業
不動産事業の業績は、売上高300百万円(前年同期比1.0%減)、営業利益259百万円(同1.0%減)と
なりました。小規模賃貸住宅の稼働率が低下したことにより、前年同期比で若干ながら減収減益となり
ましたが、安定収益に貢献いたしました。


(2)財政状態に関する説明
当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ1.1%増加し、20,244百万円とな
りました。
当第2四半期連結累計期間における各財政状態の変動状況は、次のとおりであります。
① 資産
資産につきましては、流動資産で前連結会計年度末に比べ5.1%減少し、8,232百万円となりました。
これは主に売上債権及び棚卸資産の減少等によるものであります。
また、固定資産は前連結会計年度末に比べ5.9%増加し、12,012百万円となりました。これは主に建
設仮勘定の増加等によるものであります。




-2-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


② 負債
負債につきましては、流動負債で前連結会計年度末に比べ11.0%減少し、3,307百万円となりまし
た。これは主に仕入債務の減少等によるものであります。
また、固定負債は前連結会計年度末に比べ18.6%増加し、2,369百万円となりました。これは主に長
期借入金の増加等によるものであります。
③ 純資産
純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ1.8%増加し、14,566百万円となりました。これは
主に時価上昇によるその他有価証券評価差額金の増加及び四半期純利益計上による利益剰余金の増加に
よるもの等であります。


(キャッシュ・フローの状況)
当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度
末に比べ119百万円増加し、2,731百万円となりました。
当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであり
ます。
① 営業活動によるキャッシュ・フロー
当第2四半期連結累計期間において営業活動の結果得られた資金は、689百万円(前年同期比25.2%
減)となりました。これは主として、四半期純利益の計上、売上債権の減少等によるものであります。
② 投資活動によるキャッシュ・フロー
当第2四半期連結累計期間において投資活動の結果使用した資金は、532百万円(前年同期比80.5%
増)となりました。これは主として、長期貸付金の回収による収入があったものの、有形固定資産の取
得による支出、長期貸付金による支出等があったことによるものであります。
③ 財務活動によるキャッシュ・フロー
当第2四半期連結累計期間において財務活動の結果使用した資金は、32百万円(前年同期比42.6%
減)となりました。これは主として、長期借入金による収入があったものの、配当金の支払額、長期借
入金の返済による支出等があったことによるものであります。


(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
当第2四半期累計期間の業績は概ね順調に推移しております。よって、前回発表(平成25年4月30日)
の通期業績予想に変更はありません。
なお、業績予想につきましては、当社が発表日現在において入手可能な情報に基づき判断したもので
あり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。




-3-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。




(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。




(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。




-4-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間
(平成25年3月31日) (平成25年9月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金 2,291,486 2,411,331
受取手形及び売掛金 1,993,693 1,710,439
有価証券 322,085 322,091
商品及び製品 1,469,940 1,662,450
仕掛品 162,901 134,841
原材料及び貯蔵品 1,246,646 851,416
その他 1,191,729 1,142,925
貸倒引当金 △2,911 △2,824
流動資産合計 8,675,571 8,232,671
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額) 686,222 666,158
機械装置及び運搬具(純額) 193,074 171,407
土地 2,048,834 2,048,834
建設仮勘定 623,883 1,180,767
その他(純額) 60,463 60,580
有形固定資産合計 3,612,479 4,127,748
無形固定資産
のれん 793,787 739,793
その他 96,618 98,603
無形固定資産合計 890,406 838,396
投資その他の資産
投資有価証券 4,671,323 4,851,449
関係会社長期貸付金 1,962,552 1,982,752
その他 281,637 281,965
貸倒引当金 △70,252 △70,293
投資その他の資産合計 6,845,260 7,045,873
固定資産合計 11,348,146 12,012,019
資産合計 20,023,717 20,244,690




-5-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



(単位:千円)
前連結会計年度 当第2四半期連結会計期間
(平成25年3月31日) (平成25年9月30日)
負債の部
流動負債
買掛金 1,269,306 1,020,804
短期借入金 1,261,196 1,202,696
未払法人税等 207,760 252,836
賞与引当金 120,180 108,532
役員賞与引当金 9,830 4,740
その他 848,824 718,162
流動負債合計 3,717,097 3,307,771
固定負債
長期借入金 896,803 1,183,644
退職給付引当金 260,485 214,008
役員退職慰労引当金 164,893 169,551
資産除去債務 53,967 54,248
その他 621,784 748,510
固定負債合計 1,997,933 2,369,961
負債合計 5,715,031 5,677,733
純資産の部
株主資本
資本金 1,524,460 1,524,460
資本剰余金 2,530,171 2,530,171
利益剰余金 9,691,308 9,800,652
自己株式 △706,124 △706,499
株主資本合計 13,039,815 13,148,784
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金 759,331 946,795
為替換算調整勘定 80,800 67,398
その他の包括利益累計額合計 840,131 1,014,193
少数株主持分 428,739 403,978
純資産合計 14,308,686 14,566,957
負債純資産合計 20,023,717 20,244,690




-6-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
四半期連結損益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年9月30日) 至 平成25年9月30日)
売上高 9,992,194 10,175,273
売上原価 7,746,404 7,932,862
売上総利益 2,245,790 2,242,410
販売費及び一般管理費 1,646,153 1,680,999
営業利益 599,636 561,410
営業外収益
受取利息 24,230 24,213
受取配当金 27,621 27,366
持分法による投資利益 - 20,828
その他 10,886 5,561
営業外収益合計 62,738 77,969
営業外費用
支払利息 14,518 10,782
持分法による投資損失 8,257 -
為替差損 1,976 3,980
その他 2,442 2,087
営業外費用合計 27,194 16,850
経常利益 635,181 622,529
特別利益
投資有価証券売却益 - 11,540
特別利益合計 - 11,540
特別損失
固定資産除却損 3,544 21
投資有価証券償還損 5,455 -
投資有価証券評価損 2,638 -
特別損失合計 11,637 21
税金等調整前四半期純利益 623,543 634,048
法人税、住民税及び事業税 211,003 257,395
法人税等調整額 11,875 11,490
法人税等合計 222,878 268,885
少数株主損益調整前四半期純利益 400,664 365,162
少数株主損失(△) △4,395 △13,028
四半期純利益 405,060 378,191




-7-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



四半期連結包括利益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年9月30日) 至 平成25年9月30日)
少数株主損益調整前四半期純利益 400,664 365,162
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 △36,993 187,463
繰延ヘッジ損益 1,283 -
為替換算調整勘定 931 △26,070
持分法適用会社に対する持分相当額 △765 936
その他の包括利益合計 △35,543 162,330
四半期包括利益 365,121 527,493
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益 369,097 552,253
少数株主に係る四半期包括利益 △3,976 △24,760




-8-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信



(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間 当第2四半期連結累計期間
(自 平成24年4月1日 (自 平成25年4月1日
至 平成24年9月30日) 至 平成25年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益 623,543 634,048
減価償却費 81,141 70,021
のれん償却額 53,994 53,994
賞与引当金の増減額(△は減少) 4,376 △11,647
役員賞与引当金の増減額(△は減少) △5,680 △5,090
貸倒引当金の増減額(△は減少) 344 △46
退職給付引当金の増減額(△は減少) △45,048 △46,477
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少) 4,148 4,658
受取利息及び受取配当金 △51,852 △51,580
支払利息 14,518 10,782
持分法による投資損益(△は益) 8,257 △20,828
投資有価証券売却損益(△は益) - △11,540
投資有価証券評価損益(△は益) 2,638 -
投資有価証券償還損益(△は益) 5,455 -
固定資産除却損 3,544 21
売上債権の増減額(△は増加) 127,565 283,254
たな卸資産の増減額(△は増加) 163,635 230,780
その他の流動資産の増減額(△は増加) △4,413 70,653
仕入債務の増減額(△は減少) △149,468 △248,502
その他の流動負債の増減額(△は減少) 117,640 △132,327
その他 18,887 2,067
小計 973,228 832,242
利息及び配当金の受取額 66,435 78,935
利息の支払額 △14,727 △11,554
法人税等の支払額 △103,055 △210,113
営業活動によるキャッシュ・フロー 921,881 689,510
投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の払戻による収入 300,000 -
有形固定資産の取得による支出 △348,622 △613,478
無形固定資産の取得による支出 △36,847 △6,410
投資有価証券の取得による支出 △115,119 △648
投資有価証券の売却及び償還による収入 32,544 133,000
長期貸付金の回収による収入 428,027 469,327
長期貸付けによる支出 △546,852 △511,676
子会社株式の取得による支出 - △3,155
その他 △8,187 398
投資活動によるキャッシュ・フロー △295,058 △532,644
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は減少) 170,226 △10,000
長期借入れによる収入 - 366,450
長期借入金の返済による支出 △170,511 △119,848
自己株式の取得による支出 △442 △374
自己株式の売却による収入 41,615 -
配当金の支払額 △267,426 △268,847
少数株主からの払込みによる収入 169,715 -
財務活動によるキャッシュ・フロー △56,822 △32,620
現金及び現金同等物に係る換算差額 1,515 △4,393
現金及び現金同等物の増減額(△は減少) 571,515 119,852
現金及び現金同等物の期首残高 1,878,102 2,611,571
現金及び現金同等物の四半期末残高 2,449,618 2,731,423




-9-
フジ日本精糖㈱(2114) 平成26年3月期 第2四半期決算短信


(4)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。


(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。


(セグメント情報等)
【セグメント情報】
Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自  平成 24年4月1日  至  平成24年9月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント 四半期連結
調整額 損益計算書
機能性素材 (注1) 計上額
精糖事業 不動産事業 計
事業 (注2)
売上高

  外部顧客への売上高 6,587,826 3,101,249 303,118 9,992,194 ― 9,992,194
  セグメント間の内部売上高
6,657 954 555 8,166 △8,166 ―
  又は振替高
計 6,594,484 3,102,203 303,673 10,000,361 △8,166 9,992,194

セグメント利益 645,681 45,689 262,139 953,510 △353,873 599,636

(注)1 セグメント利益の調整額353,873千円は、報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門及び研究開発室に
係る一般管理費であります。
2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。


Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自  平成 25年4月1日  至  平成25年9月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント 四半期連結
調整額 損益計算書
機能性素材 (注1) 計上額
精糖事業 不動産事業 計
事業 (注2)
売上高

  外部顧客への売上高 6,687,177 3,188,004 300,091 10,175,273 ― 10,175,273
  セグメント間の内部売上高
6,582 7,146 555 14,284 △14,284 ―
  又は振替高
計 6,693,760 3,195,150 300,646 10,189,557 △14,284 10,175,273

セグメント利益 607,126 43,898 259,553 910,579 △349,168 561,410

(注)1 セグメント利益の調整額349,168千円は、報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門及び研究開発室に
係る一般管理費であります。
2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。




-10-

Origin: 平成26年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

フジ日本精糖の株価 »