当社株式の監理銘柄(確認中)指定見込みに関するお知らせ

2906 ホッコク

 2012年03月30日15時30分


株式会社ホッコク

平成 24 年3月 30 日
各 位
会 社 名 株式会社ホッコク
代表者名 代表取締役 大浦 真里枝
[JASDAQ コード 2906]
問合せ先 経営企画室 近藤 茂
TEL 03-3512-4005

当社株式の監理銘柄(確認中)指定見込みに関するお知らせ
当社株式は、大阪証券取引所より平成 24 年4月1日付で監理銘柄(確認中)に指定される見込みとなりましたので
お知らせいたします。

1.監理銘柄(確認中)指定の理由
当社は、平成 20 年4月1日より平成 24 年3月 31 日までを期日とする「合併等による実質的存続性の喪失に係る猶
予期間」に入っております。
当社では、当該猶予期間解除に向け全力で取り組んで参りましたが、猶予期間終了日である平成 24 年3月 31 日まで
に新規上場審査基準に準じた基準に適合しているかどうかの審査申請(以下、「適合審査申請」といいます。)を行え
ないため、監理銘柄(確認中)に指定される見込みであります。
2.監理銘柄(確認中)指定後の当社株式の取り扱い
監理銘柄(確認中)指定後において、当社が適合審査申請を行い、これが受付けられた場合は、監理銘柄(審査中)
に指定されます。
しかし、猶予期間終了後最初の有価証券報告書提出日(平成 24 年6月下旬予定)から起算して8日目の日(休業日
は除く)までに当社が適合審査申請を行わない場合、上場廃止となる銘柄として整理銘柄に指定され、その後、原則1
ヶ月間の整理売買を経てJASDAQ市場への上場が廃止となります。
3.適合審査申請準備の状況
当社は、適合審査申請について、制度上幹事取引参加者(証券会社)が作成した確認書の提出が義務付けられている
ことから幹事証券会社とともに、適合審査申請に係る作業を進めておりました。
しかしながら、幹事証券会社より平成 24 年3月期を基準期として適合審査申請ができる状態ではないと判断したの
で契約を解除するとの申し入れがあり、平成 24 年3月 31 日をもって当社との契約が解除されます。
また、
平成 24 年3月 14 日付け
「四半期レビュー報告書および監査報告書における除外事項を付した限定付結論及び
限定付適正意見に関するお知らせならびに社内調査委員会の設置についてのお知らせ」
に記載のとおり、
旧経営陣の下、
平成 22 年3月期において当社が行っていた輸出取引および三国間貿易に関する証憑の一部が適切に保存されておらず、
会計監査の結論を導くことに対して十分な資料の提供ができない取引が存在することが判明し、結論の基礎となる証拠
が得られなかったことから、四半期レビュー報告書および監査報告書において除外事項を付した限定付結論及び限定付
適正意見が記載された報告書を受領することとなり、本件に関して、重要な疑義が存在する可能性も視野に入れて、早
急に事実の精査を行い、会計処理の適法性を確認するため、社内調査委員会を設置して調査を実施しております。
このような状況の中、当社といたしましては、平成 24 年7月上旬を想定される適合審査申請期限まで3カ月余りし
か残されておらず、証券会社による審査手続きに要する時間を十分に確保できない可能性があり、さらに新規上場に準
じた審査上、問題となる可能性がある事象が解決出来ていないなどの理由から、新たな幹事証券会社の選定ならびに適
合審査申請の期限内実施は、非常に困難であると認識しております。

株式会社ホッコク

4.今後の取り組みおよびご注意
当社といたしましては、上場維持のため最大限の努力を重ねてまいりましたが、上記3の理由により、現時点におい
て大阪証券取引所に対し適合審査申請を行える目途がたっておらず、上述の通りその期限も迫ってきております。
当社では、今後も必要に応じて適時開示を行い、決算短信、有価証券報告書等の法定開示書類さらには当社WEBサ
イト等においても注意喚起を行ってまいりますが、当社株式を保有されている株主各位および当社株式の取得を検討さ
れている投資家各位におかれましては、
こうした当社の状況について充分にご認識をいただきますようお願い申し上げ
ます。
以 上


Origin: 当社株式の監理銘柄(確認中)指定見込みに関するお知らせ

ホッコクの株価 »

ホッコクのIR情報

ホッコクのIR情報 »