平成24年2月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

3353 メディカル一光

 2011年12月28日16時00分


平成24年2月期

第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成23年12月28日
上場取引所 大
URL http://www.m-ikkou.co.jp/
(氏名)南野 利久
(氏名)西井 文平
(TEL)059-226-1193
配当支払開始予定日


上 場 会 社 名
株式会社メディカル一光
コ ー ド 番 号
3353
代表者 (役職名)代表取締役社長
問合せ先責任者 (役職名)代表取締役副社長
四半期報告書提出予定日
平成24年1月13日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無
: 無

(百万円未満切捨て)

1. 平成24年2月期第3四半期の連結業績(平成23年3月1日~平成23年11月30日)
(1) 連結経営成績(累計)
(%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高

営業利益

経常利益

四半期純利益

百万円

百万円



百万円



百万円



14,513
13,388

24年2月期第3四半期
23年2月期第3四半期



8.4
4.2

880
740

18.9
2.9

832
696

19.4
9.4

519
390

32.9
23.3

潜在株式調整後
1株当たり
四半期純利益

1株当たり
四半期純利益


24年2月期第3四半期
23年2月期第3四半期





27,156 52
20,396 79






(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

24年2月期第3四半期
23年2月期
(参考) 自己資本

2.

百万円

15,242
12,624
24年2月期第3四半期

4,151
3,709
4,151百万円

1株当たり純資産




27.2
29.4
23年2月期



216,658 86
194,121 44
3,709百万円

配当の状況
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末


23年2月期
24年2月期
24年2月期(予想)
(注)

3.









0 00
0 00







期末





合計








4,000 00

4,000 00

当四半期における配当予想の修正有無

4,000 00

4,000 00



平成24年2月期の連結業績予想(平成23年3月1日~平成24年2月29日)
売上高
百万円

営業利益


百万円

(%表示は、対前期増減率)
1株当たり
当期純利益
当期純利益

経常利益


百万円



百万円



通期
19,350
7.7
1,105 11.7
(注) 当四半期における業績予想の修正有無 : 無

1,040

11.7

625

21.9





32,657 81

4.

その他(詳細は、【添付資料】P.3「その他」をご覧ください。)

(1) 当四半期中における重要な子会社の異動
(注)

: 無

当四半期会計期間における連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動の有無となります。

(2) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用
(注)

: 有

簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用の有無となります。

(3) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更


会計基準等の改正に伴う変更

: 有



①以外の変更

: 無

(注)

「四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更」に記載される四半期連結財務諸表作成
に係る会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の有無となります。

(4) 発行済株式数(普通株式)


期末発行済株式数(自己株式を含む)

24年2月期3Q

20,350株

23年2月期

20,350株



期末自己株式数

24年2月期3Q

1,189株

23年2月期

1,243株



期中平均株式数(四半期累計)

24年2月期3Q

19,130株



23年2月期3Q

19,165株

四半期レビュー手続の実施状況に関する表示

・この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算
短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく四半期財務諸表のレビュー手続は終了していませ
ん。


業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項

・本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的
であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性が
あります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等については、四半
期決算短信(添付資料)3ページ「連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信

○添付資料の目次
1.

当四半期の連結業績等に関する定性的情報 ………… 2

(1) 連結経営成績に関する定性的情報 ………… 2
(2) 連結財政状態に関する定性的情報 ………… 2
(3) 連結業績予想に関する定性的情報 ………… 3
2.

その他の情報 ………… 3

(1) 重要な子会社の異動の概要 ………… 3
(2) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要 ………… 3
(3) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要 ………… 3
(4) 継続企業の前提に関する重要事象等の概要 ………… 3
3.

四半期連結財務諸表 ………… 4

(1) 四半期連結貸借対照表 ………… 4
(2) 四半期連結損益計算書 ………… 6
【第2四半期連結累計期間】 ………… 6
【第2四半期連結会計期間】 ………… 7
(3) 四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ………… 8
(4) 継続企業の前提に関する注記 …………10
(5) セグメント情報 …………10
(6) 株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………11

1

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信

1.

当四半期の連結業績等に関する定性的情報

(1) 連結経営成績に関する定性的情報
当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、東日本大震災後の復興に伴い、緩やかに持ち直し
の動きが見られる中、雇用情勢や所得環境は厳しい状況が続きました。また、欧米を中心とした世界経
済の減速や円高に伴う輸出環境の悪化などの影響もあり、景気は不透明な状況で推移いたしました。
このような状況の中で、当社の主力とする調剤薬局事業におきましては、安全性を最優先し患者様に
選ばれる店舗運営を推進するとともに事業規模の拡大に向け取り組んでまいりました。ヘルスケア事業
におきましては、介護付有料老人ホームを今後の成長エンジンと位置づけ、3年間で10施設の開設を目
標として、安定的な成長に向けて取り組んでまいりました。また、医薬品卸事業におきましては、ジェ
ネリック医薬品の使用促進が進められている状況下、積極的な営業活動を推進してまいりました。
以上の結果、売上高は14,513百万円(前年同期比8.4%増)、営業利益は880百万円(同18.9%増)、経常利
益は832百万円(同19.4%増)、四半期純利益は519百万円(同32.9%増)となり、増収増益を確保いたしまし
た。
セグメント別の業況は次のとおりです。
(調剤薬局事業)
調剤薬局事業におきましては、9月に子会社化した有限会社クローバーの店舗取得により、埼玉県へ
進出いたしました。子会社化による取得2店舗、新規出店1店舗の計3店舗を当四半期中に出店し、当
社グループの調剤薬局は78店舗となりました。また、既存店舗においても処方箋単価が前年を上回り、
売上高は13,298百万円(前年同期比7.2%増)、営業利益1,101百万円(前年同期比17.1%増)と増収増益を確
保いたしました。
(ヘルスケア事業)
ヘルスケア事業におきましては、売上高が計画通り増加を続けております。6月に開業した介護付有
料老人ホーム「ハーモニーハウス伊賀大山田」の売り上げも堅調に推移しており、売上高は650百万円
(前年同期比47.0%増)、営業利益45百万円(前年同期比1百万円減)となりました。
(医薬品卸事業)
医薬品卸事業におきましては、ジェネリック医薬品の使用促進のもと、積極的な営業活動を推進した
ことにより、売上高507百万円(前年同期比3.7%増)、営業利益29百万円(前年同期比3百万円減)となり
ました。(内部売上高を含む売上高は727百万円となり前年同期比9.5%増。)
(不動産事業)
不動産事業におきましては、売上高56百万円(前年同期比1.2%増)、営業利益28百万円(前年同期比
1.7%減)となりました。
なお、セグメント間の内部売上高として222百万円を消去するとともに、全社における共通経費とし
て324百万円を計上しております。
(2) 連結財政状態に関する定性的情報
① 資産、負債及び純資産の状況
当第3四半期連結会計期間末における総資産は15,242百万円となり、前連結会計年度末と比較して
2,617百万円増加いたしました。
流動資産の合計は5,966百万円となり、前連結会計年度末と比較して776百万円増加いたしました。
これは主に、現金及び預金の増加350百万円、売掛金の増加251百万円によるものです。
固定資産の合計は9,275百万円となり、前連結会計年度末と比較して1,841百万円増加いたしまし
た。これは主に、関係会社株式の増加2,002百万円によるものです。
負債合計は11,090百万円となり、前連結会計年度末と比較して2,175百万円増加いたしました。こ
れは主に、買掛金の増加396百万円、短期借入金の増加600百万円、長期借入金(1年内返済予定を含
む)の増加961百万円によるものです。
純資産合計は4,151百万円となり、前連結会計年度末と比較して442百万円増加いたしました。これ
は主に、四半期純利益519百万円によるものです。

2

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信

② キャッシュ・フローの状況
当第3四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は2,684百万
円となり、前連結会計年度末と比較して357百万円増加いたしました。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は、829百万円となりました。これは、主に税金等調整前四半期純利
益958百万円、仕入債務340百万円の増加があったものの、売上債権の増加199百万円、法人税等の支
払495百万円があったことなどによるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果使用した資金は、1,923百万円となりました。これは、主に有形固定資産の売却に
よる収入238百万円があったものの、有形固定資産の取得による支出280百万円、関係会社株式の取得
による支出1,900百万円があったことによるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果得られた資金は1,451百万円となりました。これは、主に短期借入金の純増加559百
万円、長期借入金の純増加961百万円があったことによるものであります。
(3) 連結業績予想に関する定性的情報
当連結会計年度の業績予想につきましては、平成23年9月21日公表の数値から変更はありません。

2.

その他の情報

(1) 重要な子会社の異動の概要
該当事項はありません。
(2) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要
 (簡便な会計処理)
① 棚卸資産の評価方法
当第3四半期連結会計期間末の棚卸高の算出に関しては、一部実地棚卸を省略し、第2四半期連結
会計期間末の実地棚卸高を基礎として合理的な方法により算定しております。
② 固定資産の減価償却費の算定方法
定率法を採用している固定資産については、連結会計年度に係る減価償却費の額を期間按分して算
定しております。
③ 法人税等並びに繰延税金資産及び繰延税金負債の算定方法
法人税等の納付税額の算定に関しては、原則的な方法によっております。繰延税金資産の回収可能
性の判断に関しては、前連結会計年度末以降に大幅な経営環境の変化がないこと、また、一時差異等
の発生状況に著しい変化がないことが認められるので、前連結会計年度末に使用した将来の業績予想
やタックス・プランニングを利用する方法によっております。
(3) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要
① 資産除去債務に関する会計基準の適用
第1四半期連結会計期間より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号  平成20
年3月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号  平成
20年3月31日)を適用しております。
これにより、当第3四半期連結累計期間の営業利益及び経常利益はそれぞれ2,006千円減少し、税
金等調整前四半期純利益は15,307千円減少しております。また、当会計基準等の適用開始による資産
除去債務の変動額は42,213千円であります。
② 表示方法の変更
「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号  平成20年12月26日)に基づく財務諸表等
規則等の一部を改正する内閣府令(平成21年3月24日  内閣府令第5号)の適用に伴い、当第3四半期
連結累計期間では、「少数株主損益調整前四半期純利益」の科目を表示しております。
(4) 継続企業の前提に関する重要事象等の概要
該当事項はありません。

3

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信

3.

四半期連結財務諸表

(1) 四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
当第3四半期連結会計期間末
(平成23年11月30日)

前連結会計年度末に係る
要約連結貸借対照表
(平成23年2月28日)

資産の部
流動資産
現金及び預金
売掛金
商品
その他
貸倒引当金

2,684,204
2,185,865
859,586
238,163
△1,100

2,333,806
1,934,136
767,827
155,935
△1,100

流動資産合計

5,966,719

5,190,605

固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
土地
その他(純額)

2,972,524
1,716,896
200,031

2,710,223
1,883,856
369,108

有形固定資産合計

4,889,452

4,963,188

975,409
157,265

912,302
113,355

1,132,674

1,025,658

152,350
2,002,530
443,646
654,734

314,325


3,253,261

1,444,847

9,275,389

7,433,694

15,242,109

12,624,299

6,514
2,785,149
600,000
1,453,887
278,281
2,006
598,230

6,727
2,388,825


流動負債合計

5,724,070

4,422,078

固定負債
長期借入金
退職給付引当金
その他

4,871,443
294,607
200,588

4,070,523
270,512
152,106

固定負債合計

5,366,638

4,493,142

11,090,708

8,915,221

無形固定資産
のれん
その他
無形固定資産合計
投資その他の資産
投資有価証券
関係会社株式
敷金及び保証金
その他
投資その他の資産合計
固定資産合計
資産合計
負債の部
流動負債
支払手形
買掛金
短期借入金
1年内返済予定の長期借入金
未払法人税等
賞与引当金
その他

負債合計

4

495,576
634,945

1,293,389
256,576
100,615
375,943

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信
(単位:千円)
当第3四半期連結会計期間末
(平成23年11月30日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

前連結会計年度末に係る
要約連結貸借対照表
(平成23年2月28日)

917,000
837,050
2,601,793
△199,265

917,000
837,050
2,158,712
△209,633

4,156,578

3,703,129

評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金

△5,177

5,949

評価・換算差額等合計

△5,177

5,949

株主資本合計

純資産合計

4,151,400

5

3,709,078

15,242,109

負債純資産合計

12,624,299

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信
(2) 四半期連結損益計算書
【第3四半期連結累計期間】
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年3月1日
至 平成22年11月30日)
売上高
売上原価

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年3月1日
至 平成23年11月30日)

13,388,103
11,943,707

売上総利益

14,513,048
12,848,900

1,444,395

1,664,148

販売費及び一般管理費

704,247

783,784

営業利益

740,147

880,363

1,238
972
1,377
7,231
6,017

633
7,149
1,160
11,763
6,598

16,836

27,304

52,769
7,268

58,483
16,931

60,037

75,414

696,946

832,253



5,238

23,436
120,112
100


36,970

143,649

1,971




2,574
13,301
1,815
20

1,971

17,711

税金等調整前四半期純利益

731,945

958,191

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額

403,856
△62,816

509,806
△71,124

341,039

438,682

少数株主損益調整前四半期純利益



519,508

少数株主利益





四半期純利益

390,905

519,508

営業外収益
受取利息
受取配当金
受取保証料
助成金収入
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
その他
営業外費用合計
経常利益
特別利益
固定資産売却益
投資有価証券売却益
貸倒引当金戻入額
受取補償金

31,732


特別利益合計
特別損失
固定資産除却損
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
保険解約損
その他
特別損失合計

法人税等合計

6

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信
【第3四半期連結会計期間】
(単位:千円)
前第3四半期連結会計期間
(自 平成22年9月1日
至 平成22年11月30日)
売上高
売上原価

当第3四半期連結会計期間
(自 平成23年9月1日
至 平成23年11月30日)

4,467,959
3,947,026

4,891,918
4,338,897

売上総利益

520,932

553,020

販売費及び一般管理費

238,211

270,514

営業利益

282,721

282,505

300
123
441
1,934
3,198

100
199
368
5,627
3,946

5,998

10,240

17,243
3,916

19,903
11,440

21,159

31,343

267,561

261,403

特別利益
固定資産売却益



2,084

特別利益合計



2,084

特別損失
固定資産除却損
その他

64


1,819
20

営業外収益
受取利息
受取配当金
受取保証料
助成金収入
その他
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
その他
営業外費用合計
経常利益

特別損失合計

64

1,840

税金等調整前四半期純利益

267,496

261,646

法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額

172,954
△50,674

173,423
△49,425

122,279

123,998

少数株主損益調整前四半期純利益



137,648

少数株主利益





四半期純利益

145,217

137,648

法人税等合計

7

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信
(3) 四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年3月1日
至 平成22年11月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
のれん償却額
貸倒引当金の増減額(△は減少)
賞与引当金の増減額(△は減少)
退職給付引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
投資有価証券売却損益(△は益)
固定資産売却損益(△は益)
固定資産除却損
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
その他

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年3月1日
至 平成23年11月30日)

731,945
173,322
59,724
100
△94,810

958,191
219,376
64,373

△101,442

35,727
△2,211

24,094
△7,782

52,769
△31,732


58,483
△120,112
△23,436

1,971
△149,609
△48,711

2,574
△199,862
△75,391

245,987
186,068

340,574
237,257

小計

1,160,542

1,376,897

利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額

1,233
△53,027
△468,827

7,212
△59,276
△495,319

639,920

829,514

△437,360

△21,458
△35,908

△280,404

94,596

△20,087
△47,243

161,007
△1,900,827
△3,256
△3,807

8,118
△358,327


57,510
△358

営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
無形固定資産の取得による支出
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の売却による収入
関係会社株式の取得による支出
長期前払費用の取得による支出
差入保証金の差入による支出
差入保証金の回収による収入
長期未収入金の増加による支出
長期未収入金の回収による収入
預り金の増減額(△は減少)
連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
支出
その他

238,070
△84,228
△5,043

131,569


△16,032

△693,636

8

△89,698

△7,535

投資活動によるキャッシュ・フロー

10,000
△6,363

△1,923,432

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信
(単位:千円)
前第3四半期連結累計期間
(自 平成22年3月1日
至 平成22年11月30日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入れによる収入
短期借入金の返済による支出
長期借入れによる収入
長期借入金の返済による支出
リース債務の返済による支出
自己株式の取得による支出
自己株式の処分による収入
配当金の支払額

当第3四半期連結累計期間
(自 平成23年3月1日
至 平成23年11月30日)


△30,000
1,900,000
△1,215,599
△1,932
△30,498

△67,368

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

2,050,000
△1,088,582
△3,599


554,601

財務活動によるキャッシュ・フロー

600,000
△40,380

1,451,378

10,368
△76,428

500,885

357,460

現金及び現金同等物の期首残高

1,891,018

2,326,744

現金及び現金同等物の四半期末残高

2,391,904

2,684,204

9

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信

(4) 継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。
(5) セグメント情報
【事業の種類別セグメント情報】
前第3四半期連結累計期間(自 平成22年3月1日
調剤薬局
事業
(千円)

医薬品卸
事業
(千円)

至 平成22年11月30日)

ヘルスケア
不動産事業
事業
(千円)
(千円)

売上高
(1) 外部顧客に
対する売上高
(2) セグメント間の内部
売上高又は振替高

12,400,589

488,904

442,396

3,224

174,884

274



12,403,813

663,789

442,670

941,006

32,562

46,700

営業利益

計(千円)

56,213 13,388,103


178,383

消去又は
全社
(千円)

連結
(千円)

─ 13,388,103
(178,383)



56,213 13,566,487

(178,383) 13,388,103

29,133

(309,255)

1,049,402

740,147

(注) 1


事業の区分は、内部管理上採用している区分によっております。
各区分の事業の内容
(1) 調剤薬局事業・・・・・処方箋受付専門の医薬品の販売を行っております。
(2) 医薬品卸事業・・・・・医療機関等へ医薬品の販売を行っております。
(3) ヘルスケア事業・・・・介護施設の運営、医療施設等の賃貸業務、及び医療・介護に付随する業務を行
っております。
(4) 不動産事業・・・・・・一般不動産を所有し賃貸業務を行っております。

【所在地別セグメント情報】
前第3四半期連結累計期間(自 平成21年3月1日
期間(自 平成22年3月1日

至 平成21年11月30日)及び当第3四半期連結累計

至 平成22年11月30日)

本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。
【海外売上高】
前第3四半期連結累計期間(自 平成21年3月1日
期間(自 平成22年3月1日

至 平成22年11月30日)

海外売上高がないため該当事項はありません。

10

至 平成21年11月30日)及び当第3四半期連結累計

㈱メディカル一光(3353)平成24年2月期 第3四半期決算短信

【セグメント情報】
1  報告セグメントの概要
当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
当社は、商品の内容と事業の形態及びサービスの性質を考慮して事業部及び子会社を置き、事業部及び
子会社は、推進する事業について包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
従って、事業及びサービスを基礎とした、「調剤薬局事業」、「ヘルスケア事業」、「医薬品卸事
業」、「不動産事業」の4つを報告セグメントとしております。
「調剤薬局事業」は調剤薬局の経営を、「ヘルスケア事業」は介護施設の運営、医療施設等の賃貸業
務、及び医療・介護に付随する業務を、「医薬品卸事業」は医療機関等への医薬品の販売を、「不動産事
業」は一般不動産の賃貸業務を行っております。
2  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
当第3四半期連結累計期間(自  平成23年3月1日  至  平成23年11月30日)
報告セグメント
調剤薬局
事業

ヘルスケア
事業

医薬品卸
事業

不動産事業



調整額
(注)1

(単位:千円)
四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2

売上高
外部顧客への売上高

13,298,490

650,534

507,147

セグメント間の内部
売上高又は振替高

2,643

274

219,923

13,301,133

650,809

727,070

1,101,678

45,449

29,386


セグメント利益
(注) 1


56,876 14,513,048


222,841

─ 14,513,048
△222,841



56,876 14,735,889

△222,841 14,513,048

28,639

△324,789

1,205,153

880,363

セグメント利益の調整額△324,789千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用329,372千円が含
まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

(追加情報)
当第3四半期連結累計期間より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号  平
成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20
号  平成20年3月21日)を適用しております。
(6) 株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。

11


Origin: 平成24年2月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

メディカル一光の株価 »