業績予想の修正に関するお知らせ

3437 特殊電極

 2009年11月02日11時00分


平成21年11月2日 各 位 上場会社名 代表者 (コード番号 問合せ先責任者 (TEL 特殊電極株式会社 代表取締役社長 皆川 義晴 3437) 専務取締役 管理本部長 大野 昌克 06-6401-9421)

業績予想の修正に関するお知らせ
最近の業績動向を踏まえ、平成21年5月15日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。 記
(金額の単位:百万円)

平成22年3月期第2四半期累計期間個別業績予想数値の修正(平成21年4月1日~平成21年9月30日) 売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

四半期純利益
百万円

1株当たり四半期純 利益
円銭

前回発表予想(A) 今回発表予想(B) 増減額(B-A) 増減率(%) (ご参考)前期第2四半期実績 (平成21年3月期第2四半期)

3,650 3,226 △423 △11.6 4,573

63 △44 △108 ― 204 ―

65 △22 △88 ― 211

37 △34 △72 151

4.66 △4.36

18.90

平成22年3月期通期個別業績予想数値の修正(平成21年4月1日~平成22年3月31日) 売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

当期純利益
百万円

1株当たり当期純利 益
円銭

前回発表予想(A) 今回発表予想(B) 増減額(B-A) 増減率(%) (ご参考)前期実績 (平成21年3月期)

7,387 6,479 △908 △12.3 8,968

118 △43 △162 ― 408 ―

122 △5 △128 ― 418

69 △30 △100 316

8.71 △3.82

39.52

修正の理由 昨年来の世界的金融危機の影響により、企業を取り巻く環境は非常に厳しい状況で推移し、平成22年3月期第2四半期 累計期間の業績は、当社の主要取引先である鉄鋼業界、自動車業界における設備投資抑制の影響によって受注が大きく 減少したため、売上高は前回予想と比べ423百万円減少する見込みです。 利益面におきましても、販売費及び一般管理費等の経費削減に鋭意努めましたが、売上高の減少に伴って前回予想と 比べ営業利益は108百万円の減少、経常利益は88百万円の減少、四半期純利益は72百万円の減少となる見込みです。 また、平成22年3月期通期の業績につきましては、顧客需要の回復が一部に見受けられるようになりましたが、依然とし て取引先の設備投資動向が不透明な状況にあって、今後も厳しい経営環境が続くと想定されますので、上記のとおり修正 いたします。 (注)上記業績の見通しは、当社が現時点において入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいて おり、実際の業績は様々な要因により予想数値と異なる場合があります。   以 上


Origin: 業績予想の修正に関するお知らせ

特殊電極の株価 »

特殊電極のIR情報

特殊電極のIR情報 »