2013年3月期第2四半期決算説明会資料

3778 さくらインターネット

 2012年10月26日15時00分


さくらインターネット株式会社(3778)
2013年3⽉期 第2四半期 決算説明会
代表取締役社⻑

⽥中邦裕

2012年10⽉25⽇

さくらインターネット株式会社
(C)Copyright 1996-2012 SAKURA Internet Inc.

⽬次

I.

会社概要 ・・・・・・・・・・・・・・ P.3

II.

決算概況 ・・・・・・・・・・・・・・ P.6

III. 事業トピック ・・・・・・・・・・・・ P.12
IV. 今後の取り組み ・・・・・・・・・・・ P.18

2

I. 会社概要

3

1. 会社プロフィール

上場後も安定した事業成⻑を続ける、データセンター専業事業者
上場後の業績推移

(単位:百万円)



10,000



さくらインターネット株式会社

7,106

⼤阪市中央区南本町⼀丁⽬8番14号
1999年8⽉17⽇
(サービス開始は1996年12⽉23⽇)



7,812

8,000

本 社 所 在 地
設 ⽴ 年 ⽉ ⽇

9,164
8,584

代表取締役 社⻑
取締役 副社⻑
取締役
取締役
取締役(社外)

6,204
6,000
4,398





4,000
2,758

⽥中 邦裕
舘野 正明
川⽥ 正貴
村上 宗久
野村 昌雄

上 場 年 ⽉ ⽇

2,000
207

85

349

723

1,194

808

0





3⽉末⽇



8億9,530万円



180名



▲162



▲2,000
06/3期07/3期08/3期09/3期10/3期 11/3期 12/3期
売上⾼

2005年10⽉12⽇(東証マザーズ)






(※2012年9⽉30⽇現在)

経常利益

4

2. 事業ドメイン

⽯狩データセンターの開設により、サービスカバレッジが拡⼤
データセンターサービス







既存サービス

仮想ホスティング:

・クラウドサービス
・VPSサービス

物理ホスティング:

・専⽤サーバサービス
・レンタルサーバサービス

当社サービス別売上⾼構成⽐
(2012年3⽉期)
100%

80%

その他

ホスティング
57.6%

60%









ラック



・ハウジングサービス

40%

個室(ケージ)



オープンスペース:

・⼤規模案件
(⽯狩データセンター)

20%

ハウジング
32.9%

新たなサービス
0%

5

II. 決算概況

6

1. 損益計算書(前年同期⽐)

① クラウドサービスの課⾦停⽌による影響
② 上記サービスの新規申込停⽌により、販促・広告宣伝活動を抑制
(⾦額:百万円)
科⽬名

売上⾼

‘12/3期
Q2累計
(実績)

4,542

‘13/3期
Q2累計
(当初予想)

前年同期⽐
(実績)

(増減額)

(増減率)

4,800 〜 4,900 ① 4,671

129

2.8

450 ② 470

▲96

▲17.1

▲97

▲18.1

▲104

▲28.6

567

350 〜

12.5

7.1 〜

9.4

10.1

539

300 〜

400

441

対売上⾼⽐率

11.9

6.1 〜

8.3

9.4

四半期純利益

365

180 〜

220

261

対売上⾼⽐率

8.1

3.7 〜

4.6

5.6

営業利益
対売上⾼⽐率

経常利益

※対売上⾼⽐率、増減率の単位は%

7

2. 損益計算書(前四半期⽐)

① 専⽤サーバサービスの売上減(詳細は次ページ参照)
② 新サービス投⼊に伴う設備強化により、減価償却費が増加
(⾦額:百万円)
科⽬名

‘12/3期

前四半期⽐

‘13/3期

増減額

増減率

2,340 ①2,331

▲8

▲0.4

549

663 ② 631

▲32

▲4.8

24.7

23.6

28.4

27.1

257

140

165

258

212

▲46

▲17.9

13.6

11.3

6.1

7.1

11.0

9.1

299

239

119

149

243

198

▲44

▲18.5

対売上⾼⽐率

13.2

10.6

5.2

6.4

10.4

8.5

四半期純利益

229

136

61

129

145

115

▲29

▲20.6

対売上⾼⽐率

10.1

6.0

2.7

5.6

6.2

5.0

591

569

500

572

597

585

▲12

▲2.0

売上⾼
売上総利益
対売上⾼⽐率

営業利益
対売上⾼⽐率

経常利益

EBITDA

Q1会計

Q2会計

Q3会計

Q4会計

Q1会計

2,272

2,270

2,296

2,325

736

660

566

32.4

29.1

310

Q2会計

※対売上⾼⽐率、増減率の単位は%
EBITDA=経常利益+⽀払利息+減価償却費

8

3. サービス別売上⾼(前四半期⽐)

① 「さくらの専⽤サーバ」の受注は順調だが、旧サービスの⼤⼝解約が発⽣
② 利⽤中件数の順調な積み増し
(⾦額:百万円)
科⽬名

ハウジング

‘12/3期
Q1会計

Q2会計

前四半期⽐

’13/3期

Q3会計

Q4会計

Q1会計

Q2会計

757

744

756

752

760

757

33.3

32.8

33.0

32.3

32.5

817

801

776

対売上⾼⽐率

751 ① 729

36.2

36.0

34.9

33.4

32.1

レンタルサーバ

404

420

430

447

対売上⾼⽐率

463 ② 475

17.8

18.5

18.7

19.3

19.8

74

94

120

143

155

3.0

3.3

4.1

5.2

6.2

213

214

227

221

212

9.7

9.4

9.3

9.8

9.4

▲0.4

▲21

▲2.9

12

2.6

11

8.3

▲8

▲3.8

6.7

221

▲3

20.4

67

増減率

32.5

821

増減額

9.1

対売上⾼⽐率

専⽤サーバ

VPS
対売上⾼⽐率

その他
対売上⾼⽐率

31.3

※対売上⾼⽐率、増減率の単位は%

9

4. 貸借対照表

① 助成⾦(⽯狩DC)や消費税還付により、現⾦及び預⾦が増加
② 新サービスの提供などに柔軟に対応できる基幹システムの開発
(⾦額:百万円)
科⽬名

前期末
当期 Q2末
(‘12/3期) (‘13/3期)

増減額

科⽬名

前期末
当期 Q2末
(’12/3期) (‘13/3期)

増減額

流動資産

3,199

3,487 ① 288

流動負債

3,986

4,550

564

固定資産

7,941

8,463

521

固定負債

4,416

4,444

28

(有形固定資産)

7,053

7,232

179

負債合計

8,402

8,994

592

(無形固定資産)

397

純資産

2,738

2,956

217

(投資その他資産)

491

(株主資本)

2,738

2,956

217

11,141 11,951

810

資産合計

757 ② 360
▲18
473

11,141 11,951

810

負債純資産合計

10

5. キャッシュ・フロー計算書(前四半期⽐)

前四半期(第1四半期会計期間)にスポット収⼊として、
① 消費税の還付
② 助成⾦(⽯狩DC)の受給や敷⾦(池袋DC)の返還
(⾦額:百万円)
科⽬名

‘12/3期
Q1会計

営業CF

297

投資CF

▲1,516

営業CF-投資CF

▲1,219

財務CF
現⾦等の増加額
現⾦等の残⾼

Q2会計

505

‘13/3期

Q3会計

263

Q4会計

Q1会計

Q2会計

前四半期⽐
増減額

519 ① 694

605

▲88

▲340 ▲1,720

▲328


② 343

▲444

▲100

164

▲1,456

190

350

161

▲189

▲191

▲125

1,251

▲227

▲151

▲41

110

▲1,408

34

▲204

▲37

199

120

▲79

2,289

2,323

2,119

2,082

2,282

2,402

11

III. 事業トピック(2012年7~9⽉)

12

1. ホスティングサービスの強化

さくらのレンタルサーバ
(単位:件数)
300,000

低価格プラン(ライト:⽉額125円)のテコ⼊れ

さくらのレンタルサーバ

利⽤中件数推移

250,000

8⽉8⽇より、ライト
プランもPHP※に対応

200,000

※ Webサイトの作成に特化した
プログラム⾔語。
掲⽰板やチャットなどWeb上
で動作するプログラムの作成
に適している。

150,000
100,000
50,000
0
09年4⽉

10年4⽉
ライト

さくらのクラウド

11年4⽉

12年4⽉

その他上位プラン

安定稼働を検証(10⽉1⽇よりサービス正常化)

13

1. ホスティングサービスの強化

さくらの専⽤サーバ
エクスプレスG2シリーズ


専⽤サーバ
申し込みから
利⽤開始まで
の期間

初期費⽤0円で、⾼性能物理サーバがクラウドのように
利⽤できるプランを7⽉31⽇より提供

さくらの
専⽤サーバ

さくらの
クラウド

さくらの専⽤サーバ
利⽤中件数推移
(単位:件数)
8,000
7,000

最速1⽇

最速

10 分

数分

6,000
5,000

サーバの設定等
・OS再
インストール
・サーバ再起動

当社に
作業依頼

オンライン

オンライン

4,000
3,000
2,000

複数台構成

制限あり

制限なし

制限なし

1,000
0
12年2⽉
さくらの専⽤サーバ

12年9⽉
旧・専⽤サーバ

14

2. ⽯狩データセンター

概況

⼤規模ハウジング案件の受注もあり、⽯狩データセンター(1号棟)の
稼働状況が⾼まる

増設予定地
ホスティング
リモートハウジング

100

ラック

(通電)

100

ラック

(通電)

1号棟

⼤規模ハウジング案件

100

ラック

(通電)

100

ラック

(⼯事中)

100

ラック

(空き)

空スペースを活⽤し、
太陽光発電を実地検証中

2号棟
(建物のみ完成)

15

3. ホスティングサービス

利⽤動向

初期費⽤負担の軽いサービスに需要が集まる
利⽤中件数

(単位:件数)

平均単価

(単位:円)

400,000

(単位:円)

4,000

32,411

37,163
19,631

300,000

40,000

32,635
28,972

3,000

30,000

1,856
200,000

2,000

260,929

289,660

20,000

316,377

100,000

1,383

1,516

1,000

10,000

529
8,494

8,243

10年9⽉

0

8,083

11年9⽉

12年9⽉

専⽤サーバ

レンタルサーバ

VPS

503

490

469
0

0
10年9⽉

11年9⽉

レンタルサーバ

VPS

12年9⽉
専⽤サーバ

16

4. 顧客動向(2012年9⽉度)

バランスのとれた顧客構成を維持
⽉額料⾦別データ
(売上構成⽐)

12.0%

業種別
⽉額料⾦100万円以上の顧客数

1,000万円〜

8.1%

500〜1,000万円

44.9%

26

100〜500万円

13.9%

50〜100万円

19

10〜50万円

7.1%

〜10万円

14.0%
⽉額料⾦

10

事業者数

8

12年3⽉

12年6⽉

12年9⽉

1,000万円〜

5

5

6

500〜1,000万円

10

10

8

100〜500万円

53

54

53

50〜100万円

78

81

81

10〜50万円

586

547

4

525

17

IV. 今後の取り組み

18

1. 当社を取り巻く環境

需要は拡⼤し、市場成⻑は続いているが、競争環境は激化の⼀途
需要動向

競合動向

データの⾼速通信・⾼速処理

プレイヤーの増加

スマートデバイスの普及

SIerや上位レイヤ事業者の垂直統合戦略

企業データを活⽤した新規ビジネスの興隆

近隣業種からの参⼊

BCP/DR対策

市場供給量の増加

⾸都圏災害リスクの顕在

旺盛なiDC新設・増床

電⼒供給問題の⻑期化

海外iDC事業者の国内市場参⼊

より柔軟かつ効率的なITインフラ
企業のアセットライト化
絶え間ないビジネス環境の変化

仕⼊動向
電⼒料⾦の値上げ
エネルギー調達コストの上昇

19

2. 第3四半期以降の具体的施策

中期経営計画の達成に向けた、基盤づくり

各拠点の特⾊を活かしたデータセンター運営
ITインフラのプラットフォーム化推進

Webセールスプロモーションの強化
エンジニアの採⽤・育成強化への取組
20

① 各拠点の特⾊を活かしたデータセンター運営

⼤型案件が相次いで成約
設備補強により、
新規受⼊が可能に!

⽯狩データセンター
減価償却前⿊字化の達成

⻄新宿データセンター
ハウジングの受注再開

⽯狩リージョンを
10⽉18⽇より提供

受注実績をPRし、新
たな引き合いを獲得

⾼収益構造を堅持

さくらのVPS

顧客ニーズに応じて
柔軟にカスタマイズ

堂島データセンター

ハウジング

⼿軽なBCP/DR対策
サービスを提供

ラック稼働率

87.7 %

(12年9⽉末時点)

21

② ITインフラのプラットフォーム化推進

ハイブリッド接続

複数のサービスを1つのインフラシステムに集約

ITインフラ基盤のすべてを、当社サービス内で完結できる環境に
(構築例)
ファーストステップとして、
「さくらのクラウド」
「さくらの専⽤サーバ」
「リモートハウジング」を
対象とした接続サービスの
提供(10⽉3⽇より)
※今後も対象サービスを拡⼤

顧客の解約防⽌、顧客当たりの売上⾼増加を図り、
成⻑性と収益性を向上
22

③ Webセールスプロモーションの強化

受注につながるサイトの構築
セールスサイトを多⾓的に改善し、
訪問者に最適なITインフラを提案で
きる環境をつくる

例)10⽉19⽇よりオープンした
エンタープライズ向けサービスサイト
特定の顧客層をターゲットにした
コンテンツを展開し、新規引き合い
を獲得する

顧客接点の拡⼤とPR機会の創出
ソーシャルメディア等を活⽤し、顧
客層とのコミュニケーションを深め、
当社へのロイヤルティを⾼めるとと
もに、当社サービスのPR機会を新
たに創出する

▲ ITエンジニアなど、顧客層との交流を図る
当社公式FacebookページとTwitterアカウント

※⾃社メディアの⽴ち上げも検討中

23

④ エンジニアの採⽤・育成強化への取組

若⼿エンジニアに当社の魅⼒をPR

エンジニアに発表の場を提供

外部講演活動やイベントに参加し、
当社の⼤規模ITインフラや最先端の
インターネット技術に携われるチャ
ンスがあることをPR

ワークショップを定期的に開催し、最
新技術の共有を図るとともに、⾃分の
⾔葉で語れるスピーカーを創出

▲10⽉13・14⽇に開催された
第23回プログラミングコンテストに協賛

▲ユーザ層を対象とした交流会や社内勉強会
を定期的に開催

⾃⼰成⻑意欲の⾼い
優秀な⼈材を獲得

難解な技術を平易な⾔葉で
解説できる⼈材を育成
24

3. 2013年3⽉期 通期 の業績⾒通し

第3四半期以降、売上成⻑率は回復する⾒込み
① ⼤規模ハウジング案件の稼働開始
② クラウドサービスの正常化
③ 既存サービスの新プランリリース
科⽬名

売上⾼
営業利益
経常利益
当期(四半期)純利益

(⾦額:百万円)

‘13/3期 Q2累計 実績
⾦額

4,671
470
441
261

‘13/3期 通期(予想)

増減率

2.8
▲17.1

▲18.1

▲28.6

⾦額

増減率

下限

9,800

6.9

上限

10,200

11.3

下限

750

▲14.2

上限

950

8.7

下限

680

▲15.9

上限

820

1.4

下限

400

▲28.1

上限

500

▲10.2

※増減率の単位は%

25


Origin: 2013年3月期第2四半期決算説明会資料

さくらインターネットの株価 »