2015年3月期第1四半期決算説明会資料

3778 さくらインターネット

 2014年07月28日17時15分


さくらインターネット株式会社(3778)
2015年3月期 第1四半期 決算説明会
代表取締役社長 田中邦裕




2014年7月28日




さくらインターネット株式会社
(C)Copyright 1996-2014 SAKURA Internet Inc.
目次



I. 会社概要 ・・・・・・・・・・・・・・ P.3

II. 決算概況 ・・・・・・・・・・・・・・ P.6

III. 事業トピック ・・・・・・・・・・・・ P.16

IV. 今後の取り組み ・・・・・・・・・・・ P.22

V. 業績予想の修正 ・・・・・・・・・・・ P.27




2
I. 会社概要




3
1. 会社プロフィール



上場後も安定した事業成長を続ける、データセンター専業事業者

(単位:百万円) 上場後の業績推移 商 号 さくらインターネット株式会社
12,000
本 社 所 在 地 大阪市中央区南本町一丁目8番14号
10,045
10,000 1999年8月17日
設 立 年 月 日
(サービス開始は1996年12月23日)

8,000 代表取締役 社長 田中 邦裕
取締役 副社長 舘野 正明
取締役 川田 正貴
取 締 役
6,000 取締役 村上 宗久
取締役(社外) 森田 勝也
取締役(社外) 辻 壮
4,000
2,758 上 場 年 月 日 2005年10月12日(東証マザーズ)

2,000 増資(双日) 決 算 3月末日
633 資 本 金 8億9,530万円
197
0
'06/3 '14/3 従 業 員 数 243名
期 石狩DC開設 期
(2,000) (※2014年6月30日現在)
売上高 経常利益
4
2. 事業ドメイン



ハウジングからホスティングまで幅広いサービスを提供

当社サービス別売上高構成比 ※
(’14/3期)
データセンターサービス
100% その他
8.5%

ス 仮想ホスティング: ・VPS・クラウドサービス
テ 80%
ィ ・専用サーバサービス ホスティング
ン 物理ホスティング: ・レンタルサーバサービス 60.5%
グ 60% 付加価値 高



ロ ラック貸し : ・ハウジングサービス 40%


・大規模ハウジング案件
シ スペース貸し : (石狩DC)
ハウジング
ョ 20%
31.0%

付加価値 低

0%

※当第1四半期より、サービス別売上高の分類変更を行っております。前事業年度まで「その他サービス」に分類していた機器販売など主たる
サービスとの関連性が高い一部のサービスを「ハウジングサービス」または「専用サーバサービス」として分類することといたしました。
このため、前事業年度の売上高につきましても、変更後の分類に組み替えております。 5
II. 決算概況




6
1.決算ハイライト(前年同期比)



① VPS・クラウドサービスが順調に成長
② サービス機材、石狩データセンター拡張の経費増加
③ 前年同期に発生した貸倒引当金繰入額が減少

(金額:百万円)
‘14/3期 Q1 ‘15/3期 Q1 前年同期比
科目名
金額 構成比 金額 構成比 増減額 増減率

売上高 2,473 100.0 2,546 100.0 72 2.9 ①
売上原価 1,798 72.7 1,888 74.1 89 5.0 ②
売上総利益 675 27.3 658 25.9 ▲16 ▲2.5
販管費 469 19.0 442 17.4 ▲27 ▲5.8 ③
営業利益 205 8.3 216 8.5 10 5.2
経常利益 185 7.5 191 7.5 6 3.3
四半期純利益 106 4.3 120 4.7 13 13.0
※構成比と増減率の単位は%
7
1.決算ハイライト(前年同期比)


営業利益の変動要因 (単位:百万円)
(前年同期比)
(単位:百万円) 主な要因 金額
300
売上高の増加 売上原価の増加 89
販管費の減少 減価償却費・リース料の増加 73
250
72 73
保守コスト等修繕費の増加 14
▲3
200 14 ▲24 ドメイン調達コスト・回線費用の増加 13
13 ▲11
その他売上原価の減少 ▲11
150
売上原価の増加 販管費の減少 ▲27
100 205 216 貸倒引当金繰入額の減少 ▲24
その他販管費の減少 ▲3
50



0
‘14/3期Q1 ‘15/3期Q1
営業利益 営業利益
8
2. 損益計算書(前四半期比)



① 前四半期末でのハウジングサービスの大口契約期間満了など
② 減価償却費・リース料の減少
(金額:百万円)
‘14/3期 ‘15/3期 前四半期比
科目名
Q1会計 Q2会計 Q3会計 Q4会計 Q1会計 増減額 増減率

売上高 2,473 2,478 2,534 2,559 2,546 ▲12 ▲0.5 ①
売上総利益 675 630 597 634 658 23 3.8 ②
構成比 27.3 25.4 23.6 24.8 25.9
営業利益 205 175 144 212 216 3 1.8
構成比 8.3 7.1 5.7 8.3 8.5
経常利益 185 152 116 179 191 12 6.8
構成比 7.5 6.2 4.6 7.0 7.5
当期純利益 106 70 69 107 120 12 11.6
構成比 4.3 2.8 2.7 4.2 4.7
EBITDA 602 590 576 674 649 ▲24 ▲3.7
※構成比と増減率の単位は%、EBITDA=経常利益+支払利息+減価償却費
9
2. 損益計算書(前四半期比)



営業利益の変動要因
(単位:百万円)
(単位:百万円) (前四半期比)
主な要因 金額
250

▲9 ▲2 6 3 売上原価の減少 ▲36
11
▲12▲25 減価償却費・リース料の減少 ▲25
200
販管費の増加
販売商品機材等の減少 ▲9
売上原価の減少
その他売上原価の減少 ▲2
150
売上高の減少 販管費の増加 20
広告宣伝費の増加 6
212 216
100
決済手数料の増加 3
その他販管費の増加 11
50




0
‘14/3期Q4 ‘15/3期Q1
営業利益 営業利益
10
3. サービス別売上高(前四半期比)


① 前四半期末で期間満了となった大口契約などによる影響
② 支援先ベンチャーの成長など「さくらのクラウド」が伸長
③ 前四半期にスポット売上が発生 (金額:百万円)
‘14/3期 ’15/3期 前四半期比
サービス名
Q1会計 Q2会計 Q3会計 Q4会計 Q1会計 増減額 増減率
ハウジング 805 790 794 728 685 ▲42 ▲5.9 ①
構成比 32.6 31.9 31.3 28.5 26.9
専用サーバ 694 671 657 657 662 4 0.7
構成比 28.1 27.1 26.0 25.7 26.0
レンタルサーバ 517 537 548 565 570 5 0.9
構成比 20.9 21.7 21.6 22.1 22.4
VPS・クラウド 260 286 319 360 412 52 14.5 ②
構成比 10.5 11.5 12.6 14.1 16.2
その他 195 192 214 247 215 ▲31 ▲12.6 ③
構成比 7.9 7.8 8.5 9.7 8.5
※1 構成比、増減率の単位は%
※2 当第1四半期より、サービス別売上高の分類変更を行っております。前事業年度まで「その他サービス」に分類していた機器販売など主たる
サービスとの関連性が高い一部のサービスを「ハウジングサービス」または「専用サーバサービス」として分類することといたしました。
このため、前事業年度の売上高につきましても、変更後の分類に組み替えております。 11
3. サービス別売上高(前四半期比)



売上高の変動要因
(単位:百万円) (前四半期比)
(単位:百万円)
2,600
主な要因 金額
2,580
① 大口契約の期間満了など ▲42
2,560 ▲31 ② さくらの専用サーバの成長
52 17
2,540 ▲42 ③ 旧サービス等の解約 ▲13
17 ▲13
2,520 5 ④ レンタルサーバの成長 5
2,500
① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑤ VPS・クラウドの成長 52

2,480
⑥ その他 ▲31
2,559
2,546
2,460

2,440

2,420

2,400
‘14/3期Q4 ‘15/3期Q1
売上高 売上高
12
4. ホスティングサービス 利用動向



(単位:件数) 利用中件数 (単位:円) 平均単価 (単位:円)
500,000 30,000 3,000
26,259

63,003 25,000 2,500
400,000
21,402

32,371 20,000 2,000
300,000
1,523 1,536
15,000 1,500

200,000 368,954
310,699 10,000 1,000

505 518
100,000
5,000 500

9,763 10,574
0 0 0
'12年12月




'13年12月




'12年12月




'13年12月



'14年6月
'12年6月

'12年9月



'13年3月

'13年6月

'13年9月



'14年3月

'14年6月




'12年6月

'12年9月



'13年3月

'13年6月

'13年9月



'14年3月
専用サーバ レンタルサーバ VPS 専用サーバ レンタルサーバ VPS

13
5. 貸借対照表



① 売上増加に伴う現金及び預金の増加
② 減価償却による減少
③ サービス申込みに伴う前受金の増加
④ 借入金返済、リース債務の支払いによる減少
(金額:百万円)

前期末 当期Q1末 前期末 当期Q1末
科目名 増減額 科目名 増減額
(‘14/3期) (‘15/3期) (‘14/3期) (‘15/3期)

流動資産 3,520 3,727 ① 206 流動負債 4,944 5,157 ③ 213
固定資産 10,344 10,142 ▲202 固定負債 5,436 5,151 ④▲285
(有形固定資産) 8,823 8,571 ②▲252 負債合計 10,381 10,308 ▲72
(無形固定資産) 983 1,019 35 純資産 3,484 3,560 76
(投資その他資産) 537 551 14 (株主資本) 3,484 3,560 76
資産合計 13,865 13,869 4 負債純資産合計 13,865 13,869 4


14
6. キャッシュ・フロー計算書(前四半期比)



① 税引前四半期純利益の積上げ、減価償却費の増加
② 借入金の返済、リース債務の支払いによる減少

(金額:百万円)
‘14/3期 ‘15/3期 前四半期比
項 目
Q1会計 Q2会計 Q3会計 Q4会計 Q1会計 増減額

営業CF 286 742 253 458 828 ① 369

投資CF ▲1,266 ▲368 ▲1,624 ▲212 ▲177 34

営業CF-投資CF ▲980 374 ▲1,371 246 650 403

財務CF 1,122 ▲546 1,264 ▲322 ▲401 ② ▲79

現金等の増加額 142 ▲172 ▲106 ▲75 248 324

現金等の残高 2,441 2,269 2,162 2,087 2,335


15
III. 事業トピック




16
1. VCファンドとの業務提携



スタートアップ企業のITインフラを提供し、未来のビッグベンチャーを支援

提携の内容

クラウドサービスやソーシャルサービス等の関連企業に投資支援を行っている
KLab Ventures株式会社の投資先企業を対象に、以下の支援プログラムを提供
① 当社サービスの無償提供(最大1年間)
② 当社エンジニアによる各種セミナーに招待


◆当提携の収益イメージ


成長期~ T



収入 ラ
創業期 の
支援 規

当社エンジニアによる講演 支援企業の事業ステージ



17
2. 当社サービスが補助金交付対象に登録



「さくらの専用サーバ」「さくらのクラウド」が、
経済産業省のクラウド化支援事業の補助金対象サービスに登録
⇒クラウド環境への移行費用に対し5分の1から3分の1が補助金として交付


顧客
経済産業省



交付委託 利用料支払 サービス提供
補助金交付




環境共創
イニシアチブ



18
3. ホスティングサービスの強化



顧客ニーズの変化に対応する機能強化、プラン改定の継続的実施

ストレージ用途に特化した「アドバンスドシリーズ」の新設など、
サーバの刷新
サーバシリーズを刷新(専用サーバサービス)

データの大幅な増加に対応する、大容量追加ディスクの提供(ク
大容量ディスク提供
ラウドサービス)


回線の帯域拡大 サーバとスイッチ間の回線帯域を拡大(クラウドサービス)


導入時の負担軽減を可能とするため、初期費用の有無を選択可能
支払プラン新設
とする支払いプランの新設(専用サーバサービス)

仮想プライベートネットワークを簡単に構築できるサービスを正
ベータサービスの提供 式リリース前に無償にてベータサービスとして提供(クラウド
サービス)




19
4. 石狩データセンター 近況


1号棟は、引き続き安定して高い稼働率を維持
2号棟は、1号棟での実績を踏まえ更に効率的な運用に注力



増設予定地




大口契約が期間満了となったた
ラック稼働率 め、今後は収益性の高いホス
92.2 % ティングサービスで活用検討
(‘14年6月末)

120 120 360ラック相当
250ラック 250ラック相当 ラック
ラック (倉庫)
相当

1号棟(500ラック相当) 2号棟(600ラック相当)
ホスティング・リモートハウジングの提供スペース
収容効率を20%向上させ、2号棟は600ラック規模
大規模ハウジング案件の提供スペース
20
5. 顧客動向(‘14年6月度)



小口顧客の売上構成比が高く、特定の業種に依存しない顧客構成

月額料金別データ
業種別
(売上構成比)
月額料金100万円以上の顧客数
9.6%
5.2%
1,000万円~
16
14.1% 500~1,000万円
100~500万円 12
100万円未満 7 8 7
6 6 6
71.1%
2

事業者数




Web



Web




ASP SaaS
EC
月額料金 シ ゲ 広 ホ そ
‘13年9月 ‘13年12月 ‘14年3月 ‘14年6月 ス ー 告 ス 関 の
テ サ ム 制 テ 連 ・ 他
ム ー ・ 作 ィ
1,000万円~ 5 4 5 5 開 ビ ア ・ ン
発 ス プ コ グ
提 リ ン ・


(SIer)
500~1,000万円 10 9 9 6 供 サ ク
ル ラ
100~500万円 ウ
54 58 56 59 ド


21
IV. 今後の取り組み




22
1. パートナーシップの強化


これまで当社がリーチできなかった顧客や、ニーズに応えきれなかった
顧客へのサービス提供のため、パートナーシップの強化を実施
また、当社の成長機会になりうる領域での優良企業との資本・業務提携
を行い、提携先企業とともに規模拡大を目指す


ビジネスパートナー制度の開始 優良ベンチャー企業との資本・業務提携




画像解析によるビッグデータ分析等を行う
株式会社ABEJAとの資本・業務提携
Copyright ©株式会社ABEJA. All rights reserved.



23
2. ベンチャー支援プログラムの強化



各種サーバサービスの提供、セミナーの共催など支援プログラムの提供
により、ベンチャー企業の成長をサポート
⇒起業時から事業に集中することが可能となり、プログラム終了後には
順調に規模拡大し、当社とともに成長する事例が出てきている

株式会社メルカリ 様 スマートニュース株式会社 様
(フリマアプリ) (ニュース情報アプリ)




Copyright © Mercari, Inc. All Rights Reserved. Copyright © 2014 SmartNews, Inc.
24
3. 付加価値の高いサービスの強化



付加価値の高いホスティング・クラウドサービスの比率を一層強化していく
(単位:百万円) サービス別売上高の推移(直近3年間)
3,000


VPS・クラウドは
順調に成長
2,000
レンタルサーバは
着実に増加

1,000 専用サーバは下げ
止まる

その他サービス

0 VPS・クラウドサービス
レンタルサーバサービス
専用サーバサービス
ハウジングサービス
25
4. 推進体制の強化


7月1日から一部の組織を機能軸からサービス軸に変更し、売上高の持続
的成長とコストの最適化を加速する体制に


プラット インターネッ
フォーム トサービス
企 開 運
画 発 用
企画・開発 企画・開発
・運用 ・運用




プラットフォーム事業部 インターネットサービス事業部
(専用サーバ・VPS・クラウドのインフラサービス) (レンタルサーバ・クラウドの上位サービス)

・ユーザのニーズや利用環境に合わせ、 ・インターネットサービスの新規開発、
上位サービスへの移行や複数サービ 機能の強化
スの利用をシームレスに可能とする
環境を提供 ・レンタルサーバサービスの開発力強化
と継続的バージョンアップ
・サービス群の企画・開発・運用を一
気通貫で機動的に動かし、PDCAを
高回転で実施

26
Ⅴ.業績予想の修正




27
1. 第2四半期(累計)業績予想の修正


平成27年3月期 第2四半期累計期間の利益を上方修正

・売上高:
ハウジングサービスが厳しいものの、VPS・クラウドサービスを中心に
順調であるため、予想を据え置き

・経費:
人件費や手数料などの未発生分、電力費・広告宣伝費などのコスト削減
により、当初予想よりも減額が見込まれる
(金額:百万円)
Q2(累計)予想数値 増減 (B-A)
科目名 前Q2実績
前回発表 (A) 今回発表 (B) 金額 増減率

売上高 5,070 5,070 ー ー 4,952

営業利益 250 330 80 32.0 380

経常利益 180 270 90 50.0 338

四半期純利益 100 170 70 70.0 176

28
1. 第2四半期(累計)業績予想の修正


業績予想の変動要因
(Q2累計)
(単位:百万円)
(単位:百万円)
350
▲6 ▲3 主な要因 金額
▲23
▲9 売上原価の減少 ▲48
▲15 ▲4
300
▲20 人件費 ▲20
250
販管費の減少 電力費 ▲15
200 パーツ類等の消耗品費 ▲4
売上原価の減少
330 その他売上原価 ▲9
150
250
販管費の減少 ▲32
100 広告宣伝費 ▲23
手数料 ▲6
50
その他販管費 ▲3
0
当初予想 修正後予想
営業利益 営業利益
(Q2) (Q2)
29
※ 当資料に掲載されている業績予想などは、資料作成時点における弊社の判断に基づいてお
り、その情報の正確性を保証するものではありません。
さまざまな要因により、当資料記載の業績予想とは異なる結果となりうることをご承知おき下
さい。




■IRに関するお問い合わせ先
さくらインターネット株式会社 東京支社
Tel :03-5332-7077
E-mail :ir@sakura.ad.jp
担当 :岩田

30

Origin: 2015年3月期第1四半期決算説明会資料

さくらインターネットの株価 »