平成23年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

4733 オービックビジネスコンサルタント

 2010年10月27日14時30分


平成23年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
平成22年10月27日
上場会社名 株式会社 オービックビジネスコンサルタント
コード番号 4733
URL http://www.obc.co.jp
代表者
(役職名) 代表取締役社長
(氏名) 和田 成史
問合せ先責任者 (役職名) 専務取締役管理本部長兼管理部長
(氏名) 和田 弘子
四半期報告書提出予定日
平成22年11月10日
配当支払開始予定日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無
: 有 (アナリスト向け)

上場取引所

東 

TEL 03-3342-1881
平成22年11月26日

(百万円未満切捨て)

1.  平成23年3月期第2四半期の業績(平成22年4月1日~平成22年9月30日)
(1) 経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

百万円



百万円



百万円



7,993
7,558

23年3月期第2四半期
22年3月期第2四半期



5.8
△1.4

3,250
2,635

23.3
51.4

3,508
2,889

21.4
△21.9

1,987
1,641

21.0
△15.3

潜在株式調整後1株当たり四半期
純利益

1株当たり四半期純利益
円銭

23年3月期第2四半期
22年3月期第2四半期

円銭

105.50
87.15




潜在株式調整後1株当たり四半期純利益は、希薄化効果を有しないため記載しておりません。

(2) 財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

23年3月期第2四半期
22年3月期
(参考) 自己資本  

1株当たり純資産

百万円

円銭

63,243
89.3
62,946
86.6
22年3月期  62,946百万円

70,856
72,728
23年3月期第2四半期  63,243百万円



3,357.12
3,341.36

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

22年3月期
23年3月期
23年3月期
(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計
円銭



40.00
40.00

円銭

40.00

80.00






円銭

40.00

80.00

(注)当四半期における配当予想の修正有無  無
3.  平成23年3月期の業績予想(平成22年4月1日~平成23年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益

百万円



百万円



百万円



円銭

通期
16,500
4.8
6,700
(注)当四半期における業績予想の修正有無  無

4.0

8,050

6.0

4,700

8.2

249.49

4.  その他 (詳細は、【添付資料】3ページ「2.その他の情報」をご覧ください。)
(1) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用  有
(注)簡便な会計処理及び四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用の有無となります。

(2) 会計処理の原則・手続、表示方法等の変更
① 会計基準等の改正に伴う変更

② ①以外の変更

(注)「四半期財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更」に記載される四半期財務諸表作成に係る会計処理の原則・手続、表示方法等
の変更の有無となります。

(3) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

23年3月期2Q  20,176,000株
23年3月期2Q  1,337,443株
23年3月期2Q  18,838,561株

22年3月期  20,176,000株
22年3月期 
1,337,424株
22年3月期2Q  18,839,556株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期報告書のレビュー手続きの対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品
取引法に基づく四半期報告書のレビュー手続きを実施しています。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
(将来に関する記述等についてのご注意)
業績予想につきましては、当社が現時点で入手可能な情報による判断、仮定および確信に基づくものであり、実際の業績は、今後経済情勢、事業運営に
おける様々な状況変化によって、予想数値と異なる場合があります。なお、上記予想に関する事項は添付資料3ページをご参照ください。

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

○添付資料の目次
1.当四半期の業績等に関する定性的情報 …………

2

(1)経営成績に関する定性的情報 …………

2

(2)財政状態に関する定性的情報 …………

2

(3)業績予想に関する定性的情報 …………

3

2.その他の情報 …………

3

(1)簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要 …………

3

(2)会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要 …………

3

3.四半期財務諸表 …………

4

(1)四半期貸借対照表 …………

4

(2)四半期損益計算書 …………

6

(3)四半期キャッシュ・フロー計算書 …………

7

(4)継続企業の前提に関する注記 …………

8

(5)セグメント情報 …………

8

(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………

8

(7)その他注記情報 …………

8

4.補足情報 …………

9

四半期販売の状況 …………

9

1

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

1.当四半期の業績等に関する定性的情報
(1)経営成績に関する定性的情報
当第2四半期累計期間(平成22年4月1~平成22年9月30日)におけるわが国経済は、世界経済の回復の遅れに
加え、円高の進行や株価の低迷など金融市場における先行きの不透明感から、回復基調にも減速傾向が見られ、企
業を取り巻く環境も依然厳しい状況が続いております。
情報サービス産業においては、企業のIT投資意欲は最悪を脱し改善傾向が見られるものの、先行きの不透明感
もあり、IT投資に対して慎重姿勢は崩さない状況にあります。企業のニーズは必要最小限の投資で業務の効率化
を実現することであり、導入の容易さや将来の企業規模・業務内容の拡大への対応を容易にする拡張性のあるシス
テムが求められています。
このような状況の中で、当社は「顧客第一主義」の徹底を念頭に置き、企業のニーズに合致する製品の提供、ま
た、導入後のサポート体制の強化を通じてお客様の満足度の向上に努めてまいりました。
主な取り組みとして、中小企業向けのインターネット技術との融合を図った「奉行iシリーズ」、成長・中堅企
業向けERPパッケージ「奉行V ERPシリーズ」など製品群を充実させ、幅広い層の企業を対象にした営業活
動を展開してまいりました。OBC製品情報のポータルサイト「奉行クリック」の内容の充実や各種セミナーや相
談会を通じて新規ユーザーの開拓および既存ユーザーへのシステム拡張提案を積極的に行ってまいりました。
このような活動の結果、第2四半期累計期間における業績は次の通りとなりました。
売上高は、関連製品(他社ソリューション等)及びサービスは減少したものの、ソリューションテクノロジー
(奉行シリーズ製品)が順調に売上を伸ばし、79億93百万円(前年同期比5.8%増)となりました。
損益面については、一般管理費等のコスト削減を実施した結果、営業利益は32億50百万円(同23.3%増)となり
ました。経常利益35億8百万円(同21.4%増)、四半期純利益19億87百万円(同21.0%増)の主な要因としては、
営業利益の増加及び受取配当金等の増加によるものであります。
(2)財政状態に関する定性的情報
①資産、負債及び純資産の状況
当第2四半期会計期間末における総資産は、708億56百万円となり、前事業年度末比18億71百万円の減少となり
ました。その主な要因は、売掛金の減少12億94百万円、投資有価証券の減少16億22百万円等によるものでありま
す。
なお、純資産額は、前事業年度末に比べ2億96百万円増の632億43百万円となり、自己資本比率は89.3%となり
ました。
②キャッシュ・フローの状況
当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物は(以下「資金」という。)は306億14百万円となり、前
事業年度末と比較して11億77百万円の減少となりました。
当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は、24億2百万円(前年同期は38億74万円の収入)となりました。主なプラス要因
は、税引前四半期純利益33億27百万円、売上債権の減少額12億58百万円等であり、主なマイナス要因は、法人税等
の支払額23億71百万円、受取利息及び受取配当金8億20百万円等によるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果使用した資金は、28億14百万円(前年同期は11億円の支出)となりました。主なマイナス要因
は、投資有価証券の取得による支出78億52百万円、有価証券の取得による支出26億94百万円等であり、主なプラス
要因は、投資有価証券の売却による収入66億26百万円等によるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は、7億54百万円(前年同期は7億66百万円の支出)となりました。主な要因は、
配当金の支払額7億53百万円等によるものであります。

2

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

(3)業績予想に関する定性的情報
当第2四半期の売上高は、当初の計画どおり推移しており、平成22年4月26日に公表いたしました業績予想数値
に変更はありません。
第3四半期以降につきましても、引き続き企業を取り巻く環境は厳しい状況であると予想されますが、一方でイ
ンターネット技術を介したサービス(クラウドコンピューティング)が加速し、これまで遅れていた中小企業やサ
ービス業などの情報技術化が期待されます。当社におきましても、インターネット技術との融合を図った製品「奉
行iシリーズ」の売上等により、当初の計画どおりに推移する見通しであります。 

2.その他の情報
(1)簡便な会計処理及び特有の会計処理の概要
1.一般債権の貸倒見積高の算出方法は、当第2四半期会計期間末の貸倒実績率等が前事業年度末に算出したもの
と著しい変化がないと認められるため、前事業年度の貸倒実績率等を使用して貸倒見積高を算定しておりま
す。
2.固定資産の減価償却費の算定方法は、固定資産の年度中の取得、売却及び除外等の見積を考慮した予算を策定
するため、当該予算に基づく年間償却予定額を期間按分する方法としております。
(2)会計処理の原則・手続、表示方法等の変更の概要
・会計処理基準に関する事項の変更
資産除去債務に関する会計基準の適用
第1四半期会計期間より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号 平成20年3月31日)及
び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用し
ております。
これにより、当第2四半期累計期間の営業利益及び経常利益は3,128千円、税引前四半期純利益は38,915千円
減少しております。また、当会計基準等の適用開始による資産除去債務の変更額は83,510千円であります。

3

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

3.四半期財務諸表
(1)四半期貸借対照表
(単位:千円)
当第2四半期会計期間末
(平成22年9月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形
売掛金
有価証券
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
前払費用
繰延税金資産
関係会社短期貸付金
未収入金
その他
貸倒引当金

前事業年度末に係る
要約貸借対照表
(平成22年3月31日)

30,624,525
186,440
2,788,002
1,973,731
117,080
647
61,392
56,623
269,398

3,391
4,348
△12,774
36,072,809
282,545
145,839

資産合計

4

36,021,099

70,856,986

固定資産合計

31,618,647
41,043
1,382,027


1,300,000
469,376
93,830
184,517
8,029
557,295
△96,518
35,558,247

34,784,176

投資その他の資産合計

286,523
176,327

29,996,445
41,043
1,263,747
118,280
104,900
800,000
467,045
92,130
324,517
32,325
1,356,349
△240,993
34,355,791

流動資産合計
固定資産
有形固定資産
無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
関係会社株式
関係会社出資金
関係会社長期未収入金
長期未収入金
長期預金
敷金及び保証金
会員権
関係会社長期貸付金
破産更生債権等
繰延税金資産
貸倒引当金

31,801,943
150,431
4,082,549

117,000
983
59,444
56,623
269,545
120,000
57,568
7,964
△17,148
36,706,907

72,728,007

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

(単位:千円)
当第2四半期会計期間末
(平成22年9月30日)
負債の部
流動負債
買掛金
未払金
未払費用
未払法人税等
未払消費税等
預り金
前受収益
役員賞与引当金
その他

前事業年度末に係る
要約貸借対照表
(平成22年3月31日)

190,668
448,330
615,393
1,395,174
98,563
62,792
3,995,460
25,000
15,746
6,847,131
682,497
84,044
766,541

評価・換算差額等合計
純資産合計
負債純資産合計

5

62,946,437

70,856,986

評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金

2,397,828
2,397,828

63,243,313

株主資本合計

10,519,000
18,949,268
36,248,098
△5,167,758
60,548,608

1,460,967
1,460,967

純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

9,781,569

10,519,000
18,949,268
37,481,933
△5,167,855
61,782,345

固定負債合計
負債合計

648,004

648,004

7,613,673

流動負債合計
固定負債
退職給付引当金
資産除去債務

216,327
1,199,077
475,369
2,265,340
148,443
51,459
4,707,618
45,000
24,928
9,133,565

72,728,007

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

(2)四半期損益計算書
(第2四半期累計期間)
(単位:千円)
前第2四半期累計期間
(自 平成21年4月1日
至 平成21年9月30日)
売上高
売上原価

当第2四半期累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年9月30日)

7,558,460
1,264,287
6,294,173

7,993,947
1,330,726
6,663,220

3,658,182
2,635,991

3,412,748
3,250,472

6,796
15,864
596,601
241,165

860,428

7,757
12,903
799,571
327,034
27,006
1,174,274


77,375
285,059

219,981
24,129
606,546

4,141
425,869
393,876
53,598

39,076
916,561

2,889,873

3,508,186





31,800
55,200
2,812
36,600



126,412

23,000



1,700
35,786
120,000
180,486

税引前四半期純利益

2,763,461

3,327,699

法人税、住民税及び事業税
過年度法人税等
法人税等調整額
法人税等合計

1,329,946

△208,422
1,121,524

1,333,346
168,186
△161,211
1,340,321

四半期純利益

1,641,937

1,987,377

売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
営業外収益
受取利息
有価証券利息
受取配当金
投資有価証券売却益
その他
営業外収益合計
営業外費用
有価証券売却損
投資有価証券売却損
投資事業組合運用損
有価証券評価損
投資有価証券評価損
その他
営業外費用合計
経常利益
特別利益
特別利益合計
特別損失
投資有価証券評価損
関係会社株式評価損
固定資産除却損
役員退職慰労金
会員権評価損
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
関係会社貸倒引当金繰入額
特別損失合計

6

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

(3)四半期キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期累計期間
(自 平成21年4月1日
至 平成21年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税引前四半期純利益
減価償却費
退職給付引当金の増減額(△は減少)
役員賞与引当金の増減額(△は減少)
貸倒引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
有価証券売却損益(△は益)
投資有価証券売却損益(△は益)
有価証券評価損益(△は益)
投資有価証券評価損益(△は益)
関係会社株式評価損
会員権評価損
有形固定資産除却損
投資事業組合運用損益(△は益)
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
未払消費税等の増減額(△は減少)
未払費用の増減額(△は減少)
前受収益の増減額(△は減少)
その他

当第2四半期累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年9月30日)

2,763,461
120,000
25,310

19,000
△619,263

△163,789

251,781
55,200

2,812
285,059
1,867,917
△13,132
△97,932
64,267
△295,741
△833,725
331,745
3,762,969
623,745
△512,045
3,874,669

財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物に係る換算差額
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
現金及び現金同等物の期首残高
現金及び現金同等物の四半期末残高

7

△11,879
△1,177,418

29,829,668
31,826,371

投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
配当金の支払額
自己株式の取得による支出

△753,906
△97
△754,004

△10,897
1,996,702

営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
有価証券の取得による支出
有価証券の売却による収入
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の売却による収入
関係会社貸付金の回収による収入
関係会社貸付けによる支出
定期預金の払戻による収入
有形固定資産の取得による支出
無形固定資産の取得による支出
敷金及び保証金の回収による収入
敷金及び保証金の差入による支出

△2,694,140
662,659
△7,852,681
6,626,890
20,000
△40,000
500,000
△7,948
△31,212
4,205
△1,874
△2,814,102

△753,442
△13,074
△766,517

利息及び配当金の受取額
法人税等の支払額

824,518
△2,371,699
2,402,568



△1,823,493
747,744
100,000
△100,000

△478
△41,057
20,896
△4,163
△1,100,551

小計

3,327,699
122,594
34,492
△20,000
140,100
△820,233
4,141
98,834
53,598
23,000

1,700

393,876
1,258,485
△1,692
△25,658
△49,880
△315,030
△712,158
435,879
3,949,749

31,791,943
30,614,525

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

(4)継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。
(5)セグメント情報
当社は、パッケージソフトウェア事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
(追加情報)
第1四半期会計期間より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)
及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)を適
用しております。 
(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。
(7)その他注記情報
(四半期損益計算書関係)
当第2四半期累計期間(自

平成22年4月1日



平成22年9月30日)

※販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
広告宣伝費

263,275千円

給与・賞与

931,221千円

退職給付費用

22,902千円

賃借料

194,144千円

研究開発費

941,296千円

8

㈱オービックビジネスコンサルタント(4733)平成23年3月期第2四半期 決算短信(非連結)

4.補足情報
当社の事業活動は、パッケージソフトウェアの開発・販売と、保守・導入指導等のサービスの提供が一体となって
始めて顧客のもとで機能するものであります。これらの事業活動は、研究開発活動、営業活動ともに密接不可分なも
のであるため、パッケージソフトウェア事業の単一セグメントとしております。つきましては、補足情報として、品
目別に「プロダクト」(ソリューションテクノロジー及び関連製品)と「サービス」についての販売実績を下記のと
おり開示いたします。
四半期販売の状況
(単位:千円・%)
前第2四半期累計期間
当第2四半期累計期間
(自 平成21年4月1日
(自 平成22年4月1日
至 平成21年9月30日)
至 平成22年9月30日)

 

売上高
プロダクト

構成比

売上高

構成比

前年同期比較
増減額

同期比

3,871,918

51.2

4,317,303

54.0

445,384

11.5

 

ソリューションテクノロジー

2,231,998

29.5

2,765,343

34.6

533,344

23.9

 

関連製品

1,639,920

21.7

1,551,960

19.4

△87,959

△5.4

3,686,541

48.8

3,676,644

46.0

△9,897

△0.3

7,558,460

100.0

7,993,947

100.0

435,487

5.8

 

サービス




9


Origin: 平成23年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

オービックビジネスコンサルタントの株価 »