平成23年3月期決算説明会資料1/2

4747 e−まちタウン

 2011年05月16日17時30分


16期 2011年
16期 2011年3月期
(2010年4月~2011年3月)
2010年
2011

連結決算説明資料
e-まちタウン株式会社

弊社サイトへはこちらから
http://corp.emachi.co.jp/
http://www.emachi.co.jp/

1

(コーポレートサイト:PC)
(サービスサイト:PC/モバイル)

東証マザーズ4747
4747
2011
2011年5月16日
16日

1.16期(2011年3月期)連結業績概要・・・・・・・・・・・P 3
2.セグメント別状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P 8
3.16期の主なトピックス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P13
4.17期(2012年3月期)連結業績予想・・・・・・・・・・・P15
5.今後のビジョン・事業戦略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P17
6.参考資料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P20

2

1.16期(2011年3月期)
連結業績概要

3

16期(2011年3月期)第3四半期 連結業績概要

16期(2011年3月期) 連結業績サマリー
①2011年3月期
上半期実績
(単位:百万円)

②2011年3月期
下半期実績

③2011年3月期
実績

④2011年3月期
当初計画※

(10年4月~10年9月)

(10年10月~11年3月)

(10年4月~11年3月)

(10年4月~11年3月)

4,305

5,835

10,140

10,000

営業利益

498

549

1,047

1,100

経常利益

465

313

778

900

当期純利益

196

▲35

161

300

売上高

2011年 月期につきましては 売上高は想定を上回ったものの
につきましては、
ったものの、
2011年3月期につきましては、売上高は想定を上回ったものの、
利益については諸要因により当初計画を下回りました
については諸要因により当初計画
りました。
利益については諸要因により当初計画を下回りました。
①SBMグルメソリューションズ㈱の子会社化等、積極的な事業拡大により売上高は増加
②将来収益性の高い事業において、コスト負担を先行させたため、営業利益は減少
③2011年3月11日発生した東日本大震災の影響による市場の変化を受けて事業を見直し、収益が見込めなくなった事業用資産を除却
するとともに、投資先企業の評価を積極的に見直し減損会計を適用したこと等により、特別損失442百万円を計上
※2010年3月期は決算期変更(9月から3月)による6ヶ月間の変則決算のため、前期比較をしておりません。
※2011年2月8日時点の業績予想数値

4

16期(2011年3月期) 連結業績概要

連結業績四半期推移
売上高

営業利益

(百万円)

(百万円)

経常利益

当期純利益

(百万円)

(百万円)

5

16期(2011年3月期) 連結業績概要

連結貸借対照表の概要
2010年3月期

2010年3月期

2011年3月期
構成比

( 単位:百万円 )

(10年3月時点)

(11年3月時点)

(%)

2011年3月期

(10年3月時点)

(11年3月時点)

構成比
( 単位:百万円 )

(%)

5,985

現金及び預金

4,550

44.0%

流動負債

1,258

2,339

22.6%

買掛金

流動資産

447

817

7.9%

4,737

275

991

9.6%

2,006

19.4%

短期借入金

116

179

1.7%

136

1.3%

その他の流動負債

535

351

3.4%

固定負債
繰延税金資産(流動)

未払金

3

商品

18.2%

774

売掛金

1,886

60

-

-

60

-

-

-

-

-

負債合計

1,318

2,339

22.6%

株主資本

7,455

7,405

70.5%

評価・換算差額等

▲ 38

▲111

▲1.1%

新株予約権

159

194

1.9%

少数株主持分

150

517

5.0%

純資産合計

7,727

8,007

77.4%

負債・純資産合計

9,045

10,346

100.0%

26

26

0.3%

長期借入金

その他の流動資産

452

529

5.1%

その他の固定負債

貸倒引当金(流動)

▲5

▲35

▲0.3%

3,060

5,796

56.0%

有形固定資産

74

60

0.6%

のれん

70

1,954

18.9%

232

324

3.1%

投資その他の資産

2,683

3,458

33.4%

総資産

9,045

10,346

100.0%

固定資産

その他の無形固定資産

財務体質の健全性を維持

6

16期(2011年3月期) 連結業績概要

自己資本比率約70.5%

連結キャッシュフロー概要
(単位:百万円)

2011年3月期
(主な項目)

(10年4月~11年3月)

営業活動によるCF

338

投資活動によるCF

▲3,122

財務活動によるCF

▲162

フリーキャッシュフロー

投資有価証券の取得による支出▲2,487
子会社株式取得の支出▲1,085
配当金の支払いによる支出▲226
短期借入金の返済による支出▲86
短期借入れによる収入150

▲2,784

現金及び現金同等物の増減額

法人税の支払による支出▲588
税金等調整前当期純利益581
持分法による投資損益213

▲2,946

現金及び現金同等物の期首残高

4,842

現金及び現金同等物の期末残高

1,890

※フリーキャッシュフロー:営業活動によるCF+投資活動によるCFで計算しています。
※2010年3月期は6ヶ月の変則決算のため、前期比較はしておりません。

子会社株式の取得など、当期も新規事業への積極的な投資を実行いたしました。

7

16期(2011年3月期) 連結業績概要

2.セ グ メ ン ト 別 状 況

8

セグメント別状況

e-まちタウンの事業セグメント

業種特化型中小企業向け
ソリューションの提案

インターネット広告販売

メディア広告
事業
サイト運営
(自社メディア)

ソリューション
事業

①モバイル広告事業
②メディア事業

システム開発・ホスティング・モバイ
ルリサーチサービスの提案

e-まちタウンは2つの事業セグメントに分けられ、モバイル広告事業、メディア事業、
ソリューション事業という3つの事業ドメインを中心に事業展開しております。

9

セグメント別状況

セグメント別業績サマリー

営業利益

売上高

メディア

ソリューション

メディア

ソリューション

事業

事業

事業

事業

54.2%

45.8%

47.8%

52.2%

メディア広告

ソリューション

※円グラフの比率に関しては、全社消去を除いた合計値での比率となっております。

(単位:百万円)

メディア広告事業
メディア広告事業
売上高

ソリューション事業
ソリューション事業

全社消去

合 計

5,536

▲76

10,140

571

営業利益

4,680
623

▲148

1,047

(注)当期より、主要セグメントを従来の3区分のメディア広告事業、サーバー事業、ソリューション事業から、2区分のメディア広告事業、ソリューション事業に変更致しました。
また、前連結会計年度は、決算期変更により平成21年10月1日~平成22年3月31日までの6ヶ月間の変則決算であったため、対前年同期比較については記載しておりませ
ん。

10

セグメント別状況

メディア広告事業について
売上高 5,536百万円

2011年3月期

営業利益 571百万円

大手広告代理店によるモバイル広告事業への本格参入で競争激化した中で、生産性向上と営業力強化
を図り、継続して新規媒体の開拓とクライアントの獲得に努めて参りました。また、本格的に普及が始まっ
たスマートフォンへの広告手法の対応という新たなビジネスチャンスも生まれ、堅調に推移しました。
会員数 約27万5千人
タウンサイト数 全国318タウン

取扱クライアント数NO.1
2,272社(第3四半期比1.4%増)

地域ポータルサイト
インターネット
広告代理店サービス

・大手広告代理店によるモバイル
広告への本格参入で競争激化
・人員の補強による新規クライアン
トの獲得新規クライアント数は堅調
に推移

会員数 約55万人
加盟宿泊施設 全国8,518軒

ビジネスホテル宿泊サイト

メディアレップの広告枠
のプランニングサービス

モバイルメディア取扱数
4,432媒体(第3四半期比3.9%増)
取扱想定PV
月間約400億PV

・取扱メディア数は堅調に推移
・自社媒体、専売媒体の開発、開
拓に特化

※数字は2011年3月末現在

11

セグメント別状況

・ビジネスリスティングなど自社の新サービス提供や
幼稚園イベントの開催により利益拡大
・会員数は堅調に推移

・モバイル版「ベストリザーブ」サイトリニューアル
・au・softbankで公式化

ユニークユーザ数 約90万人
会員数 約2万6千人

結婚情報ポータルサイト

・Eコマース部門業務改革による大幅な収益改善
・ブライダル関連広告ならびに送客における収益増


ソリューション事業について
売上高 4,680百万円
百万円

2011年3月期

営業利益 623百万円

法人向けについては、一部のソリューション事業におきまして商品やサービスの再編や組織改編などを
行いました。また、SBMグルメソリューション㈱の子会社化により、その第4四半期の売上・利益を取込ん
だ結果、増収増益となりました。

加盟クライアント数
約52,000店舗
EPARK登録会員数
約420万人

飲食業界向け
ソリューションサービス

アミューズメント向け
ソリューションサービス

不動産向け
ソリューションサービス

・2011年2月に子会社化
・全国30地域でパートナー
シップを展開

・EXAM、MARKSなどア
ミューズメント関連商材の獲
得が順調に推移

モバイルリサーチサービス

・2011年3月に持分の一部譲渡したため
連結グループから外れました

システム開発
ソリューションサービス

・不動産物件検索デジタル
サイネージ商材「窓タッチ」
事業再構築中

※数字は2011年3月末現在

12

・モバイルモニターを利用したリサーチ案件と
プロモーション案件の受注件数が順調に推移

セグメント別状況

ホスティングサービス

・顧客数は微減しているものの、
顧客あたりの単価上昇および
解約率防止のためのサポート強化による
利益確保


Origin: 平成23年3月期決算説明会資料1/2

e−まちタウンの株価 »