平成24年3月期第2四半期決算説明資料

4747 e−まちタウン

 2011年11月09日15時30分


2012
月期第2
17期 2012年3月期第2四半期

連結決算説明資料
e-まちタウン株式会社

当社サイトへはこちらから
http://corp.emachi.co.jp/
http://www.emachi.co.jp/

1

(コーポレートサイト:PC)
(サービスサイト:PC/モバイル)

東証マザーズ4747
4747
2011 11月
2011年11月9日

1.17期(2012年3月期第2四半期)連結業績概要

P 3

2.事業分野

P 9

3.業績見通し

P19

2

1.17期(2012年3月期第2四半期)
連結業績概要

3

2012年3月期 上期ハイライト および直近の状況
2012年
上期ハイライト および直近の
直近

トピック

株式会社ブリックス株式取得 (0%→35.03%)

4月28日

株式会社アットパーティ売却 (52.65%→0%)

10月3日

株式会社ORIMO一部株式譲渡 (51.00%→39.00%)

10月3日

4

6,999百万円

4月15日
子会社の異動

売上高

前年同期 4,305百万円 +62.6%

株式会社結婚準備室一部株式譲渡 (95.05%→35.05%)

連結業績サマリー
17期(2012年3月期) 上期連結業績サマリー
(2012
月期) 上期連結業績
2010年3月期
(単位:百万円)

4月-9月

2012年3月期

4月-9月

前年同期比

通期計画数値 対通期進捗率

4,305

6,999

62.6%

14,000

50.0%

営業利益

498

325

▲ 34.7%

600

54.2%

経常利益

465

77

▲ 83.8%

150

51.3%

当期純利益

196

▲ 14

-

▲ 270

-

売上高

※2012年3月期通期計画および2012年3月期第2四半期予想は、11月8日に業績予想の修正をしております。

2012年3月期第2四半期につきましては、売上高は前年同期を大きく上回りました。営業利益以下は前年
同期を下回りましたが、将来収益の積み増しを目的としたコスト先行型のビジネスモデルによるものです。
1.
2.
3.
4.

売上高 :全体的に順調に推移しております。
営業利益 :将来収益性の高いソリューション事業において、コスト負担を先行させたため、販管費が増大しました。
経常利益 :持分法による投資損失213百万円(8月9日発表の持分法投資損失117百万円を含む)を計上しました。
当期純利益:過去の事業投資先の評価の見直しを行い、有価証券評価損68百万円、固定資産除却損19百万円、5月18日発表の子会社
売却損22百万円を含む、特別損失114百万円を計上しました。

5

連結業績四
連結業績四半期推移
(百万円)

(百万円)

6

売上高

経常利益

(百万円)

(百万円)

営業利益

当期純利益

連結貸借対照表の
連結貸借対照表の概要
2012年3月期 2012年3月期
第2四半期
第1四半期末
( 単位:百万円 )

(11年6月時点)

(11年9月時点)

構成比
(%)

2012年3月期
第1四半期末
( 単位:百万円 )

構成比

(11年6月時点)

(11年9月時点)

(%)

3,872

3,901

40.5%

1,992

1,988

20.7%

買掛金

流動資産

流動負債

2012年3月期
第2四半期

691

668

6.9%

現金及び預金

1,661

1,479

15.4%

未払金

776

862

9.0%

売掛金

1,650

1,911

19.8%

短期借入金

179

100

1.0%

102

102

1.1%

その他の流動負債

346

357

3.7%

固定負債

0

0

0

長期借入金

0

0

0

その他の固定負債

0

0

0

商品
繰延税金資産(流動)

26

26

0.3%

その他の流動資産

462

410

4.3%

貸倒引当金(流動)

▲ 31

▲ 29

▲ 0.3%

負債合計

1,992

1,988

20.7%

固定資産

5,812

5,728

59.5%

株主資本

7,185

7,278

75.6%

65

66

0.7%

▲ 192

▲ 277

▲ 2.9%

1,892

1,832

19.0%

新株予約権

201

93

1.0%

345

369

3.8%

少数株主持分

498

547

5.7%

投資その他の資産

3,508

3,460

35.9%

純資産合計

7,692

7,641

79.3%

総資産

9,685

9,630

100.0%

負債・純資産合計

9,685

9,630

100.0%

有形固定資産
のれん
その他の無形固定資産

評価・換算差額等

財務体質の健全性を維持 固定負債 0 自己資本比率約72.7%

7

連結キャッシュフロー概要
連結キャッシュフロー概要
キャッシュフロー
2011年3月期
第2四半期累計

2012年3月期
第2四半期累計

(10年4月~10年9月)

(単位:百万円)

(11年4月~11年9月)

(主な項目)
税金等調整前第2四半期当期純利益90
売上債権の減少53

営業活動によるCF

96

345

投資活動によるCF

▲ 1,240

▲ 532

投資有価証券の取得による支出▲474

財務活動によるCF

▲ 199

▲ 192

配当金の支払いによる支出▲113

フリーキャッシュフロー

▲ 1,143

▲ 187

営業活動によるCF345
+投資活動によるCF▲532

現金及び現金同等物の増減額

▲ 1,343

▲ 379

財務活動によるCF▲192
+フリーキャッシュフロー▲187

現金及び現金同等物の期首残高

4,842

1,890

現金及び現金同等物の期末残高

3,493

1,510

期首残高1,890+増減額▲379

※フリーキャッシュフロー:営業活動によるCF+投資活動によるCFで計算しています。

投資先を精査し、事業の選択と集中を行いました。

8

2.事業分野

9

e-まちタウンの事業分野
まちタウンの
タウン

当社グループのセグメントは以下の3区分です。
SBMグルメ
ソリューションズ㈱

混雑店を携帯などで予約できるサービス

㈱GOLUCK

アミューズメント向けソリューションサービス

㈱エステート
ソリューション

不動産向けソリューションサービス

ソリューション事業

e-まちタウン㈱

e-まちタウン㈱

地域情報ポータルサイト運営

㈱ベストリザーブ

ビジネスホテル予約サイト運営

SBMグルメ
ソリューションズ㈱

メディア事業

ホスティングサービス

「Yahoo!ロコ」代理店

㈱ファーストチャージ

広告代理事業

10

㈱ファイブエニー

インターネット広告代理店サービス
広告枠プランニングサービス

セグメント別前期比較
セグメント別前期比較
売上高

(単位:百万円)
2011年7月-9月

セグメント

実績

構成比

2011年4月-6月

1Q比

実績

構成比

1,876

53.4%

▲ 1.8%

1,910

54.9%

541

15.4%

0.2%

540

15.5%

広告代理事業

1,098

31.2%

6.5%

1,031

29.6%

合計

3,516

100.0%

1.0%

3,483

100.0%

ソリューション事業
メディア事業

営業利益
2011年7月-9月

セグメント
実績
ソリューション事業
メディア事業
広告代理事業
連結調整額
合計

11

構成比

2011年4月-6月

1Q比

実績

構成比

176

74.9%

138.4%

73

41.6%

▲ 15

▲ 6.4%

▲ 168.2%

22

12.5%

73

31.5%

▲ 9.4%

81

46.0%

▲ 39

-

-

▲ 47

-

195

-

50.0%

130

-

ソリューション事業
ソリューション事業 イーパーク
繁忙店をターゲットに順番待ち予約サービスを提供
特許取得

特許第4486221号

(店舗)

12

(万人)

ソリューション事業
ソリューション事業 シェアリー
SBIグループとの合弁事業によりクーポン共同購入サイト「シェアリー」を展開
事業提携を積極的に行って拡大、業界第三位グループを堅持
事業開始1年で累計
約15億円超の割引達成

※2010年8月事業スタート

13

ソリューション事業
ソリューション事業 中国関連

持分法適用会社であるFindJapan㈱にて
中国人観光客向け・中国進出企業向け事業を展開

中国最大級のソーシャルメディア
「新浪微博(シナ・ウェイボー)」の日
本での公式アカウント発行総代理

中国人旅行者向け
クーポン共同購入サイト

中国人旅行者向け
ポータル

多言語
コールセンター

「新浪微博(シナ・ウェイボー)」
業務提携記者会見

ホームページ
作成
中国人旅行者向け携帯電話
スマートフォン・スマートパッドレンタル事業

14

ギンレンカード
獲得

観光案内
コンテンツ

メディア事業 Yahoo!ロコ
メディア事業 Yahoo!ロコ

連結子会社のSBMグルメソリューションズ㈱にて「Yahoo!ロコ」の掲載店舗を獲得

(店舗)

15

(予約数)

メディア事業
メディア事業 ビューティーホールディングス

持分法適用会社である㈱ビューティーホールディングスにて
美容室予約数日本No.1(当社調べ)のサイト「かみまど」を運営

(店舗)

16

事業戦略

(予約数)

メディア事業
まちタウン
メディア事業 e-まちタウン ベストリザーブ

e-まちタウン㈱が運営する
地域ポータルサイト「e-まちタウン」

タウンサイト数 全国320タウン
タウンサイト数 全国320タウン

17

連結子会社である㈱ベストリザーブが
運営するホテル向けの予約サイト
「best Reserve」

会員数 約56万人
会員数 約56万人

広告代理事業

連結子会社の㈱ファーストチャージ及び㈱ファイブエニーにてインターネット広告事業を展開

18

事業戦略

3.業績見通し

19

企業理念

e-まちタウンは、ITを活用し、より便利な社会を実現します。
1. 消費者がより良い商品・サービスを受けられる仕組みを作ります。
2. 店舗にはより効率的な集客サポートを提供します。
3. 地域情報を簡単に発信、受信できるツールを提供します。
生活の
生活の様々なシーンで消費者と店舗を繋ぐe-まちタウングループ
シーンで消費者と店舗を
まちタウングループ
サービス利用
口コミ情報発信

グルメ

集客サポート
アミューズメント
不動産

ホテル

消費者

店舗
モバイル広告
地域メディア

店舗情報
地域情報

20

クーポン

ビューティ

広告出稿
ソリューション利用

中期事業戦略

1. 事業の選択と集中
2011年3月期までは事業投資、合弁会社の設立、M&Aなどで事業の数
を増やしてまいりました。
2012年3月期以降は、収益性を重視して事業の選択と集中を行ってま
いります。

2. 自社商品の強化
予約サイト、地域情報ポータルサイトなどの自社商品が順調に利用者を増
やしており、保有ユーザへのアップセルなどを通じて事業の利益率を向上さ
せていく方針です。

3. グループシナジーの強化
各サービスの相互乗り入れなどを更に進め、消費者と店舗双方に使いや
すいサービスの提供を強化してまいります。
21

2012年3月期 下期の取り組み
2012年
下期の

全社

ソリューション事業への資源集中
各サービスのスマートフォン対応(アプリ化)を推進

ソリューション事業

順番待ち予約サービス「EPARK」強化を目的に資源を集中、
導入店舗の拡大
「EPARK」の飲食業以外への展開促進

メディア事業

地域情報ポータルサイト「e-まちタウン」を核に各サービスの
相互乗り入れを推進しグループシナジー最大化

広告代理事業

22

スマートフォン対応強化

2012
連結業績予想について
2012年3月期 連結業績予想について
2012年3月期 業績予想の修正
項目

(※2011年11月8日に修正)
売上高

(単位:百万円)

営業利益

経常利益

当期純利益

一株当たり
当期純利益

2012年3月期 第2四半期累計実績

6,999

325

77

▲ 14

▲ 656円26銭



5/16発表予想(A)

5,000

300

150

50

2,212円39銭

11/8修正予想(B)

6,990

320

70

▲ 20

▲ 884円96銭

増減額 (BーA)

1,990

20

▲ 80

▲ 70

-

39.8

6.7

▲ 53.3

▲ 140.0

-

4,305

498

465

196

8,712円97銭

5/16発表予想(A)

13,000

1,000

600

200

8,849円56銭

11/8修正予想(B)

14,000

600

150

▲ 270

▲ 11,946円90銭

1,000

▲ 400

▲ 450

▲ 470

-

7.7

▲ 40.0

▲ 75.0

▲ 235.0

-

10,140

1,047

778

161

7,139円74銭

2





増減率 (%)



(ご参考)2011年3 月期実績






増減額 (BーA)
増減率 (%)
(ご参考)2011年3 月期実績

■修正要因
-売上高

:全体的に順調に推移し、当初見込みを上回りました。

-営業利益 :将来収益力の高いソリューション事業に資源の集中を行うため、販管費・開発費の予算を増大しました。
-経常利益・当期純利益 :過去の事業・開発投資の再評価を行ったため修正し、通期でも海外向け事業などの再評価を進めるため見直しました。

23

株主還元(配当)
株主還元(配当)について
1株当たりの期末配当金
1株当たりの中間配当金

5,000円

5,000円

5,000円

5,000円

5,000円

5,000円

2007年9月期
実績

2008年9月期
実績

2009年9月期
実績

5,000円

5,000円
2010年3月期
6ヶ月 実績※1

5,000円

5,000円

5,000円

2011年3月期
実績

※1 2010年3月期は決算期変更により、2009年10月から2010年3月までの変則6ヶ月決算です。

安定的な配当を実施
24

株主還元

2012年3月期
中間:確定
通期:予測

本資料に するご注意
本資料に関するご注意

本資料に記載されているe-まちタウン株式会社の現在の計画、戦略などのうち、
歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらの情報は、現在入手可能な
情報から得られたe-まちタウン株式会社の経営者の判断に基づいております。
従いまして、実際の業績は、様々な重要な要素により、これらの見通しとは大きく異なる結果となり
得ることがございます。
全面的に依拠することはお控えくださいますようお願い申し上げます。
また、これらの見通しに関しては、e-まちタウン株式会社の経営者の判断により、今後も、適宜、
変更される可能性がございますので、ご注意願います。
本資料に関するお問合せ
e-まちタウン株式会社 広報部
TEL:03-5951-7192 / E-mail:info@emachi.co.jp

25


Origin: 平成24年3月期第2四半期決算説明資料

e−まちタウンの株価 »