業績予想の修正及び特別損失計上に関するお知らせ

7416 はるやま商事

 2013年05月08日15時00分


平成25年5月8日
各 位
上場会社名 はるやま商事株式会社
代表者 代表取締役社長執行役員 治山 正史
(コード番号 7416)
問合せ先責任者 執行役員 岡部 勝之
(TEL 086-226-7101)


業績予想の修正及び特別損失計上に関するお知らせ
最近の業績の動向等を踏まえ、平成24年5月14日に公表いたしました業績予想を下記のとおり修正いたし
ますとともに、特別損失を計上いたしますのでお知らせいたします。



● 業績予想の修正について


平成25年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
1株当たり当期純利
売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 益
百万円 百万円 百万円 百万円 円銭
前回発表予想(A) 54,500 2,300 2,500 420 25.82
今回修正予想(B) 52,371 2,831 3,126 1,850 114.21
増減額(B-A) △2,129 531 626 1,430
増減率(%) △3.9 23.1 25.0 340.5
(ご参考)前期実績
51,530 1,608 1,836 253 15.57
(平成24年3月期)



平成25年3月期通期個別業績予想数値の修正(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高 経常利益 当期純利益 1株当たり当期純利益
百万円 百万円 百万円 円銭
前回発表予想(A) 53,100 2,500 450 27.67
今回修正予想(B) 50,766 3,103 1,842 113.74
増減額(B-A) △2,334 603 1,392
増減率(%) △4.4 24.1 309.3
(ご参考)前期実績
49,986 1,814 248 15.27
(平成24年3月期)
修正の理由
(連結業績予想の修正及び特別損失の計上について)
営業利益、経常利益、当期純利益が当初計画を上回る見込みとなったため、上記の通り業績予想を修正いたします。
理由といたしましては、仕入先の集約、商品の集約、割引販売の抑制などの施策を実施したことによる売上総利益の改
善や、在庫管理システム(新MDシステム)の環境整備が完了したことに伴い、たな卸資産の収益性の低下に基づく簿価切
下げ額の見積り方法を変更したこと等によるものであります。
一方で既存店舗の競争力強化を目的とした、店舗の移転・建替・改装に伴う固定資産除売却損(189百万円)を計上した
ほか、安定した収益体制構築のために不採算店舗の移転・撤退に備えて店舗閉鎖損失引当金繰入額(203百万円)及び減
損損失(202百万円)を計上いたしましたが、最近の好調な業績を受け、税効果会計上の会社区分の見直しを行ったことに
よる繰延税金資産592百万円の追加計上もあり、当期純利益は、当初計画を大幅に上回る見込みとなりました。
(個別業績予想の修正及び特別損失の計上について)
個別業績予想につきましても、上記連結業績予想修正と同様の理由であります。

※上記の予想は、発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因に
よって異なる結果となる可能性があります。



以 上

Origin: 業績予想の修正及び特別損失計上に関するお知らせ

はるやま商事の株価 »