平成26年3月期決算短信〔日本基準〕(非連結)(5)

8628 松井証券

 2014年04月25日08時20分


松井証券㈱(8628)平成26年3月期 決算短信
 




 

(4)会社の対処すべき課題
 
(a)顧客基盤の拡大
当社を含むオンライン証券会社は、口座数ベースでは幅広い顧客基盤を有しているように見えますが、口座数全体の
稼働比率は低く、一部の取引頻度が高い顧客に収益の大半を依存している状況にあるため、顧客層の裾野拡大に取り組
むことが今後の課題となっております。一方で、個人投資家の金融資産は継続的にオンライン証券業界に流入しており
ます。そこで当社としては、取引頻度が高い顧客向けのサービスを継続して強化していくとともに、取引頻度は低いも
のの預かり資産の多い顧客等のニーズをくみ上げ、商品・サービスとして具現化することにより、顧客基盤の拡大に努
めます。
 
(b)取引システムの安定性の確保及び取引ツールの拡充
取引システムの安定性の確保は、オンライン証券会社の生命線です。そのため、システム障害や自然災害といった想
定されるリスクへの対策を講じるとともに、取引量の増加に備えたキャパシティを確保することで、顧客が安心して取
引することができるよう、取引システムの安定的な稼働に努めます。また、個人投資家にとって最高の取引環境を提供
することが他社との差別化に資するため、顧客向け取引ツールについてもスマートフォンの普及等を踏まえて拡充して
いきます。
 
(c)コンプライアンス体制の強化及び顧客サポート体制の充実
当社では、金融機関としての信頼性の維持・向上に資するコンプライアンス(法令遵守)体制について、より一層の
強化に努めます。また、新サービス提供等の業容範囲の拡大に対応するため、店舗を有しないオペレーションの特殊性
を踏まえ、コールセンターを通じた顧客サポート体制についてもさらなる充実を図ります。
 
(d)低コスト体制の維持
業界における各種取引手数料は、諸外国と比較して最低水準にまで低下しており、その中で継続的に利益を生み出し
ていくためには、低コスト体制の維持が不可欠です。当社は、引き続きコスト管理及び信用リスク管理について厳格に
取り組むことで、低コスト体制を維持していきます。
 
(5)その他、会社の経営上重要な事項
該当事項はありません。




-5-

Origin: 平成26年3月期決算短信〔日本基準〕(非連結)

松井証券の株価 »