平成27年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

8628 松井証券

 2014年10月28日08時20分


平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
平成26年10月28日
上場会社名 松井証券株式会社 上場取引所 東
コード番号 8628 URL http://www.matsui.co.jp/
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 松井 道夫
問合せ先責任者 (役職名) 取締役財務部長 (氏名) 鵜澤 慎一 TEL 03-5216-0606
四半期報告書提出予定日 平成26年11月13日 配当支払開始予定日 平成26年11月25日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無 : 有

(百万円未満四捨五入)
1. 平成27年3月期第2四半期の業績(平成26年4月1日~平成26年9月30日)
(1) 経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
営業収益 純営業収益 営業利益 経常利益 四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
27年3月期第2四半期 16,309 △26.5 15,630 △27.6 10,308 △34.0 10,376 △33.8 6,469 △31.4
26年3月期第2四半期 22,190 184.1 21,599 193.5 15,615 481.0 15,666 475.3 9,435 427.2

1株当たり四半期純利益 潜在株式調整後1株当たり四半期
純利益
円銭 円銭
27年3月期第2四半期 25.20 25.20
26年3月期第2四半期 36.75 ―

(2) 財政状態
総資産 純資産 自己資本比率 1株当たり純資産
百万円 百万円 % 円銭
27年3月期第2四半期 767,157 86,807 11.3 338.11
26年3月期 688,353 85,365 12.4 332.51
(参考)自己資本 27年3月期第2四半期 86,804百万円 26年3月期 85,365百万円


2. 配当の状況
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円銭 円銭 円銭 円銭 円銭
26年3月期 ― 30.00 ― 20.00 50.00
27年3月期 ― 20.00
27年3月期(予想) ― ― ―
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無
※現時点において年間の配当予想額については未定です。

3. 平成27年 3月期の業績予想(平成26年 4月 1日~平成27年 3月31日)
※当社の主たる事業である証券業の業績は相場環境に大きく左右され、業績予想を行うことが困難であることから、業績予想は開示しておりません。この点
を補うために、業績に重要な影響を及ぼす株式委託売買代金等の業務数値につきましては、月次で開示しております。
※ 注記事項
(1) 四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(2) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無
② ①以外の会計方針の変更 : 無
③ 会計上の見積りの変更 : 無
④ 修正再表示 : 無
(3) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 27年3月期2Q 269,264,702 株 26年3月期 269,264,702 株
② 期末自己株式数 27年3月期2Q 12,533,093 株 26年3月期 12,533,093 株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 27年3月期2Q 256,731,609 株 26年3月期2Q 256,731,692 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく
四半期財務諸表のレビュー手続は終了していません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
当社は、純利益の30%以上を毎期配当することを配当政策の基本方針としておりますが、業績予想を行うことが困難であるため、現時点における年間の配当
予想額は未定です。なお、予想額の開示が可能となった時点で速やかに開示を行う予定ですが、現時点ではその時期についても未定です。
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次
 
 
1.当四半期決算に関する定性的情報 …………2

(1)経営成績に関する説明 …………2

(2)財政状態に関する説明 …………3

(3)業績予想などの将来予測情報に関する説明 …………3

2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 …………4

(1)四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………4

(2)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………4

3.四半期財務諸表 …………5

(1)四半期貸借対照表 …………5

(2)四半期損益計算書 …………7

(3)四半期財務諸表に関する注記事項 …………8
 




-1-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第2四半期累計期間の国内株式市場は、日銀の追加金融緩和や、政府による法人税減税等に対する期待感から、日経
平均株価は期初に15,000円台まで上昇して始まりました。しかしながら、4月中旬以降、ウクライナ情勢の悪化による米
国株式市場の下落や円高などを受けて、株価は一時14,000円を下回りました。その後、軟調な展開が続きましたが、5月
下旬以降、ニューヨーク・ダウ平均株価の最高値更新や、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式運用比率引
き上げ観測等を背景に株価は上昇に転じました。9月には、日米における景況感の格差や金融政策の乖離見通しなどによ
る急速な円安を受けて、日経平均株価は年初来高値を更新する16,374円まで上昇し、9月末は16,100円台で取引を終えま
した。
市場環境は良好でしたが、二市場(東京、名古屋の各証券取引所)合計の株式売買代金は、前第2四半期累計期間と比
較して24%の減少となりました。これは、前期の株式市場が、アベノミクスに対する期待および日銀による金融緩和策
の公表を受けて株価が大幅に上昇し、それに伴い取引高が飛躍的に拡大したことによるものです。当社の主たる顧客層
である個人投資家の二市場における株式委託売買代金も、市場全体と同様に、前第2四半期累計期間と比較して35%減少
しました。その結果、二市場における個人の株式委託売買代金の割合は、前第2四半期累計期間の29%から24%に低下し
ております。
このような事業環境のもと、当社は前期末より開始したデイトレード限定の信用取引「一日信用取引」におけるプレ
ミアム空売りサービスについて、売建銘柄の拡充や建玉上限の引き上げ等、利便性の向上に努めました。同サービスで
は、貸付株式の調達が困難なため、通常では売建の取扱いがない銘柄の売建を可能としております。また、取引ツール
「ネットストック・ハイスピード」における信用取引向け機能の改善や、「子ども版NISA」の創設を見据えた未成年口
座対象のキャンペーン実施等、顧客サービスの向上に努めました。しかしながら、個人全体の株式委託売買代金の減少
を受け、当社の株式委託売買代金は、前第2四半期累計期間と比較して21%の減少となりました。
以上の結果、当第2四半期累計期間の営業収益は163億9百万円(対前第2四半期累計期間比26.5%減)、純営業収益は
156億30百万円(同27.6%減)とともに減収となりました。また、営業利益は103億8百万円(同34.0%減)、経常利益は
103億76百万円(同33.8%減)、当期純利益は64億69百万円(同31.4%減)とともに減益となりました。


(受入手数料)
受入手数料は97億55百万円(同38.9%減)となりました。そのうち、委託手数料は92億64百万円(同39.8%減)とな
りました。なお、株式委託売買代金は前第2四半期累計期間と比較して21%減少いたしました。
 
(トレーディング損益)
トレーディング損益は3百万円の利益となりました。
 
(金融収支)
金融収益から金融費用を差し引いた金融収支は58億69百万円(同4.6%増)となりました。


(販売費・一般管理費)
販売費・一般管理費は株式委託売買代金の減少に伴い前第2四半期累計期間比11.1%減の53億22百万円となりました。
うち、取引関係費は23億34百万円(同8.8%減)となりました。
 
(営業外損益)
営業外損益は合計で68百万円の利益となりました。これは主として、受取配当金58百万円によるものです。
 
(特別損益)
特別損益は合計で3億55百万円の損失となりました。これは、金融商品取引責任準備金繰入れ3億55百万円を計上した
ことによるものです。
 




-2-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




(2)財政状態に関する説明
当第2四半期会計期間末の資産合計は、前事業年度末比11.4%増の7,671億57百万円となりました。これは主として、
顧客分別金が増加したことにより、預託金が同22.6%増の4,191億7百万円となったことによるものです。
負債合計は、前事業年度末比12.8%増の6,803億50百万円となりました。これは主として、預り金が同33.9%増の
2,385億1百万円となったことによるものです。
純資産合計は前事業年度末比1.7%増の868億7百万円となりました。当第2四半期累計期間においては、四半期純利益
64億69百万円を計上する一方、平成26年3月期期末配当金51億35百万円を計上しております。
 
(3)業績予想などの将来予測情報に関する説明
当社の主たる事業である証券業の業績は相場環境に大きく左右され、業績予想を行うことが困難であることから、業
績予想は開示しておりません。この点を補うために、業績に重要な影響を及ぼす株式委託売買代金等の業務数値につき
ましては、月次で開示しております。また、当社は、純利益の30%以上を毎期配当することを配当政策の基本方針とし
ておりますが、業績予想を行うことが困難であるため、現時点における配当予想額は未定です。予想額の開示が可能と
なった時点で速やかに開示を行う予定ですが、現時点ではその時期についても未定です。なお、当期においては、株式
市場の活況等を踏まえて、平成26年9月30日を基準日とする1株当たり20円の中間配当を実施することを平成26年10月28
日の取締役会にて決議いたしました。
 




-3-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
 
(2)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。
 




-4-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




3.四半期財務諸表
(1)四半期貸借対照表
                      (単位:百万円)
                   
前事業年度 当第2四半期会計期間
(平成26年3月31日) (平成26年9月30日)
資産の部    
  流動資産    
    現金・預金 12,166 10,121
    預託金 341,812 419,107
    金銭の信託 21,867 33,015
    トレーディング商品 1,307 1,305
      商品有価証券等 0 0
      デリバティブ取引 1,307 1,305
    約定見返勘定 139 35
    信用取引資産 282,225 275,800
      信用取引貸付金 279,353 263,016
      信用取引借証券担保金 2,872 12,785
    有価証券担保貸付金 9,636 7,395
      借入有価証券担保金 9,636 7,395
    立替金 86 27
    短期差入保証金 4,122 5,223
    その他 5,397 5,369
    貸倒引当金 △14 △11
    流動資産計 678,743 757,386
  固定資産    
    有形固定資産 998 949
    無形固定資産 2,726 2,752
      ソフトウエア 2,726 2,752
      その他 1 0
    投資その他の資産 5,886 6,070
      投資有価証券 5,201 5,363
      その他 2,056 2,004
      貸倒引当金 △1,372 △1,297
    固定資産計 9,610 9,771
 
  資産合計 688,353 767,157
 




-5-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




                      (単位:百万円)
                   
前事業年度 当第2四半期会計期間
(平成26年3月31日) (平成26年9月30日)
負債の部    
  流動負債    
    トレーディング商品 699 1,275
      商品有価証券等 0 1
      デリバティブ取引 699 1,273
    信用取引負債 32,025 50,473
      信用取引借入金 2,798 3,343
      信用取引貸証券受入金 29,228 47,130
    有価証券担保借入金 25,498 28,201
      有価証券貸借取引受入金 25,498 28,201
    預り金 178,071 238,501
    受入保証金 176,619 194,394
    有価証券等受入未了勘定 11 0
    短期借入金 176,100 153,600
    コマーシャル・ペーパー - 6,000
    未払法人税等 9,037 3,303
    賞与引当金 305 78
    その他 1,693 1,382
    流動負債計 600,058 677,207
  固定負債    
    長期借入金 150 100
    繰延税金負債 651 558
    未払役員退職慰労金 204 204
    その他 3 3
    固定負債計 1,009 865
  特別法上の準備金    
    金融商品取引責任準備金 1,922 2,277
    特別法上の準備金計 1,922 2,277
  負債合計 602,988 680,350
純資産の部    
  株主資本    
    資本金 11,945 11,945
    資本剰余金 9,793 9,793
    利益剰余金 69,841 71,176
    自己株式 △9,475 △9,475
    株主資本合計 82,104 83,439
  評価・換算差額等    
    その他有価証券評価差額金 3,260 3,365
    評価・換算差額等合計 3,260 3,365
  新株予約権 - 3
  純資産合計 85,365 86,807
 
負債・純資産合計 688,353 767,157




-6-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




(2)四半期損益計算書
第2四半期累計期間
                      (単位:百万円)
                    前第2四半期累計期間 当第2四半期累計期間
(自 平成25年4月1日 (自 平成26年4月1日
至 平成25年9月30日) 至 平成26年9月30日)
営業収益    
  受入手数料 15,977 9,755
    委託手数料 15,383 9,264
引受け・売出し・特定投資家向け売付
    4 -
け勧誘等の手数料
募集・売出し・特定投資家向け売付け
    0 3
勧誘等の取扱手数料
    その他の受入手数料 589 489
  トレーディング損益 7 3
  金融収益 6,204 6,548
  その他の営業収益 3 3
  営業収益計 22,190 16,309
金融費用 591 679
純営業収益 21,599 15,630
販売費・一般管理費    
  取引関係費 2,560 2,334
  人件費 991 933
  不動産関係費 450 443
  事務費 876 848
  減価償却費 827 680
  租税公課 141 91
  貸倒引当金繰入れ 52 △68
  その他 86 62
  販売費・一般管理費計 5,984 5,322
営業利益 15,615 10,308
営業外収益    
  受取配当金 36 58
  その他 16 13
  営業外収益計 52 71
営業外費用    
  その他 0 2
  営業外費用計 0 2
経常利益 15,666 10,376
特別損失    
  金融商品取引責任準備金繰入れ 454 355
  特別損失計 454 355
税引前四半期純利益 15,212 10,021
法人税、住民税及び事業税 6,162 3,254
法人税等調整額 △384 298
法人税等合計 5,777 3,552
 
四半期純利益 9,435 6,469




-7-
松井証券㈱(8628)平成27年3月期 第2四半期決算短信
 




(3)四半期財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。
 
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。
 




-8-

Origin: 平成27年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

松井証券の株価 »