AIGは、ハートフォードからウッドベリー・ファイナンシャル・サービスを取得する

8685 AIG

 2012年08月01日19時10分


(抄訳)
ニュース・リリース
コンタクト:
ジム・アンクナー(メディア)
212-770-3277
917-882-7677
リズ・ワーナー(投資コミュニティ)
212-770-7074
リンダ・マラムット
サンアメリカ・ファイナンシャル・グループ
310-772-6533

AIG は、ハートフォードから
ウッドベリー・ファイナンシャル・サービスを取得する
ニューヨーク、2012 年7月 31 日-アメリカン・インターナショナル・グルー
プ・インク(ニューヨーク証券取引所銘柄:AIG)は、本日、AIG の生命保険お
よびリタイヤメント事業であるサンアメリカ・ファイナンシャル・グループ・イ
ンクが、ハートフォード・ファイナンシャル・サービス・グループ・インクとの
間でウッドベリー・ファイナンシャル・サービス・インクを取得する旨の最終的
な合意を締結したことを発表した。ウッドベリー・ファイナンシャルは有数の独
立したブローカー・ディーラーである。
取引が完了した時点で、ウッドベリー・ファイナンシャル・サービスは、米国の
最大級の独立したブローカー・ディーラー・ネットワークの一つであるサンアメ
リカ・ファイナンシャル・グループのアドバイザー・グループの一員となる。ア
ドバイザー・グループのネットワークには、セージ・ポイント・ファイナンシャ
ル、ロイヤル・アライアンス・アソシエイツおよびエフエスシー・セキュリティ
ーズ・コーポレーションにおける、4,800 人を超える独立金融アドバイザーが含
まれるが、ウッドベリー・ファイナンシャルの約 1,400 人のアドバイザーはかか
るネットワークを補完するものである。パトリック・H・マッケヴォイは、アド

バイザー・グループのプレジデント兼 CEO であるラリー・ロスの下で、引続きウ
ッドベリー・ファイナンシャルのプレジデント兼 CEO を務める。
サンアメリカ・ファイナンシャル・グループのプレジデント兼 CEO のジェイ・ウ
ィントローブは以下のように述べた。
「ウッドベリー・ファイナンシャル・サービスは有力なブローカー・ディーラー
であり、非常に優れた独立金融アドバイザーおよび献身的な本社スタッフを有し
ています。私は、ウッドベリー・ファイナンシャルのアドバイザーが私達のネッ
トワークに加われば、かかるアドバイザー達は、我々の業界有数の技術およびオ
ープン・アーキテクチャー・プラットフォームという多大な恩恵を受けるであろ
うと確信しております。我々は、ウッドベリー・ファイナンシャルを AIG の一員
として迎え入れ、ウッドベリー・ファイナンシャルのクライアントに対し、更に
価値のあるサービスを提供するために協力していくことを楽しみにしておりま
す。」
マッケヴォイ氏は、以下のように述べた。
「我々は、アドバイザー・グループに加わり、独立金融アドバイザーにコミット
している団体の一員となるであろうことについて喜ばしく思っております。我々
は、高く評価されているサービスの提供に成功してきましたが、我々は、アドバ
イザー・グループが提供する最先端の技術、手段、サポートおよび成長促進の機
会に向けられた提携から大きな恩恵を受けると信じております。」
ロス氏は、当該取得の重要性について、以下の通り述べた。
「ウッドベリー・ファイナンシャルが我々のアドバイザー・グループ・ネットワ
ークに加わることで、我々が独立金融アドバイザーのビジネス・モデルに確実に
コミットしているといった明確なメッセージを発信することとなります。我々は、
引続き、当社のアドバイザーに投資し、アドバイザーが業務を拡大し、クライア
ントに対し、より良いサービスを提供できるようサポートします。」
当該取引は、規制当局の認可および通常の取引完了要件を満たしていることを前
提として、2012 年末までに完了する予定である。ウッドベリー・ファイナンシ
ャル・サービスは、ミネソタ州のオークデールに所在し、200 名を超える本社従
業員および米国各地に 1,400 人近くの独立代理人を有する。ウッドベリー・ファ
イナンシャルの前身はモンタナ・ライフであり、その歴史は 1910 年までに遡る。
#

#

#

本 プ レ ス リ リ ー ス に は 、 1995 年 私 募 証 券 訴 訟 改 革 法 ( Private Securities
Litigation Reform Act of 1995)の意義の範囲内で「将来の見通しに関する記
述("forward-looking statements")」を構成する見解、目標、予測および記述
が含まれる可能性があることに留意されたい。これらの見解、目標、予測および
記述は過去の事実ではなく、将来の事象に関する AIG の見解のみを表している。
その多くは性質上、本質的に不確実なものであり AIG に制御可能な範疇を超えて
いる。これらの見解、目標、予測および記述は、「考える(believe)」、「予
想する(anticipate)」、「予測する(expect)」、「意図する(intend)」、
「予定する(plan)」、「見なす(view)」、「目標とする(target)」、また
は「見積る(estimate)」等に先立つ、続く、またはこれらを含む言葉を含んで
いる。これらの見解、目標、予測および記述は、特に、以下の事項についてなさ
れる可能性がある。米国財務省の AIG における保有持分の処分のタイミング。
AIG のメイデン・レーン III エルエルシーにおける持分に対するキャッシュフロ
ー予想および公正価値。AIG のインターナショナル・リース・ファイナンス・コ
ーポレーション(「ILFC」)における持分の現金化。サブプライム抵当、金融保
証保険会社、住宅および商業不動産市場、国債および地方債の発行体、ならびに
ソブリン債の発行体に対する AIG のエクスポージャー。ヨーロッパの政府および
ヨーロッパの金融機関に対する AIG のエクスポージャー。AIG のリスク管理戦略。
従業員を保持し、また動機付ける AIG の能力。AIG による展開可能な資本の拠出。
AIG の株主資本利益率および1株当たりの利益に関する野心的な長期目標。純投
資利益を増加させ、資本を効率よく管理し、費用を減少させるための AIG の戦略。
顧客の保持、拡大、商品開発、市況、財務業績および準備金に関する AIG の戦略。
AIG 子会社の収益およびコンバインド・レシオ。AIG の実際の業績および財務状
況は、これらの見解、目標、予測や記述における業績および財務状況とは(場合
によって大きく)異なる可能性がある。AIG の実際の業績が、特定の見解、目標、
予想および記述における業績と(場合によっては大きく)異なる要因には、以下
のものが含まれる。信用格付機関による行為。市況の変化。異常災害の発生。重
要な法的手続。地方債ポートフォリオを含む、AIG の投資ポートフォリオへの集
中。賠償責任保険の引受および支払準備金に関する判断。繰延税金資産の認識に
関する判断。繰延保険獲得費用の回収率に関する判断。ILFC のフリートの航空
機価値の復元可能性に関する判断。2012 年3月 31 日に終了した四半期について
の様式 10-Q による AIG の四半期報告書の Part I, Item 2. "Management's
Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of
Operations"、2011 年 12 月 31 日に終了した年度についての様式 10-K による AIG
のアニュアル・レポートの Part I, Item 1A. "Risk Factors"および Part II,
Item 7. "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and
Results of Operations"(2012 年2月 27 日に提出された様式 10-K/A による訂

正報告書(Amendment) No.1、および 2012 年3月 30 日に提出された様式 10K/A による訂正報告書(Amendment) No.2による訂正を含む)、ならびに 2012
年5月4日に提出された様式 8-K による AIG の臨時報告書の添付書類 Exhibit
99.2 の"Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and
Results of Operations" に記載されているその他の要因。AIG は、たとえ新た
な情報、将来の事象またはその他の事由が生じても、書面または口頭を問わず、
その見解、目標、予測およびその他の記述を更新または変更する義務を負わず、
またそのような義務を明確に否認する。
AIG グループは世界の保険業界のリーダーであり、130 以上の国で顧客にサービ
スを提供している。AIG グループ各社は、世界最大級のネットワークを通して個
人・法人のお客様に損害保険商品・サービスを提供している。さらに、AIG グル
ープ各社は、米国における生命保険事業およびリタイヤメント・サービスの主要
な事業者である。AIG の普通株式はニューヨークおよび東京の各証券取引所に上
場されている。

Contact:

Jim Ankner (News Media)
(O): (212) 770-3277
(C): (917) 882-7677

Linda Malamut
SunAmerica Financial Group
(O): (310) 772-6533

Liz Werner (Investment Community)
(O): (212) 770-7074
AIG TO ACQUIRE WOODBURY FINANCIAL SERVICES FROM THE HARTFORD
NEW YORK, July 31, 2012 – American International Group, Inc. (NYSE: AIG) today
announced that its life and retirement business, SunAmerica Financial Group, Inc., has signed a
definitive agreement with The Hartford Financial Services Group Inc. to acquire Woodbury
Financial Services, Inc. Woodbury Financial is a leading independent broker-dealer.
Once the transaction is finalized, Woodbury Financial Services will become part of the
SunAmerica Financial Group’s Advisor Group, one of the nation’s largest networks of
independent broker-dealers. Woodbury Financial’s approximately 1,400 advisors complement
Advisor Group’s network, which includes more than 4,800 independent financial advisors at
SagePoint Financial, Royal Alliance Associates, and FSC Securities Corporation. Patrick H.
McEvoy will continue to serve as Woodbury Financial’s President and Chief Executive Officer,
reporting to Larry Roth, President and Chief Executive Officer of Advisor Group.
“Woodbury Financial Services is a strong broker-dealer, with very talented independent
financial advisors and a dedicated home office team,” said Jay Wintrob, President and Chief
Executive Officer of SunAmerica Financial Group. “I am confident that when Woodbury
Financial’s advisors join our network they will see tremendous benefits, namely our industryleading technology and open architecture platform. We look forward to welcoming Woodbury
Financial into the AIG family and to working together to provide even more valuable services to
their clients.”
“We are excited about the prospect of joining Advisor Group and being part of an
organization committed to independent financial advisors,” said Mr. McEvoy. “While we have
been very successful in delivering highly valued services, we believe our advisors will greatly
benefit from the state-of-the-art technology, tools, support, and enhanced growth opportunities
affiliation with Advisor Group provides.”
Mr. Roth noted the importance of the acquisition, stating, “Adding Woodbury Financial
to our Advisor Group network sends a clear message that we are absolutely committed to the
independent financial advisor business model. We will continue to invest in our advisors to help
them grow their practices and better serve their clients.”
The transaction is expected to be finalized by the end of 2012, subject to required
regulatory approvals and customary closing conditions. Located in Oakdale, MN, Woodbury
Financial Services has more than 200 home office employees and nearly 1,400 independent
representatives throughout the United States. The roots of Woodbury Financial date back to
1910, with Montana Life.
#

#

#

It should be noted that this news release may include projections, goals, assumptions and
statements that may constitute “forward-looking statements” within the meaning of the Private

Securities Litigation Reform Act of 1995. These projections, goals, assumptions and statements
are not historical facts but instead represent only AIG’s belief regarding future events, many of
which, by their nature, are inherently uncertain and outside AIG’s control. These projections,
goals, assumptions and statements include statements preceded by, followed by or including
words such as “believe,” “anticipate,” “expect,” “intend,” “plan,” “view,” “target,” or “estimate.”
These projections, goals, assumptions, and statements may address, among other things: the
timing of the disposition of the ownership position of the United States Department of the
Treasury in AIG; the cash flow projections and fair value for AIG’s interest in Maiden Lane III
LLC; the monetization of AIG’s interests in International Lease Finance Corporation (ILFC);
AIG’s exposures to subprime mortgages, monoline insurers, the residential and commercial real
estate markets, state and municipal bond issuers, and sovereign bond issuers; AIG’s exposure to
European governments and European financial institutions; AIG’s strategy for risk management;
AIG’s ability to retain and motivate its employees; AIG’s generation of deployable capital;
AIG’s return on equity and earnings per share long-term aspirational goals; AIG’s strategies to
grow net investment income, efficiently manage capital and reduce expenses; AIG’s strategies
for customer retention, growth, product development, market position, financial results and
reserves; and the revenues and combined ratios of AIG’s subsidiaries. It is possible that AIG’s
actual results and financial condition will differ, possibly materially, from the results and
financial condition indicated in these projections, goals, assumptions, and statements. Factors
that could cause AIG’s actual results to differ, possibly materially, from those in the specific
projections, goals, assumptions, and statements include: actions by credit rating agencies;
changes in market conditions; the occurrence of catastrophic events; significant legal
proceedings; concentrations in AIG’s investment portfolios, including its municipal bond
portfolio; judgments concerning casualty insurance underwriting and reserves; judgments
concerning the recognition of deferred tax assets; judgments concerning deferred policy
acquisition costs recoverability; judgments concerning the recoverability of aircraft values in
ILFC’s fleet; and such other factors as are discussed throughout Part I, Item 2. Management’s
Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations in AIG’s Quarterly
Report on Form 10-Q for the quarter ended March 31, 2012, and in Part I, Item 1A. Risk Factors
and discussed throughout Part II, Item 7. Management’s Discussion and Analysis of Financial
Condition and Results of Operations in AIG’s Annual Report on Form 10-K for the year ended
December 31, 2011, as amended by Amendment No. 1 and Amendment No. 2 on Form 10-K/A
filed on February 27, 2012 and March 30, 2012, respectively, and discussed throughout Exhibit
99.2, Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations
of AIG’s Current Report on Form 8-K filed on May 4, 2012. AIG is not under any obligation
(and expressly disclaims any obligation) to update or alter any projections, goals, assumptions, or
other statements, whether written or oral, that may be made from time to time, whether as a
result of new information, future events or otherwise.
American International Group, Inc. (AIG) is a leading international insurance
organization serving customers in more than 130 countries. AIG companies serve commercial,
institutional, and individual customers through one of the most extensive worldwide propertycasualty networks of any insurer. In addition, AIG companies are leading providers of life
insurance and retirement services in the United States. AIG common stock is listed on the New
York Stock Exchange and the Tokyo Stock Exchange.


Origin: AIGは、ハートフォードからウッドベリー・ファイナンシャル・サービスを取得する

AIGの株価 »