平成24年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

9072 日本梱包運輸倉庫

 2011年11月04日14時00分


平成24年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成23年11月4日
上場会社名 日本梱包運輸倉庫株式会社
コード番号 9072
URL http://www.nikkon.co.jp
代表者
(役職名) 代表取締役兼社長執行役員
問合せ先責任者 (役職名) 経理部長
四半期報告書提出予定日
平成23年11月11日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無
: 無

上場取引所
(氏名) 黒岩 正勝
(氏名) 枩田 泰典
配当支払開始予定日

東 

TEL 03-3541-5331
平成23年12月9日

(百万円未満切捨て)

1.  平成24年3月期第2四半期の連結業績(平成23年4月1日~平成23年9月30日)
(1) 連結経営成績(累計)

(%表示は、対前年同四半期増減率)

売上高

営業利益

経常利益

四半期純利益

百万円

24年3月期第2四半期
23年3月期第2四半期
(注)包括利益



百万円



百万円



百万円



60,920
61,988

△1.7
9.4

3,526
4,843

△27.2
52.4

3,726
4,934

△24.5
26.6

1,831
2,793

△34.4
52.4

24年3月期第2四半期 △798百万円 (―%)

23年3月期第2四半期 1,078百万円 (―%)

潜在株式調整後1株当たり四半期
純利益

1株当たり四半期純利益
円銭

円銭

26.30
39.38

24年3月期第2四半期
23年3月期第2四半期

26.29


(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

24年3月期第2四半期
23年3月期
(参考) 自己資本  

百万円

180,218
184,302
24年3月期第2四半期  119,628百万円



120,889
122,401
23年3月期  121,133百万円

66.4
65.7

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

23年3月期
24年3月期
24年3月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計
円銭



10.00
8.00

円銭

11.00

21.00






円銭

10.00

18.00

(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無  :  無
3.  平成24年3月期の連結業績予想(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)

売上高
百万円

営業利益


百万円

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益



百万円



百万円



円銭

通期
△3.5
△21.5
118,500
7,000
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無  :  無

8,000

△16.0

4,500

△22.7

64.61

4.  その他
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)  :  無
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用  :  有
(注)詳細は、添付資料P.4「2.サマリー情報(その他)に関する事項 (2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用」をご覧ください。

(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
  :  無
② ①以外の会計方針の変更
  :  無
③ 会計上の見積りの変更
  :  無
④ 修正再表示
  :  無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

24年3月期2Q
24年3月期2Q
24年3月期2Q

74,239,892 株 23年3月期
4,592,460 株 23年3月期
69,647,931 株 23年3月期2Q

74,239,892 株
4,590,515 株
70,949,581 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく
四半期財務諸表のレビュー手続は終了していません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際
の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想に関する事項については、四半期決算短信(添付資料)3ページ「1.当四半期決算に関
する定性的情報 (3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。
タイ国で発生した洪水の影響により、A.N.I.LOGISTICS,LTD.、NIPPON KONPO(THAILAND)CO.,LTD.、A.N.I.TRANSPORT,LTD.の3社は、9月度の会計数値の集
計ができない状況にあります。これによる影響は重要でないと判断されるため、当第2四半期連結累計期間において、当該3社については平成23年4月1日から
平成23年8月31日までの財務諸表を連結しております。

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次
1.当四半期決算に関する定性的情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
(1)連結経営成績に関する定性的情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
(2)連結財政状態に関する定性的情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
(3)連結業績予想に関する定性的情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
2.サマリー情報(その他)に関する事項・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
3.四半期連結財務諸表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
(1)四半期連結貸借対照表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
(4)継続企業の前提に関する注記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
(5)セグメント情報等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12
(7)重要な後発事象・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12

- 1 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報

(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、
東日本大震災や原発問題による電力供給不足の影響が懸念され
ておりましたが、サプライチェーンの早期回復や計画停電の回避により、生産活動や個人消費に持ち直しが見られた
ものの、
欧州の財政不安や米国経済の不透明感から円高の長期化が懸念され、
先行き予断を許さない状況にあります。
当物流業界におきましては、企業の生産活動の回復に伴い貨物量は回復基調にありますが、顧客企業の物流費の
削減や燃料価格の高止まりなどの影響により厳しい経営環境が続きました。
このような状況の中、当社グループは新規業務の獲得に向けた営業努力を重ねてまいりましたが、震災の影響に
より主要顧客である自動車業界の貨物取扱量が減少した結果、
売上高は前年同期比 1.7%減の 609 億 20 百万円とな
りました。
営業利益につきましては、設備投資の抑制に伴う減価償却費の減少がありましたが、燃料費の増加や売上高の減
少による影響で、前年同期比 27.2%減の 35 億 26 百万円となりました。
経常利益につきましては、前年同期比 24.5%減の 37 億 26 百万円となりました。その要因といたしましては、持
分法による投資利益が減少したことなどにより、営業外収益が前年同期比 10.3%減の7億 55 百万円となった一方、
投資有価証券評価損の減少などにより、
営業外費用が前年同期比 26.1%減の5億 55 百万円となったことによるもの
であります。
この結果、四半期純利益につきましては、前年同期比 34.4%減の 18 億 31 百万円となりました。

セグメント別の業績は次のとおりであります。


運送事業
震災の影響により主要顧客である自動車業界の貨物取扱量は減少しましたが、前期末に連結子会社化した中
越テック㈱及び札幌新聞輸送㈱が寄与したことにより、
売上高は前年同期比 4.1%増の 303 億 57 百万円となり
ました。営業利益は、輸送効率の低下に加え燃料価格の高止まりもあり、前年同期比 28.0%減の9億 74 百万
円となりました。



倉庫事業
震災の影響による貨物量の減少はありましたが、新規業務の獲得により、売上高は前年同期比 0.9%増の 88
億 25 百万円となりました。営業利益は、固定費の削減や保管効率の向上等により、前年同期比 23.7%増の 20
億 95 百万円となりました。



梱包事業
震災の影響による業務量の減少があり、また、タイの連結子会社は、前期に決算期を変更したことに伴い、
前第2四半期連結累計期間は、9ヶ月間の財務諸表を連結しましたが、当第2四半期連結累計期間は、洪水の
影響で5ヶ月間の財務諸表を連結しております。これらの影響により、売上高は前年同期比 10.3%減の 149
億 64 百万円となりました。営業利益は、売上高の減少や作業効率の低下などにより前年同期比 63.5%減の4
億 62 百万円となりました。



テスト事業
主要取引先の新規業務の獲得により、売上高は前年同期比 7.1%増の 40 億 13 百万円となりました。営業利
益は、売上高の増加はあったものの固定費の増加を吸収することができず 57 百万円の損失となりました。

- 2 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(2)

連結財政状態に関する定性的情報


資産
当第2四半期連結会計期間末における流動資産は 505 億 24 百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億7
百万円減少しました。これは主に有価証券が 21 億 74 百万円、その他のうちの短期貸付金が2億 33 百万円減
少し、受取手形及び売掛金が 12 億 51 百万円、現金及び預金が 10 億 20 百万円増加したことによるものであり
ます。固定資産は 1,296 億 94 百万円となり、前連結会計年度末に比べ 38 億 75 百万円減少いたしました。こ
れは主に投資有価証券が 18 億 42 百万円、
有形固定資産が 18 億 29 百万円減少したことによるものであります。
この結果、
総資産は 1,802 億 18 百万円となり、
前連結会計年度末に比べ 40 億 83 百万円減少いたしました。



負債
当第2四半期連結会計期間末における流動負債は 337 億 42 百万円となり、前連結会計年度末に比べ 48 億
22 百万円増加いたしました。これは主に短期借入金が 49 億 78 百万円増加したことによるものであります。
固定負債は 255 億 87 百万円となり、前連結会計年度末に比べ 73 億 93 百万円減少いたしました。これは主
に長期借入金が 56 億 44 百円、繰延税金負債が 12 億 45 百万円減少したことによるものであります。
この結果、負債合計は 593 億 29 百万円となり、前連結会計年度末に比べ 25 億 70 百万円減少いたしまし
た。



純資産
当第2四半期連結会計期間末における純資産は 1,208 億 89 百万円となり、前連結会計年度末に比べ 15 億
12 百万円減少いたしました。
これは主にその他有価証券評価差額金が 19 億 32 百万円減少したことによるも
のであります。
この結果、自己資本比率は 66.4%(前連結会計年度末は 65.7%)となりました。



キャッシュ・フロー
当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は 117 億 49 百万円
となり、前連結会計年度末に比べて 50 億 83 百万円減少いたしました。
営業活動の結果得られた資金は 34 億 67 百万円となり、前第2四半期連結累計期間に比べ 7 億 25 百万円
減少いたしました。これは主に税金等調整前四半期純利益が 14 億4百万円、法人税等の支払額が 12 億 79
百万円減少し、売上債権が5億 57 百万円増加したことによるものであります。
投資活動の結果支出した資金は 22 億 66 百万円となり、前第2四半期連結累計期間に比べ 95 億 35 百万円
増加いたしました。これは主に定期預金の預入による支出が 54 億3百万円、有価証券の取得による支出が
42 億 91 百万円増加したことによるものであります。
財務活動の結果支出した資金は 16 億 61 百万円となり、前第2四半期連結累計期間に比べ 67 億 43 百万円
減少いたしました。これは主に長期借入金の返済による支出が 47 億 70 百万円、自己株式の取得による支出
が 19 億 99 百万円減少したことによるものであります。

(3)

連結業績予想に関する定性的情報
連結業績予想につきましては、タイ国にて発生しました洪水による当社グループの業績への影響が現時点
では不明であるため、平成23年5月23日公表の通期の連結業績予想を変更しておりません。今後、業績への
重大な影響が見込まれる場合には、速やかに開示いたします。

- 3 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

2.サマリー情報(その他)に関する事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
税金費用については、
当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の連結グループ各社の税引前当期純利益に対
する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、
税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しており
ます。なお、法人税等調整額は法人税等に含めて表示しております。

(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。

- 4 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)

当第2四半期連結会計期間
(平成23年9月30日)

資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
有価証券
商品及び製品
原材料及び貯蔵品
繰延税金資産
その他
貸倒引当金

13,177
22,135
11,593
39
518
1,403
1,883
△18

14,198
23,387
9,418
13
465
1,398
1,658
△13

流動資産合計

50,732

50,524

41,436
2,459
709
61,405
182
171

40,049
2,056
683
61,322
157
265

106,365

104,535

301
1,600

273
1,468

1,902

1,741

21,672
124
1,828
1,785
△108

19,830
112
1,867
1,704
△98

25,302

23,416

133,570

129,694

184,302

180,218

固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
機械装置及び運搬具(純額)
工具、器具及び備品(純額)
土地
リース資産(純額)
建設仮勘定
有形固定資産合計
無形固定資産
のれん
その他
無形固定資産合計
投資その他の資産
投資有価証券
長期貸付金
繰延税金資産
その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計
固定資産合計
資産合計

- 5 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
短期借入金
1年内償還予定の社債
リース債務
未払法人税等
賞与引当金
役員賞与引当金
災害損失引当金
設備関係支払手形
その他

当第2四半期連結会計期間
(平成23年9月30日)

10,030
2,187
5,400
59
1,600
2,173
157
251
795
6,264
28,919

120,889

184,302

- 6 -

63
1,196

122,401

純資産合計
負債純資産合計

2,058


1,268

新株予約権
少数株主持分

4,478
△2,419

4,627

その他の包括利益累計額合計

117,569

6,411
△1,783

その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定

11,316
12,332
100,051
△6,130

116,505

株主資本合計

59,329

11,316
12,332
98,985
△6,128

負債合計
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

25,587

61,900

固定負債合計

10,600
5,131
99
3,306
5,229
233
987

32,981

固定負債
社債
長期借入金
リース債務
繰延税金負債
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他

33,742

10,800
10,775
127
4,551
5,188
878
659

流動負債合計

10,350
7,165
5,400
62
1,544
2,194
72


180,218

416
6,535

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年9月30日)
売上高
売上原価

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

61,988
53,792

60,920
53,948

売上総利益

8,196

6,971

販売費及び一般管理費

3,352

3,444

営業利益

4,843

3,526

149
144
36
170
341

115
163
35
104
337

営業外収益
受取利息
受取配当金
受取賃貸料
持分法による投資利益
雑収入
営業外収益合計

842

755

営業外費用
支払利息
為替差損
投資有価証券評価損
雑支出

190
130
395
35

179
137
203
35

営業外費用合計

752

555

4,934

3,726

10
25
9
6

53




52

53

3
26
4




5
16

116
7
87

34

231

税金等調整前四半期純利益

4,952

3,547

法人税等

2,126

1,781

少数株主損益調整前四半期純利益

2,826

1,765

32

△65

2,793

1,831

経常利益
特別利益
固定資産売却益
貸倒引当金戻入額
役員退職慰労引当金戻入額
その他
特別利益合計
特別損失
固定資産売却損
固定資産除却損
投資有価証券評価損
投資有価証券売却損
持分変動損失
災害による損失
特別損失合計

少数株主利益又は少数株主損失(△)
四半期純利益

- 7 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(四半期連結包括利益計算書)
(第2四半期連結累計期間)
(単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年9月30日)
少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定
持分法適用会社に対する持分相当額

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)

2,826

1,765

△1,118
△616
△12

△1,931
△637

△1,747

△2,564

四半期包括利益

1,078

△798

(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益
少数株主に係る四半期包括利益

1,047
31

△736
△61

その他の包括利益合計

- 8 -

4

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
のれん償却額
賞与引当金の増減額(△は減少)
役員賞与引当金の増減額(△は減少)
貸倒引当金の増減額(△は減少)
退職給付引当金の増減額(△は減少)
役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
持分法による投資損益(△は益)
固定資産売却損益(△は益)
固定資産除却損
災害による損失
売上債権の増減額(△は増加)
その他の資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
その他の負債の増減額(△は減少)
その他

4,952
2,652
27
127
△99
2
99
△88
△294
190
△170
△7

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
3,547
2,476
27
20
△84
△14
41
△644
△278
179
△104
△47


12

△824
58
503
△767
475

3,105
△6,010

7,071
△1,496

9,327
△1,490

44
△30
△841

264
△0
△1,788

909
△191

221
△22

43


234
1

7,268

- 9 -

△6,109

4,185
△1,718

投資活動によるキャッシュ・フロー

3,467

△705

投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出
定期預金の払戻による収入
有価証券の取得による支出
有価証券の売却による収入
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
無形固定資産の取得による支出
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の売却による収入
貸付けによる支出
貸付金の回収による収入
その他

417
△178
△329
△1,627

4,193

営業活動によるキャッシュ・フロー

5,185

446
△196

△2,906

利息及び配当金の受取額
利息の支払額
災害損失の支払額
法人税等の支払額

169
384
385
422

6,850

小計

87
△1,381

△2,266

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(単位:百万円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
至 平成22年9月30日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入れによる収入
短期借入金の返済による支出
長期借入れによる収入
長期借入金の返済による支出
社債の償還による支出
自己株式の取得・売却による収支
配当金の支払額
少数株主への配当金の支払額
その他

1,200
△1,200

△5,527
△200
△2,001
△715
△26

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
至 平成23年9月30日)
1,306
△1,276

66

60
△756
△200
△1
△766
△8
△17

△8,404

△1,661

現金及び現金同等物に係る換算差額

△133

△122

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

2,924

△582

現金及び現金同等物の期首残高
新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額

13,816
92

12,332


現金及び現金同等物の四半期末残高

16,833

11,749

財務活動によるキャッシュ・フロー

- 10 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

(4) 継続企業の前提に関する注記
該当事項はありません。

(5) セグメント情報等
(セグメント情報)
Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自平成 22 年4月1日 至平成 22 年9月 30 日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:百万円)
報告セグメント
運送事業

倉庫事業

梱包事業

テスト事業

その他
(注)



合計

売上高
外部顧客への売上高

29,164

8,743

16,679

3,746

58,333

3,655

61,988

セグメント間の内部
売上高又は振替高

113

133

213

11

472

438

911

29,278

8,876

16,892

3,757

58,805

4,094

62,900



セグメント利益
1,354
1,693
1,267
△6
4,309
391
4,700
又は損失(△)
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、通関事業及び自動車の修理事業等を含んで
おります。
2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額および当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
(単位:百万円)
利益
報告セグメント計
「その他」の区分の利益
その他の調整額(注)
四半期連結損益計算書の営業利益

金額
4,309
391
143
4,843

(注)その他の調整額は、営業取引と営業外取引の消去時に生じる差額であります。
3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。

- 11 -

日本梱包運輸倉庫㈱(9072)平成24年3月期 第2四半期決算短信

Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自平成 23 年4月1日 至平成 23 年9月 30 日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:百万円)
報告セグメント
運送事業

倉庫事業

梱包事業

テスト事業

その他
(注)



合計

売上高
外部顧客への売上高

30,357

8,825

14,964

4,013

58,159

2,760

60,920

セグメント間の内部
売上高又は振替高

70

156

237

2

467

554

1,021

30,428

8,982

15,201

4,015

58,627

3,314

61,942



セグメント利益
974
2,095
462
△57
3,475
△85
3,389
又は損失(△)
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、通関事業及び自動車の修理事業等を含んで
おります。
2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額および当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
(単位:百万円)
利益

金額

報告セグメント計
「その他」の区分の損失
その他の調整額(注)
四半期連結損益計算書の営業利益

3,475
△85
136
3,526

(注)その他の調整額は、営業取引と営業外取引の消去時に生じる差額であります。
3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
該当事項はありません。

(6) 株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。
(7) 重要な後発事象
平成 23 年 10 月にタイ国にて発生しました洪水により、当社連結子会社 A.N.I.LOGISTICS,LTD.の建物・設備におい
て浸水被害を受けておりますが、洪水の長期化に伴い、具体的な被害状況および損害額ならびに復旧の見込み等を把
握することが困難な状況にあります。
また、この洪水に伴う当社取引先の操業停止等、当社グループの業績への影響が予想されますが、現時点では算定
が困難であります。

- 12 -


Origin: 平成24年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

日本梱包運輸倉庫の株価 »