公開買付関連費用の計上に伴う特別損失の発生に関するお知らせ並びに通期業績予想の修正に関するお知らせ

9604 国際放映

 2010年12月07日15時10分


平成22年12月7日
各 位
上場会社名
代表者
(コード番号
問合せ先責任者
(TEL

国際放映株式会社
代表取締役社長 藤原 正道
9604)
取締役経理・関連会社担当 津屋 明彦
03-3749-7213)

公開買付関連費用の計上に伴う特別損失の発生に関する
お知らせ並びに通期業績予想の修正に関するお知らせ
平成23年1月期の業績について下記の通り特別損失が発生する見込みとなりましたので、その概要をお
知らせするとともに、最近の業績動向を踏まえ平成22年9月3日付の業績予想の修正でお知らせいたしまし
た業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。


● 業績予想の修正について
平成23年1月期通期連結業績予想数値の修正(平成22年2月1日~平成23年1月31日)
売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり当期純利


百万円

前回発表予想(A)
今回発表予想(B)
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)前期実績
(平成22年1月期)

百万円

百万円

百万円

円銭

2,703
2,392
△311
△11.5

△20
△67
△47

△42
△89
△46

△52
△166
△114

△4.45
△14.20

△27

△2.37




△24

2,628


△52

平成23年1月期通期個別業績予想数値の修正(平成22年2月1日~平成23年1月31日)
売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり当期純利


百万円

前回発表予想(A)
今回発表予想(B)
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)前期実績
(平成22年1月期)

百万円

百万円

百万円

円銭

2,194
1,937
△257
△11.7

△34
△82
△48

△51
△99
△48

△59
△171
△112

△5.05
△14.61

△46

△3.93

2,200




△56


△82

修正の理由
1.特別損失の発生及びその内容
平成22年9月28日に発表しました東宝株式会社による当社株式に対する公開買付けの実施に伴い、財務アドバイザー報
酬、弁護士費用等の公開買付関連費用を第3四半期間に34百万円、通期にて69百万円計上する予定です。
2.個別業績予想の修正理由
低迷する経済に復調傾向が見られないなか、当社の属する放送業界は依然として厳しい環境にあります。
この状況下、ドラマ制作及びスタジオレンタルは、前回発表より減収減益となる見込みで、その結果、売上高は1,937百万
円、営業損失は82百万円、経常損失は99百万円となり、上記に記載した特別損失の発生により当期純損失は171百万円と
なる見込みです。
3.連結業績予想の修正理由
上記に記載した個別の修正理由を反映したものであり、売上高は2,392百万円、営業損失は67百万円、経常損失は89百
万円となり、当期純損失は166百万円となる見込みです。
(注)上記に記載した予想数値は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、多分に
不確定な要素を含んでおります。実際の業績は今後様々な要因により、予想数値と異なる結果となる場合があります。

以 上


Origin: 公開買付関連費用の計上に伴う特別損失の発生に関するお知らせ並びに通期業績予想の修正に関するお知らせ

国際放映の株価 »