平成24年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

9736 白青舎

 2011年10月28日15時10分


平成24年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成23年10月28日
上場会社名 株式会社 白青舎
コード番号 9736
URL http://www.hakuseisha.co.jp
代表者
(役職名) 取締役社長
問合せ先責任者 (役職名) 取締役兼常務執行役員管理本部長
四半期報告書提出予定日
平成23年11月4日
配当支払開始予定日

四半期決算補足説明資料作成の有無 : 無
四半期決算説明会開催の有無
: 無

上場取引所
(氏名) 筒井龍次
(氏名) 泉山茂樹

大 

TEL 03-5822-1561

(百万円未満切捨て)

1.  平成24年3月期第2四半期の連結業績(平成23年4月1日~平成23年9月30日)
(1) 連結経営成績(累計)
売上高
営業利益

(%表示は、対前年同四半期増減率)

経常利益

四半期純利益

百万円

(注)包括利益

百万円



百万円



百万円



4,736
4,932

24年3月期第2四半期
23年3月期第2四半期



△4.0
△5.7

140
101

38.3
△29.6

189
143

32.0
△15.3

141
84

68.5
△24.5

24年3月期第2四半期 145百万円 (―%)
1株当たり四半期純利益

23年3月期第2四半期 △5百万円 (―%)
潜在株式調整後1株当たり四半期
純利益

円銭

24年3月期第2四半期
23年3月期第2四半期

円銭

17.58
10.43




(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

24年3月期第2四半期
23年3月期
(参考) 自己資本  

百万円



5,586
5,506
23年3月期  5,506百万円

7,240
7,400
24年3月期第2四半期  5,586百万円

77.2
74.4

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

23年3月期
24年3月期
24年3月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭

期末

合計
円銭



0.00
0.00

円銭

8.00

8.00






円銭

8.00

8.00

(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無  :  無
3.  平成24年3月期の連結業績予想(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
売上高
百万円

営業利益


百万円

(%表示は、対前期増減率)

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益



百万円



百万円



円銭

通期
9,180
△6.0
290
△6.5
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無  :  無

380

△1.1

205

△2.4

25.40

4.  その他
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)  :  無
新規 ― 社 (社名)
、 除外 ― 社 (社名)
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用  :  有
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更   :  無
② ①以外の会計方針の変更
  :  無
③ 会計上の見積りの変更
  :  無
④ 修正再表示
  :  無
(4) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数(四半期累計)

24年3月期2Q
24年3月期2Q
24年3月期2Q

9,000,000 株 23年3月期
928,401 株 23年3月期
8,071,599 株 23年3月期2Q

9,000,000 株
928,401 株
8,073,075 株

※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく四
半期財務諸表のレビュー手続は終了していません。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の
業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及び業績予想のご利用にあたっての注意事項等については、四半期決
算短信(添付資料)3ページ「(3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

○添付資料の目次

1.当四半期決算に関する定性的情報 …………2
(1)連結経営成績に関する定性的情報 …………2
(2)連結財政状態に関する定性的情報 …………2
(3)連結業績予想に関する定性的情報 …………3
2.サマリー情報(その他)に関する事項 …………3
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 …………3
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 …………3
3.四半期連結財務諸表 …………4
(1)四半期連結貸借対照表 …………4
(2)四半期連結損益及び包括利益計算書 …………6
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 …………7
(4)継続企業の前提に関する注記 …………8
(5)追加情報 …………8
(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 …………8
(7)重要な後発事象 …………8

―1―

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する定性的情報
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、本年3月に発生した東日本大震災とその後の原発事
故による電力不足問題などの影響により、大変厳しい状況となりました。その後、サプライチェーンの復
旧による製造業の再開など、徐々に回復がみられましたものの、長期化する円高や欧州における財政危機
への懸念から、景気の先行きは依然不透明なまま推移しております。
ビルメンテナンス・警備業界におきましても、景気動向や企業業績ならびに個人消費・所得環境が不透
明な経済情勢下において、物件の新規・既存を問わず同業者間の競争は引き続き激しく、経営環境は厳し
さを増しております。
このような状況の下で、当社グループは、お客様の変化するニーズに即応するため、各事業において迅
速・適確なサービスの提供に努め、さらに、周辺営業を強化し新規業務の受注拡大を図りました。その結
果、関西地区において大学などの新規物件を受注することができました。しかしながら既存物件において
入札失注や解約も発生いたしました。利益面におきましては、作業の標準化による効率改善や適正化を継
続して更なるコスト削減に努めるなど、利益の獲得に向けた様々な対策を実行いたしました。
以上により、当第2四半期連結累計期間における売上高は、47億3千6百万円(前年同四半期比4.
0%減)、営業利益1億4千万円(同38.3%増)、経常利益1億8千9百万円(同32.0%増)、
四半期純利益1億4千1百万円(同68.5%増)となりました。
(2)連結財政状態に関する定性的情報
①資産、負債及び純資産の状況
当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ1億5千9百万円減少して72億4
千万円となりました。このうち、流動資産は2億3千2百万円増加して37億1千2百万円となりまし
た。これは主として、現金及び預金が4億3百万円増加した一方で、有価証券が9千8百万円、受取手形
及び売掛金が3千5百万円減少したことによるものであります。また、固定資産は前連結会計年度末に比
べ3億9千1百万円減少して35億2千8百万円となりました。これは主として、投資有価証券が3千5
百万円増加した一方で、長期預金が4億円減少したことによるものであります。
負債は、前連結会計年度末に比べ2億3千9百万円減少して16億5千4百万円となりました。このう
ち流動負債は、前連結会計年度末に比べ7千4百万円減少して8億6千9百万円となりました。これは主
として、未払法人税等が1千6百万円、未払消費税等が1千1百万円増加した一方で、買掛金が1億2千
5百万円減少したことによるものであります。また、固定負債は前連結会計年度末に比べ1億6千5百万
円減少して7億8千4百万円となりました。これは主として、退職給付引当金が1億4千万円、負ののれ
んが2千3百万円減少したことによるものであります。
純資産は、前連結会計年度末に比べ8千万円増加して55億8千6百万円となりました。これは主とし
て、利益剰余金が7千7百万円増加したことによるものであります。
②キャッシュ・フローの状況
当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度
末に比べ1千7百万円減少し、12億5千万円となりました。
当第2四半期連結累計期間に係る区分ごとのキャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
当第2四半期連結累計期間における営業活動により、資金は1千5百万円増加いたしました。主な内訳
は、税金等調整前当期純利益2億1千万円、売上債権の減少額3千5百万円、減価償却費2千8百万円に
よる増加と、退職給付引当金の減少額1億4千万円、仕入債務の減少額1億2千5百万円による減少であ
ります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
当第2四半期連結累計期間における投資活動により、資金は3千7百万円増加いたしました。主な内訳
は、有価証券の償還による収入1億円の増加と、投資有価証券の取得による支出3千万円、定期預金の預
入・払戻の差額(純額)2千1百万円による減少であります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
当第2四半期連結累計期間における財務活動により、資金は7千万円減少いたしました。主な内訳は、
配当金の支払額6千4百万円による減少であります。

―2―

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

(3)連結業績予想に関する定性的情報
業績予想は現時点で入手可能な情報に基づいておりますが、実際の数値は今後様々な要因によって予想
値と異なる可能性があります。なお、平成24年3月期の連結業績予想につきましては、平成23年4月
26日に「平成23年3月期決算短信」で公表いたしました業績数値から、期中平均株式数の違いによ
り、1株当たり当期純利益について変更しておりますが、その他の予想数値については変更しておりませ
ん。

2.サマリー情報(その他)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。

(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
税金費用の計算
当連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四
半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。

―3―

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

3.四半期連結財務諸表

(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)

資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
有価証券
商品及び製品
原材料及び貯蔵品
その他
貸倒引当金

当第2四半期連結会計期間
(平成23年9月30日)

2,086,857
866,261
198,520
15,760
27,481
288,357
△2,916
3,480,322

790,159
570,160
1,360,320

固定負債
退職給付引当金
負ののれん
その他
固定負債合計
負債合計

―4―

399,702
137,789
247,356
784,848

1,893,851

流動負債合計

164,666
50,000
78,922
151,157
424,511
869,257

540,249
160,909
248,827
949,985

負債の部
流動負債
買掛金
短期借入金
未払法人税等
賞与引当金
その他

7,240,904

290,026
50,000
62,291
146,347
395,200
943,865

資産合計

3,528,543

7,400,097

投資その他の資産合計
固定資産合計

1,044,748
1,097,097
△3,450
2,138,396

3,919,774

無形固定資産合計
投資その他の資産
投資有価証券
その他
貸倒引当金

39,375
11,700
51,075

1,008,966
1,492,532
△3,450
2,498,049

有形固定資産合計
無形固定資産
のれん
その他

790,159
548,911
1,339,071

47,250
14,154
61,404

流動資産合計
固定資産
有形固定資産
土地
その他(純額)

2,490,406
830,616
99,630
14,149
24,141
256,393
△2,975
3,712,361

1,654,106

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

(単位:千円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式

当第2四半期連結会計期間
(平成23年9月30日)

450,000
395,509
4,811,329
△267,707
5,389,131
117,115
117,115

純資産合計
負債純資産合計

―5―

5,586,798

7,400,097

その他の包括利益累計額合計

120,328
120,328

5,506,246

株主資本合計
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金

450,000
395,509
4,888,667
△267,707
5,466,469

7,240,904

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

(2)四半期連結損益及び包括利益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
  至 平成22年9月30日)
売上高
売上原価

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
  至 平成23年9月30日)

4,932,530
4,403,587
528,943

4,736,279
4,192,752
543,527

109,845
18,138
7,875
291,628
427,486

95,491
17,729
7,875
282,151
403,247

101,456

140,279

5,186
8,873
23,120

8,221
45,402

4,806
8,365
23,120
7,909
7,680
51,883

1,382
1,697
3,079

2,335
78
2,413

143,779

189,749

176

176


21,151
21,151

58
2,128
5,835
8,065
16,088


171


171

127,868

210,729

少数株主損益調整前四半期純利益

43,639
84,228

68,817
141,911

四半期純利益

84,228

141,911

少数株主損益調整前四半期純利益

84,228

141,911

△89,816
△89,816

3,213
3,213

四半期包括利益

△5,587

145,124

(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益

△5,587

145,124

売上総利益
販売費及び一般管理費
給料及び手当
賞与引当金繰入額
のれん償却額
その他
販売費及び一般管理費合計
営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
負ののれん償却額
匿名組合投資利益
雑収入
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
雑損失
営業外費用合計
経常利益
特別利益
固定資産売却益
退職給付制度終了益
特別利益合計
特別損失
固定資産売却損
固定資産廃棄損
早期割増退職金
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
特別損失合計
税金等調整前四半期純利益
法人税等合計

その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
その他の包括利益合計

―6―

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成22年4月1日
 至 平成22年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益
減価償却費
のれん償却額
負ののれん償却額
貸倒引当金の増減額(△は減少)
賞与引当金の増減額(△は減少)
早期割増退職金
退職給付引当金の増減額(△は減少)
長期未払金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
固定資産廃棄損
固定資産売却損益(△は益)
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
匿名組合投資損益(△は益)
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
前払費用の増減額(△は増加)
リース投資資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
未払費用の増減額(△は減少)
未払消費税等の増減額(△は減少)
リース債務の増減額(△は減少)
その他

当第2四半期連結累計期間
(自 平成23年4月1日
 至 平成23年9月30日)

127,868
31,357
7,875
△23,120
483
3,500
5,835
△16,648
△13,740
△14,060
1,382
2,128
△118
8,065

21,470
△10,130
△42,142

△38,211
△38,851
△18,759
65,394
40,477
100,055

210,729
28,986
7,875
△23,120
59
4,810

△140,546
4,638
△13,172
2,335
171


△7,909
35,644
4,952
△47,738
△1,771
△125,703
5,043
11,776
2,524
80,583
40,167

13,036
△1,382
△102,521
△1,898
7,290

20,290
△2,188
△42,343

15,925

△688,963
484,908
4,688

△213,777
△162,265
781

1,055
△773
△574,347

△210,000
188,963

100,000
△30,508
△5,079

△800
799
△6,238
37,135

財務活動によるキャッシュ・フロー

△64,232

△64,232

△64,121
△6,427
△70,548

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

△631,288

△17,487

現金及び現金同等物の期首残高

2,167,744
1,536,455

1,267,893
1,250,406

小計
利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額
早期割増退職金の支払額
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出
定期預金の払戻による収入
有価証券の売却による収入
有価証券の償還による収入
投資有価証券の取得による支出
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
長期貸付けによる支出
長期貸付金の回収による収入
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フロー
配当金の支払額
その他

現金及び現金同等物の四半期末残高

―7―

㈱白青舎(9736) 平成24年3月期 第2四半期決算短信

(4)継続企業の前提に関する注記
当第2四半期連結累計期間(自 平成23年4月1日 至

平成23年9月30日)

該当事項はありません。

(5)追加情報
(会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用)
第1四半期連結会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の
変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号

平成21年12月4日)及び「会計上の変

更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号

平成21年12月4日)

を適用しております。

(退職給付引当金)
当社は、確定拠出年金法の施行に伴い、平成23年4月1日より現行の適格年金制度を廃止し、確定拠
出年金制度及び退職一時金制度へ移行いたしました。この移行に伴う会計処理については、「退職給付
制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用しております。なお、本移
行により特別利益として21,151千円を計上しております。

(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
当第2四半期連結累計期間(自 平成23年4月1日 至

平成23年9月30日)

該当事項はありません。

(7)重要な後発事象
当第2四半期連結累計期間(自 平成23年4月1日 至


平成23年9月30日)

当社の連結子会社である中央管財株式会社は、平成23年10月1日より現行の適格年金制度を廃止
し、確定拠出年金制度及び退職一時金制度へ移行いたしました。この移行に伴う会計処理について
は、「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用する予定
であり、第3四半期連結会計期間に特別損失として54,400千円を計上する見込みであります。
また、この制度移行に伴い、退職給付債務算定の精度を高め、期間損益計算をより適正化するた
め、退職給付債務の算定方法を簡便法から原則法に変更しております。



当社の連結子会社であるハクセイサービス株式会社は、平成23年10月1日より現行の適格年金制度
を廃止し、確定拠出年金制度及び退職一時金制度へ移行いたしました。この移行に伴う会計処理につ
いては、「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用する
予定であり、第3四半期連結会計期間に特別利益として3,600千円を計上する見込みであります。

―8―


Origin: 平成24年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

白青舎の株価 »