平成24年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

9995 ルネサスイーストン

 2012年05月15日11時30分


平成24年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
平成24年5月15日
上場取引所
大 

上場会社名 株式会社 ルネサスイーストン
コード番号 9995
URL http://www.rene-easton.com
代表者
(役職名) 取締役社長
問合せ先責任者 (役職名) 取締役
定時株主総会開催予定日
平成24年6月27日
有価証券報告書提出予定日
平成24年6月27日
決算補足説明資料作成の有無 : 有
決算説明会開催の有無
: 有 (アナリスト向け)

(氏名) 大谷 浩美
(氏名) 上野 武史
配当支払開始予定日

TEL 03-6275-0600
平成24年6月7日

(百万円未満切捨て)

1.  平成24年3月期の連結業績(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
(1) 連結経営成績

(%表示は対前期増減率)

売上高

営業利益

百万円

24年3月期
23年3月期
(注)包括利益



経常利益

百万円



百万円



92,420
4.3
965
31.1
1,346

88,572
35.0
736
1,425
24年3月期 595百万円 (△25.9%)
23年3月期 804百万円 (166.6%)

百万円



△5.5
537.4

570
911

△37.5
255.4

潜在株式調整後1株当たり 自己資本当期純利益
総資産経常利益率
当期純利益


1株当たり当期純利益
円銭

24年3月期
23年3月期
(参考) 持分法投資損益

当期純利益

円銭


23.83

38.11
24年3月期  ―百万円

売上高営業利益率







3.3
5.5

3.1
3.6

1.0
0.8

23年3月期  ―百万円

(2) 連結財政状態
総資産

純資産

自己資本比率

百万円

24年3月期
23年3月期
(参考) 自己資本  

百万円

44,020
41,559
24年3月期  17,317百万円

1株当たり純資産


円銭

39.3
40.7

17,317
16,901
23年3月期  16,901百万円

724.08
706.66

(3) 連結キャッシュ・フローの状況
営業活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フロー

現金及び現金同等物期末残高

百万円

百万円

百万円

1,935
△7,165

24年3月期
23年3月期

百万円

△493
△402

△1,580
7,314

719
850

2.  配当の状況
第1四半期末
円銭

23年3月期
24年3月期
25年3月期(予想)

年間配当金
第3四半期末

第2四半期末
円銭





期末

円銭

配当性向 純資産配当
(連結)
率(連結)

円銭

円銭

百万円





7.50
10.00
10.00





0.00
0.00
0.00

配当金総額
(合計)

合計

7.50
10.00
10.00

179
239

19.7
42.0
31.9

1.1
1.4

3. 平成25年 3月期の連結業績予想(平成24年 4月 1日~平成25年 3月31日)
(%表示は、通期は対前期、四半期は対前年同四半期増減率)

売上高

営業利益

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益

百万円

第2四半期(累計)
通期



百万円



百万円



百万円



円銭

49,500
105,000

10.5
13.6

530
1,550

57.0
60.5

330
1,150

△25.7
△14.6

210
750

△50.4
31.6

8.78
31.36

※  注記事項
(1) 期中における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
(2) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更
: 無
② ①以外の会計方針の変更
: 無
③ 会計上の見積りの変更
: 無
④ 修正再表示
: 無
(3) 発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
② 期末自己株式数
③ 期中平均株式数

24年3月期
24年3月期
24年3月期

23,929,200 株 23年3月期
13,175 株 23年3月期
23,916,098 株 23年3月期

23,929,200 株
12,231 株
23,918,361 株

(参考)個別業績の概要
1.  平成24年3月期の個別業績(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
(1) 個別経営成績

(%表示は対前期増減率)

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

百万円

24年3月期
23年3月期



百万円



百万円



百万円



84,696
82,040

3.2
35.5

446
357

24.9

890
1,189

△25.2


203
1,001

△79.7
494.0



潜在株式調整後1株当たり当期純
利益

1株当たり当期純利益
円銭

24年3月期
23年3月期

円銭




8.52
41.89

(2) 個別財政状態
総資産

純資産
百万円

24年3月期
23年3月期
(参考) 自己資本

41,138
39,518
24年3月期  16,367百万円

自己資本比率
百万円

1株当たり純資産


円銭

39.8
41.3

16,367
16,328
23年3月期  16,328百万円

684.36
682.72

2. 平成25年 3月期の個別業績予想(平成24年 4月 1日~平成25年 3月31日)
(%表示は、通期は対前期、四半期は対前年同四半期増減率)

売上高

営業利益

経常利益

1株当たり当期
純利益

当期純利益

百万円

第2四半期(累計)
通期



百万円



百万円



百万円



円銭

45,000
93,500

8.8
10.4

270
900

86.2
101.4

120
600

△57.0
△32.6

40
310

△86.3
52.2

1.67
12.96

※ 監査手続の実施状況に関する表示
この決算短信は、金融商品取引法に基づく監査手続の対象外であり、この決算短信の開示時点において、財務諸表に対する監査手続が実施中です。

※ 業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
・本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際
の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。
・当社は、平成24年5月16日(水)にアナリスト向け説明会を開催する予定です。この説明会で配布する決算説明資料については、開催後速やかに当社ホームペ
ージに掲載する予定です。

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

○添付資料の目次
1.経営成績 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2

(1)経営成績に関する分析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2)財政状態に関する分析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)利益配分に関する基本方針及び当期・次期の配当 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(4)事業等のリスク

2
3
3
4

2.企業集団の状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
3.経営方針 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8

(1)会社の経営の基本方針 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2)目標とする経営指標 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)中長期的な会社の経営戦略 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(4)対処すべき課題

8
8
8
8

4.連結財務諸表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9

(1)連結貸借対照表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2)連結損益及び包括利益計算書 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)連結株主資本等変動計算書 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(4)連結キャッシュ・フロー計算書 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(5)継続企業の前提に関する注記
(6)連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(7)連結財務諸表に関する注記事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(連結貸借対照表関係)
(連結損益及び包括利益計算書関係) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(セグメント情報) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1株当たり情報) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(重要な後発事象) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5.個別財務諸表

9
11
13
15
17
17
17
17
17
19
19
19

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20

(1)貸借対照表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
(2)損益計算書 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
(3)株主資本等変動計算書 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 25

6.その他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28

(1)仕入、受注及び販売の状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28
(2)役員の異動 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29

− 1−

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

1.経営成績
(1)経営成績に関する分析
 ①当期の経営成績
当連結会計年度における世界経済は、米国では景気回復ペースが弱まり、欧州では財政金融危機などにより景気改善ペー
スが鈍化し、アジア地域では景気拡大テンポが減速しており、全体では景気回復の鈍化傾向が続きました。
日本経済は、東日本大震災による急速な景気悪化の後、生産活動の回復による輸出の増勢などにより持ち直しつつあった
ものの、夏場以降は生産活動の減速が明確化し、海外経済の減速や円高、タイの洪水により輸出が伸び悩み、景気回復が
鈍化しましたが、その後は緩やかに持ち直している模様であります。
 半導体市場においては、2012年2月の世界半導体売上高は、前年同月比7.3%減、前月比1.3%減となり、タイの洪水や欧州の
財政金融危機が影響を及ぼし、前年同月比では2011年7月から8ヶ月連続で前年実績を下回りました。
当社グループは、東日本大震災での、仕入先被災等による影響を受けましたが、仕入先の生産回復への早期復旧などによ
り影響を最小限で乗り切り、業績への影響は想定より軽微なものとなりました。しかしながら、2011年10月初めよりタイで発生
した洪水や海外経済の減速は、当社グループの業績に影響を与えました。
 このような環境の下、当連結会計年度は、品目別売上高では集積回路はマイコンが自動車分野、専用ロジックが産業分野
で増加しましたが、商流の移管等によるLCDドライバー及びメモリ等の減少がそれを上回り、前年同期比501百万円減(0.8%
減)の58,664百万円、半導体素子は商流移管等により、トランジスタ及び光素子が自動車・産業・民生分野などを中心に増加
し、同2,263百万円増(21.6%増)の12,761百万円、表示デバイスでは民生分野が大幅に増加し、同2,318百万円増(19.2%増)の
14,418百万円となりました。その結果、売上高は同3,848百万円増(4.3%増)の92,420百万円となりました。
 損益面におきましては、営業利益は売上総利益の増加等により前年同期比229百万円増(31.1%増)の965百万円、経常利益
は支払利息の増加及び商流移管に伴う受取・支払補償金の計上等により、同78百万円減(5.5%減)の1,346百万円、当期純利
益は、平成23年12月2日に改正法人税及び復興財源確保法が公布されたことに伴い、繰延税金資産の回収可能額を見直し
た結果、繰延税金資産の一部を取り崩したこと等により、同341百万円減(37.5%減)の570百万円となりました。
なお、平成21年4月1日付での合併に伴い「負ののれん」が発生しており、営業外収益に負ののれん償却額705百万円を計上
しております。「負ののれん」は平成24年3月期までの3年間で均等償却しております。

連結業績の推移

(単位:百万円)

平成22年
3月期

平成23年3月期

第4四半期 第1四半期

第2四半期

22,274
292
465

23,120
219
393

売上高
営業利益
経常利益

20,318
96
366

平成24年3月期

第3四半期 第4四半期 第1四半期 第2四半期

21,045
152
307

22,131
71
258

21,005
162
243

23,777
174
200

第3四半期 第4四半期

24,164
309
397

23,474
317
504

 ②次期の見通し
 平成24年度の見通しにつきましては、米国景気の改善傾向や欧州の金融危機不安の後退を背景にした円高の修正などに
よる企業収益の改善や、東日本大震災の復興需要の本格化などにより、国内の景気は緩やかな回復が予想されます。
 このような状況下で当社グループは、自動車・産業分野および民生分野などを中心に販売を拡大し、また、新たな商材・分
野での業容拡大を最重要経営課題として、強力に推進してまいる所存であります。
これらの状況を踏まえた、通期の連結業績といたしましては、売上高1,050億円(前期比13.6%増)、営業利益15億50百万円
(同60.5 %増)、経常利益11億50百万円(同14.6 %減)、当期純利益7億50百万円(同31.6 %増)を見込んでおります。

− 2−

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

(2)財政状態に関する分析
 ①資産、負債及び純資産の状況
(資産)
 資産は、前連結会計年度末に比べて2,460百万円増加し44,020百万円となりました。
これは、主として投資その他の資産の繰延税金資産が591百万円減少したものの、受取手形及び売掛金が1,575百万円
増加し、商品及び製品が1,529百万円増加したことによります。
(負債)
 負債は、前連結会計年度末に比べて2,044百万円増加し26,703百万円となりました。
これは、主として短期借入金が4,277百万円減少し、負ののれんが705百万円減少したものの、買掛金が3,972百万円
増加し、長期借入金が2,958百万円増加したことによります。
(純資産)
 純資産は、前連結会計年度末に比べて415百万円増加し17,317百万円となりました。
これは、主として利益剰余金が390百万円増加したことによります。
これにより自己資本比率は39.3%となり、時価ベースの自己資本比率は14.6%となりました。
 ②キャッシュ・フローの状況
 当連結会計年度における現金及び現金同等物 (以下、「資金」という。) は、前連結会計年度末に比べ130百万円減少し、
719百万円となりました。
 当連結会計年度に係る区分ごとのキャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における営業活動による資金の増加は、1,935百万円(前年同期7,165百万円の減少) となりました。
支出の主な内訳は、売上債権の増加1,587百万円、たな卸資産の増加1,483百万円であります。収入の主な内訳は、
税金等調整前当期純利益1,280百万円、仕入債務の増加3,970百万円であります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における投資活動による資金の減少は、493百万円(前年同期402百万円の減少) となりました。
支出の主な内訳は、無形固定資産の取得による支出449百万円であります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における財務活動による資金の減少は、1,580百万円(前年同期7,314百万円の増加) となりました。
支出の主な内訳は、短期借入金の減少4,279百万円、配当金の支払額179百万円であり、収入の主な内訳は、長期
借入れによる収入2,980百万円であります。
 (参考)キャッシュ・フロー関連指標の推移
平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

自己資本比率

43.9%

40.7%

39.3%

時価ベースの自己資本比率

14.9%

14.0%

14.6%

自己資本比率 : 自己資本/総資産
時価ベースの自己資本比率 : 株式時価総額/総資産
(注1)いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
(注2)株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
(3)利益配分に関する基本方針及び当期・次期の配当
当社は、株主の皆様への利益還元を経営上の重要課題と位置付けており、安定的かつ継続的な配当と企業価値を高
めるための内部留保の充実により安定した経営基盤を築くことで企業体質の強化を図ることを基本とし、これらを総合的
に勘案したうえで、株主の皆様への利益還元を実施しております。
今期については、期末配当として1株当たり10円の利益配当を実施いたします。

− 3−

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

(4)事業等のリスク
  当社グループの事業展開上のリスク要因として、業績に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる事項には、以下の
 ようなものがあります。
  なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成24年3月31日)現在において当社グループが判断した
 ものであります。
 ①経済状況による影響について
  当社グループの取扱商品は、顧客である電子機器メーカーが生産する製品の需要先の国や地域の経済状況の影響を受け
 ます。従いまして、日本、アジア、欧米等の市場における景気後退及びそれに伴う需要の縮小は、当社グループの業績に影
 響を及ぼす可能性があります。
 ②半導体業界の需要動向による影響について
  当社グループは、半導体(集積回路・半導体素子)の売上高が77.3%(平成24年3月期)を占める半導体商社であります。
  半導体業界には、業界特有の需給バランスの崩れにより市況が変動するシリコンサイクルと呼ばれる景気変動の波があり
 ます。当社グループは、ソリューションビジネスの推進による高付加価値の半導体の販売に注力することにより市況の変動に
 強い企業体質を目指しておりますが、市況の変動するシリコンサイクルは、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
 ります。
 ③顧客製品の需要動向による影響について
  当社グループは、売上高上位10社の顧客の全体に占める売上高の比率が45.3%(平成24年3月期 )となっております。
 このため、顧客製品の市場での需要動向や、製品市場での競業状況などの影響により、当社グループの業績に影響を
 及ぼす可能性があります。
④仕入先への依存による影響について
  当社グループの主要仕入先は、ルネサスエレクトロニクス株式会社とルネサスエレクトロニクス販売株式会社であり、平成
23年3月期及び平成24年3月期の各社からの仕入高の占める割合は次表の通りです。

仕入先

前連結会計年度
(自 平成22年4月 1日
至 平成23年3月31日)
仕入高(千円)

ルネサスエレクトロニクス株式会社

割合(%)

当連結会計年度
(自 平成23年4月 1日
至 平成24年3月31日)
仕入高(千円)

割合(%)

62.4

43,465,744

50.0

3,795,399

4.5

11,627,756

13.4

28,311,578

ルネサスエレクトロニクス

53,200,835

33.1

31,824,415

36.6

85,307,812

100.0

86,917,916

100.0

販売株式会社
その他
合計

ルネサスエレクトロニクス株式会社は、平成24年3月末時点において当社株式の30.04%(議決権の被所有割合)を保有してお
り、その他の関係会社となります。ルネサスエレクトロニクス販売株式会社は、ルネサスエレクトロニクス株式会社の100%出資
の販売子会社であります。また、ルネサスエレクトロニクス株式会社の企業内グループに当社との競合関係は生じておりませ
 ん。
  平成24年3月末時点において、ルネサスエレクトロニクス株式会社とルネサスエレクトロニクス販売株式会社からの受け入れ
 兼務役員は存在しておりませんが、ルネサスエレクトロニクス販売株式会社の出身者を当社役員として2名受け入れておりま
 す。また、ルネサスエレクトロニクス販売株式会社からの受け入れ出向者は1名であります。
  ルネサスエレクトロニクス株式会社、ルネサスエレクトロニクス販売株式会社と当社とは、特約店契約を締結し、相互に情報
 の提供を行っております。
  上記の通り、現時点においてルネサスエレクトロニクス株式会社との関係は良好でありますが、ルネサスエレクトロニクス株
 式会社の経営方針、販売政策、取引条件等の変更により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
⑤ 為替相場の変動リスクの影響について
  当社グループは、為替相場の変動によって影響を受けます。為替相場の変動による影響を軽減または回避する為の努力を
しておりますが、為替相場が変動した場合、外貨建取引において影響を受ける可能性があります。また、当社の外貨建の資産
・負債を円換算表示すること、更に、海外子会社における外貨表示の財務諸表を円換算表示することによっても、当社グルー
プの業績に影響を及ぼす可能性があります。

− 4−

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

 ⑥ カントリーリスクの影響について
  当社グループの事業は、日本国内だけでなく、海外の各国で行われており、海外の各国において政情や治安が不安定にな
 ったり、貿易、雇用、環境等現地での事業展開に影響する法令や政府の方針が変更されたり、経済情勢や経済基盤が悪化
 する等のリスクに直面する可能性があります。その場合等には当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
 ⑦ 自然災害による影響について
  地震、台風、洪水等の自然災害により、当社グループ及び当社グループの仕入先、販売先が被災した場合には、商品の購
 入、販売、物流やサービスの提供などに遅延や停止が生じる可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性が
 あります。

− 5−

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

2.企業集団の状況
 当社グループは、当社及び連結子会社7社により構成されております。
 この中で、当社は主要な仕入先であるルネサスエレクトロニクス株式会社、ルネサスエレクトロニクス販売株式会社、株式会社
日立製作所と特約店契約を締結し、集積回路、半導体素子等を購入するとともに、主要な仕入先3社以外の仕入先からも商品
を購入し、国内及び海外のメーカーに対する販売、並びにソフトウェアの開発及びASICの設計開発を行っております。
 また、連結子会社である瑞薩易事通(香港)有限公司、RENESAS EASTON (SINGAPORE) PTE.LTD.、台湾瑞薩易事通股份有
限公司、瑞薩易事通(上海)貿易有限公司及びRENESAS EASTON (THAILAND) CO.,LTD. は当社のアジア地域における商品の
販売並びにサービスの提供を行っており、RENESAS EASTON AMERICA INC.は当社の米国における商品の販売並びにサービ
スの提供を行う予定であります。また、㈱イーストンワークスは当社より委託を受け、当社グループの物流業務を担当しており
ます。
(注)1 当連結会計年度の平成24年1月より、従来、ルネサスエレクトロニクス株式会社から購入しておりました商品の一部が、
     ルネサスエレクトロニクス販売株式会社からの購入に変更されました。なお、平成24年4月からはルネサスエレクトロニ
クス製品のほぼ全てが、ルネサスエレクトロニクス販売株式会社からの購入になります。
2 RENESAS EASTON AMERICA INC.は、平成24年1月に新設し、事業開始時期は平成24年10月の予定であります。

<事業内容>
主たる取扱商品名

商品

集積回路

・半導体集積回路
バイポーラデジタル、バイポーラリニア、
MOSメモリ(DRAM、SRAM、FLASH他)
MOSロジック(ロジック、マイクロプロセッサ他)
・混成集積回路
・その他
トランジスタ、ダイオード、光素子、整流素子、
サイリスタ、その他

半導体素子
表示デバイス

・液晶表示等

その他

・一般電子部品、電子機器等

取扱会社
当社、
瑞薩易事通(香港)有限公
司、
RENESAS EASTON
(SINGAPORE) PTE.LTD.、
台湾瑞薩易事通股份有限公
司、
瑞薩易事通(上海)貿易有限
公司、
RENESAS EASTON
(THAILAND) CO.,LTD.、
RENESAS EASTON
AMERICA INC.

<事業の系統図>
得      意      先

(国内)
 連結子会社

(海外)     
 連結子会社
・瑞薩易事通(香港)有限公司

委 託

・RENESAS EASTON (SINGAPORE)

(株)イーストンワークス

当    社

PTE.LTD.

 ・瑞薩易事通(上海)貿易有限公司
 ・RENESAS EASTON (THAILAND)
  CO.,LTD.
 ・RENESAS EASTON AMERICA INC.

・台湾瑞薩易事通股份有限公司

 ルネサスエレクトロニクス㈱
 ルネサスエレクトロニクス販売㈱

㈱日立製作所

その他の仕入先

             販売(国内)
             販売(海外)
             物流業務

− 6−

(株)ルネサスイーストン(9995) 平成24年3月期決算短信

<関係会社の状況>
名   称

住  所

 (連結子会社)
埼玉県
株 式 会 社 
さいたま市
イーストンワークス
 (連結子会社)

資  本  金
又は出資金
(千円)
20,000

主要な事業の内容

倉庫荷役及び
荷造包装事業

(千HK$) 半導体 ・液晶デバ
イス ・ 電子部品 ・
瑞薩易事通(香港)有限公司
香港九龍
6,900
電子機器の販売及
びサービスの提供
 (連結子会社)
(千S$) 半導体 ・液晶デバ
イス ・ 電子部品 ・
RENESAS EASTON
シンガポール
700
電子機器の販売及
(SINGAPORE) PTE.LTD.
びサービスの提供
 (連結子会社)
(千NT$) 半導体 ・液晶デバ
イス ・ 電子部品 ・
台湾瑞薩易事通股份有限公司 台湾台北
15,000
電子機器の販売及
びサービスの提供
 (連結子会社)
(千US$) 半導体 ・液晶デバ
イス ・ 電子部品 ・
瑞薩易事通(上海)貿易
453
中国上海

Origin: 平成24年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

ルネサスイーストンの株価 »